動画が再生できない場合はこちら

MIX 第1話(24分)

再生回数:---
16

0

0

1

2

1

明青のエース

エース・上杉達也を擁して甲子園初出場初優勝を果たしてから約30年。明青学園野球部は、高等部・中等部共にすっかり低迷していた。中等部二年の血の繋がらない兄弟の立花投馬・走一郎は、何故か実力の劣る三年生の二階堂がエースとして中心になっているおかしなチームの状況に、ずっともやもやした気持ちでいる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(4件)

うまい表現力

ゲッサンは、毎月購入するわけでもないので、アニメで見てない話が見れてうれしい限りです。
あだち先生の描く野球漫画って、熱心な練習シーンとか、綿密なデータ取りとか、作戦とか濃い要素は薄いものの、盛り上げ方がうまいせいか、見てると試合展開にのめりこんでしまう。試合展開とか投球フォームとかバッティングフォームとか描きかたの上手さ。それがアニメになって動くだもんやはり面白い。
実際ルールこそプロ野球を見ながら自然と覚えたけど、技術的な事はチンプンカンプンだった当時、タッチでパンチパーマ監督がタッちゃんに西村のカーブのタイミングの取り方の説明したシーンが、すごいわかりやすく私もカーブの打ち方を理解できた覚えがあります。

原作に忠実であろうという意識なのか

ナレーションが日高さんなのは、どうかと思う。
日高さんが悪いという事ではなく、「タッチ」ではなく「MIX」であり、「もしかしたら」という期待を持ってしまう。
そもそもナレーションが入るアニメには違和感がある。
原作での説明ふきだしの多さや、あだち先生が出てくる部分やストーリーに全く関係のない「読者サービス」シーン、ようするに、ネタに行き詰ったのではないかという事を思わせるような部分は他作でも気に入っている。
原作に忠実に作ろうという気持ちはわからないでもないが、回想シーンでもないところに状況説明のナレーションが入るのは受け入れる事ができない。
あだち先生の「読者サービス」的な場面も増えるのであろうが、それは・・・葛藤中

ネタバレあり

take333さん。同意見です。

確かに、いつも美人に見えます。
何故なんでしょう。
次回もじっくり見てみます。

あだち充先生の絵は同じなのに何故かヒロインが可愛くみえる

どんなに美人な絵よりも、何故か先生の絵のヒロインは美人にみえるのは何故だろう

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる