動画が再生できない場合はこちら

虐殺器官

10

0

0

0

0

2

殺戮本能を呼び覚ますこの言葉に、君は抗えるか

9.11以降、テロとの戦いを経験した先進諸国は、自由と引き換えに徹底的なセキュリティ管理体制に移行することを選択し、その恐怖を一掃。一方で後進諸国では内戦や大規模虐殺が急激に増加。世界は大きく二分されつつあった。クラヴィス・シェパード大尉率いるアメリカ情報軍特殊検索群i分遣隊は、暗殺を請け負う唯一の部隊。戦闘に適した心理状態を維持するための医療措置として「感情適応調整」「痛覚マスキング」等を施し、更には暗殺対象の心理チャートを読み込んで瞬時の対応を可能にする精鋭チームとして世界各地で紛争の首謀者暗殺ミッションに従事していた。そんな中、浮かび上がる一人の名前。ジョン・ポール。数々のミッションで暗殺対象リストに名前が掲載される謎のアメリカ人言語学者だ。彼が訪れた国では必ず混沌の兆しが見られ、そして半年も待たずに内戦、大量虐殺が始まる。クラヴィスらは、ジョンが最後に目撃されたというプラハで潜入捜査を開始。ジョンが接触したとされる元教え子ルツィアに近づき、彼の糸口を探ろうとする。ルツィアからジョンの面影を聞くにつれ、次第にルツィアに惹かれていくクラヴィス。母国アメリカを敵に回し、追跡を逃れ続けている“虐殺の王”ジョン・ポールの目的は一体何なのか。対峙の瞬間、クラヴィスはジョンから「虐殺を引き起こす器官」の真実を聞かされることになる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

哲学幻想

ふぅ~、見終わるまで緊張した。登場人物同士の会話やアクションはあるけど、ずっと一人語りのように進行していくスタイルは、この原作者独特のものだね。最近の科学的見解だと、意識が内臓など体の器官に従属しているとの見方もあるし、本作はそれをモデルにしたのだろうか。

応酬

本作を含め、三作品とも、
その場面が、見せ場になるのだと思います。


弾丸などでは無く、言葉による。


兎に角、
本作品の原作者、
心底、人類のことが、嫌い/好き、だったのでしょう。

どの様な理由で夭折したのか、私は知りません。
しかし、間違いなく、
その2つの感情のせめぎ合いは、
命を削る事になったのではないかと感じます。


視聴後に、
胸に手を当てて、
色々と、思いを巡らしてしまう、作品です。




そうそう、
舞台が、「ロボット」の、、、だったり、
研究費の話題が有ったり、印象的でした。
そう言えば、
本当に、米軍に、
世界各地の風土・風習の調査をしている様な研究者が居て
面白かったです。
(因みに、「日本人って面白いね」って言われました。)

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:伊藤計劃 『虐殺器官』(早川書房刊) / 監督・脚本:村瀬修功 / キャラクター原案:redjuice / アニメーション制作:ジェノスタジオ /

キャスト
クラヴィス・シェパード:中村悠一 / ウィリアムズ:三上 哲 / アレックス:梶 裕貴 / リーランド:石川界人 / ロックウェル:大塚明夫 / ルツィア・シュクロウポヴァ:小林沙苗 / ジョン・ポール:櫻井孝宏 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}