動画が再生できない場合はこちら

ソードアート・オンライン アリシゼーション

39

0

1

3

2

4

僕たち三人は、確かに同じ時を生きた

「ここは……どこだ……?」 気づけばキリトは、なぜか壮大なファンタジーテイストの仮想世界にフルダイブしていた。ログイン直後の記憶があやふやなまま、手がかりを求めて辺りを彷徨う。そして、漆黒の巨木《ギガスシダー》のもとにたどり着いた彼は、一人の少年と出会う。「僕の名前はユージオ。よろしくキリト君」 少年は仮想世界の住人――《NPC》にもかかわらず、人間と同じ《感情の豊かさ》を持ち合わせていた。ユージオと親交を深めながら、この世界からのログアウトを模索するキリト。そんな彼の脳裏に、ある記憶がよみがえる。それは、幼少期のキリトとユージオが野山を駆け回る想い出――本来、あるはずのない記憶。更にその想い出には、ユージオともう一人、金髪の髪を持つ少女の姿があった。名前は、アリス。絶対に忘れてはいけないはずの、大切な名前――。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2017 川原 礫/KADOKAWA アスキー・メディアワークス/SAO-A Project

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

しっかりしてる作品

基本的に、好きでも嫌いでもない作品です。アニメも見たり見なかったりと、ファンとうわけではありません。
しかしながら、作品の世界観や設定は実に考えられて書かれている(作られている)と思います。
最近流行りのなろう系異世界ファンタジー(面白い作品も一部ありますが)のあんまりな展開や設定を見たおかげで、この作品が、よく出来てる作品だと評価を改めました。その辺は仕事として小説を出しているのか、ただ単に好きで書いたら本になって売れたという違いがあるのかもしれませんね。

散漫

原作は未読ですがアニメのSAOシリーズは好きでずっと追いかけてました。
1期はテンポ早すぎ・詰め込み過ぎ感ありますが、魅力ある設定・キャラでぐいぐい引き込んでくれました。
2期はキャラを絞ってじっくり魅せてくれて、一番好きです。
映画も各キャラの見せ場あり、盛り上がりへのシナリオも画像もしっかりしており面白かった。
しかし、アリシは…真面目に作ってる感じはわかるんですが、どこを見ていいのかイマイチわからない。
展開が早いわりに魅せるシーンが少なくて散漫な感じがします。周りのキャラの入れ替わりも早すぎて、「この人はこういう人?」と思った瞬間、次のお話に進んでおり、ハマる瞬間がない。「村編」「学校編」など、どれかに少し焦点を絞って他を軽くするなど、メリハリが欲しかった。
あと、キャラデザを無理に変える必要あったかな?1期2期の絵の方がSAOらしくて好きですよ。

すこすこのすこ

物語がしっかりしていてキリトとユージオ、そして今まで関わってきた人との絆が描かれている。
前話を思い出しながら涙ぐんでしまう。
この世界では力ではない。想いこそが本当の力。
実際こっちの世界でもそれは変わらないのかもしれない。とにかく面白い!それに限る。

正直好きだけど

何か本当のゲームになってしまった気がする。SAOとして見ると少しガックリ来るかも。別のものとして見た方が、もしかしたら楽しいかも。とわいえ最後の方のどんでん返しがあれば非常に楽しみではあるが。最後まで見ます。

うーん・・・

楽しかったのはⅡまでかな。。。
いままでのシリーズをみてきたから今作も見てますが、完全惰性で見てる感じです。
それでもここまでみると最後どう終わるのかは気になるのでとりあえず見てみようと思います。

少し物足りない

相変わらずキリトは好青年で好感が持てるのだけれど、キリトを含めてキャラがあっさりしていて、少し物足りませんでした。
小さいころ仲の良かった女の子を救いに行くのがメインストーリーになってしまい、身もふたもない言い方をすれば、ゲームにあるようなストーリー展開です。
仮想世界を作った経緯や目的あたりをもっと深く掘り下げて作っていれば、奥の深い作品になったと思いますが、ちょっと薄いかなぁ・・・
キャラの顔が似たり寄ったりなのも、どうなんでしょう・・・
作品としては失敗だったんじゃないでしょうか。

シノンとララティーナは好きです♡

ダクネスの攻撃が・・・

ダクネスの剣が、キリトとまともに斬り合ってるけど・・(?_?)
どうしたんだダクネス、いつもの変態クルセーダーに戻ってくれ~(^.^)

そもそもの事で・・・

まぁ原作に忠実でとか非難されるとね~w
いくら4クールとは言っても10巻ほどある小説を
50話そこらとかで完全再現するのが不可能であって
万が一で完全再現すると中だるみやら同じ展開とか作画やらで非難するアンチとかいるしw
期限付きでもアニメで再現してくれる事に個人的には感謝しかないですね^^
ちなみにその後の巻も先日発売されたのでこちらもアニメ化してくれるとうれしいですね^^

ネタバレあり

最初つまらないと思ったけど・・・

だんだん面白くなる!

アリスが…

真面目なダクネスにしか聞こえなくて(笑)

まぁこれは主観ですが、シリーズ物の定石はいろいろあります。ウルトラマンシリーズなら怪獣や宇宙人が攻めて来る、仮面ライダーシリーズならば悪の組織やライバル達の登場。
SAOシリーズは嫌いではないのですが、さすがに同じような事件ばかり起きるのを看過してしまう世界はどうなのかと(笑)

原作含め、このアリシゼーションを蛇足として最後にすれば良作として名前は残るだろうと感じてます。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:川原 礫(「電撃文庫」刊) / 原作イラスト・キャラクターデザイン原案:abec / 監督:小野 学 / 助監督:佐久間貴史 / キャラクターデザイン:足立慎吾+鈴木 豪+西口智也 / 総作画監督:鈴木 豪+西口智也 / プロップデザイン:早川麻美+伊藤公規 / モンスターデザイン:河野敏弥 / アクション作画監督:菅野芳弘+竹内哲也 / 美術監督:小川友佳子+渡辺佳人 / 美術設定:森岡賢一+谷内優穂 / 色彩設計:中野尚美 / CG監督:雲藤隆太 / 撮影監督:脇 顯太朗+林 賢太 / モーショングラフィックス:大城丈宗 / 編集:近藤勇二 / 音響監督:岩浪美和 / 効果:小山恭正 / 音響制作:ソニルード / 音楽:梶浦由記 /

キャスト
キリト:松岡禎丞 / アスナ:戸松 遥 / アリス:茅野愛衣 / ユージオ:島﨑信長 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}