動画が再生できない場合はこちら

Fairy gone フェアリーゴーン

21

0

0

2

0

3

お前は何を守る。そこには何が残る――。

かつて妖精は、“兵器”だった――。この世界には、動物に憑依することで不思議な力を宿す妖精が存在していた。妖精が憑依した動物の臓器を摘出し、人間に移植することで、妖精を分身として出現させ、兵器として扱えるようになる。妖精を戦争の道具として自在に操る兵士たち、彼らは『妖精兵』と呼ばれた。だが、長きにわたる戦争が終結すると、彼らはその役目を果たし、行き場を失ってしまう。あるものは政府に、あるものはマフィアに、あるものはテロリストに、それぞれの生きる道を選択していった。戦争から9年の歳月が経つ。未だ不安定な政治情勢の中、戦争によって受けた傷や過去を持つ犯罪者が現れ、復讐のためテロを起こすようになっていた。主人公の少女マーリヤは、ある事件に関わった事から妖精に関連する事件を捜査・鎮圧する違法妖精取締機関『ドロテア』に入隊することとなる。これは、無秩序な戦後に抗い、それぞれの正義を求め戦う『妖精兵』たちの物語――。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2019 Five fairy scholars / フェアリーゴーン製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

普通に面白い

ただ、物語に厚みがある分次のクールでも回収しきれるかどうか、という感じです。

ヒロインと幼馴染
幼馴染の恩讐ある敵
ヒロインと相棒
相棒と因縁のある古い知己
相棒と因縁のある仇敵
裏に見え隠れする妖精書に絡む人物たち

と、まぁ少なくとも最低限でも上記のような情報が視聴中に見えているのです。それ以外も含めたら…。
すべて、といかなくてもちゃんと完結させて欲しいと思います。
完結力のない昨今、やりきって欲しいものです。
キャラデに関しては好みが分かれるでしょうが、物語に惹きつけられた分、自分は気になりませんでした。
キャスティングの妙というやつでしょうか?

ネタバレあり

用途両義性

友愛と憎悪
邂逅と別離
信頼と裏切
統一と独立
戦争と平和
人間と妖精

贔屓にしているP.A.WORKSの制作だけあり、真に映像が美しいのですが、
様々な主題が見え隠れするために、作品世界になかなか入り難い内容に!
物語の舞台となる場所や時代が繰返し行きつ戻りつする処も大変でした。

十数話、視聴を続けて来て、漸く何かが、、、

朧げに何かが、飲み込めて来た所で、一旦休止。
続きは、季節が変わってから。
実に待ち遠しいです。





そうそう、地獄の黙示録。
大作の割には印象が残らなかったのですが、
「戦時に殺人を云々するのは、自動車レース中に速度違反を取り締まるのと同じ。」
あの主人公の述懐だけは、記憶に残っています。
適応されるルールが多少違うだけ。

戦争とは悪である

昔、ラジオで小学生の質問に各分野の専門家が答える番組があって、そこでひとりの小学生が「人を殺すと罪になるのに、どうして戦争だと罪にならないのですか?」と質問した。

その質問に専門家がどう答えたかは忘れたが、答えはいたって簡単だ。人を殺すと罰せられるのは当然のことであって、その道理が通らない異常な状態が戦争なのだ。

しかし、戦争で大切なものを失った人にとって、そのような答えでは納得できないだろう。そんな不条理について考えさせられる作品です。

日本のアニメなの?

絵の感じが海外モノっぽい。
キレイといえばキレイなのだけど、人物と背景とのバランスが悪くて違和感を感じる。
ストーリー自体は好きなジャンルなので、今後の展開に期待したい。

やりたいことはわかった

1話だからこんなもんですかねえ。
話は理解できるけど、なんかこう、セリフが何言ってるか入ってこない。
構図も平たくてかっこいいと感じない。
でも絵は決して悪くない。
今後に期待する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Five fairy scholars / 監督:鈴木健一 / 脚本:十文字 青 / キャラクター原案・妖精原案:中田春彌 / キャラクターデザイン:清水貴子 / 美術監督:東 潤一 / 色彩設計:中野尚美 / 撮影監督:江間常高 /

キャスト
マーリヤ・ノエル:市ノ瀬加那 / フリー・アンダーバー:前野智昭 / ヴェロニカ・ソーン :福原綾香 / ウルフラン・ロウ:細谷佳正 / クラーラ・キセナリア:諏訪彩花 / セルジュ・トーヴァ:中島ヨシキ / ネイン・アウラー:園崎未恵 / ダミアン・カルメ:子安武人 / マルコ・ベルウッド:大塚芳忠 / レイ・ドーン:津田英三 / リリー・ハイネマン:種﨑敦美 / ロバート・チェイス:沖野晃司 / エレノア・ニード:小松未可子 / オズ・メア:間宮康弘 / グリフ・マーサー:津田健次郎 / カイン・ディスタロル:麦人 / アクセル・ラブー:川田紳司 / “スウィーティー” ビター・スウィート:寿 美菜子 / パトリシア・パール:井口裕香 / ジョナサン・パスピエール:興津和幸 / ビーヴィー・リスカー :江川央生 / ソフィー :伊藤 静 / シュヴァルツ・ディーゼ:土師孝也 / ジェット・グレイブ :東地宏樹 / ユアン・ブリーズ :乃村健次 / チマ:古賀 葵 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}