動画が再生できない場合はこちら

イノセンス

15

0

0

0

0

3

イノセンス それは、いのち。

人とサイボーグ(機械化人間)、ロボット(人形)が共存する、2032年の日本。魂が希薄になった時代。ある日、少女型の愛玩用ロボットが暴走を起こし、所有者を惨殺する事件が発生。「人間のために作られたはずのロボットがなぜ、人間を襲ったのか」。さっそくバトーは、相棒のトグサと共に捜査に向かう。電脳ネットワークを駆使して、自分の「脳」を攻撃する“謎のハッカー”の妨害に苦しみながら、バトーは事件の真相に近づいていく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

今では作れぬ超絶CG

昨今のアニメ作品に比べて、莫大な製作費を投入(追加)された、ある意味問題のある作品。
原作にある、人が人たらしめる意味、人を人と認識することは何かをテーマにしている。
遥か昔から、人は偶像や人形に人、またはそうでない不完全さを求めてきたが、現代、近未来においては、それがアンドロイドに変わったとしても、それは変わらない。
それらを幻想的なCG映像や、ミステリアスなストーリーをもって作品にしている。
残念な点は、作品としては壮大な仕上がりになっているが、やはり攻殻機動隊を読み込んでいないと、ただの変な作品にしか見えないと思われるところだ。
特にラストについては「少佐って誰?どうしてこうなってんの?」になってしまい初見さんにはわからない。
決して万人向けではありませんが、今でもじっくりと鑑賞できる大人向けの作品。
押井守監督の代表作の一つ。製作スタッフも大変だったらしい。
興味のある方は是非。

弓矢の外し方

下手な人形は、全部的中し、
優秀な絡繰は、一部を外す。

本作は、幻想的に描かれた、その外し方の一例。


沢山の名言、名句、詩や歌が登場してきますが、
それらを味わえ無い様では、未だ人には及ばず、
と言う事なのでしょうか。


相変わらず独特の雰囲気を作り上げている作品です。
鑑賞出来て良かったです。

攻殻機動隊シリーズ

この手の作品が減りましたね近年😭

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:士郎正宗(「攻殻機動隊」講談社刊) / 脚本・監督:押井 守 / 音楽:川井憲次(O.S.T. Victor) / 主題歌:伊藤君子「Follow Me」(VideoArts Music)・Original Version(SMJI) / プロデューサー:石川光久・鈴木敏夫 / 制作:プロダクション I.G / 製作協力:スタジオジブリ / 製作:プロダクション I.G・徳間書店・日本テレビ・電通・ディズニー・東宝・三菱商事 / 特別協賛:エプソン / 特別協力:ローソン・読売新聞社 / 配給:東宝 /

キャスト
バトー:大塚明夫 / 草薙素子:田中敦子 / トグサ:山寺宏一 / 荒巻:大木民夫 / イシカワ:仲野 裕 / キム:竹中直人 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}