動画が再生できない場合はこちら

BAKUMATSUクライシス

やり直しの利かない運命(アンリセッタブル・クライシス)――。

ある日、黒船が天(そら)から降ってきた――。One day, a black ship fell from the sky... “刻(とき)を操る力”のある伝説の秘宝“時辰儀(じしんぎ)”をめぐって京の都で繰り広げられた“スサノオ事変”は、仮面の将軍・“無限斎(むげんさい)”こと吉田松陰の死をもって終結した。「俺達にはまだやるべき事がある」 故郷の萩にて、かつての師・吉田松陰の墓参りを終えた高杉晋作と相棒の桂小五郎は、再び京の都に戻ってきた。師の教えを守らんとひた走る高杉の隣に、いつになく遠い目をする桂の姿……。その時、地響きとともに空が割れ、“時空の裂け目”から、破壊したはずの時辰儀が出現。“意思”を持ち始めた時辰儀が、制御不能の暴走を開始する!! さらに因縁の好敵手として立ちはだかるのは、先の戦で副長・土方歳三を失った新撰組!! 局長・近藤勇が口にしたのはなんと、新たな“無限斎”の存在だった――。戻すのか、変えるのか。「必ず、正しき刻の流れに戻してみせる」 高杉の決意と、「ずっと、おまえに言えなかったことがある」 揺れる桂の胸の内。やり直しの利かない運命(アンリセッタブル・クライシス)に翻弄され、志士たちの新たな物語が動き出す!!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(1件)

これは…面白いモン見せてくれそう

いきなり二代目無限斎様というパワーワードにやられました。
空飛ぶアレとかいきなり面白いモンを見せてくれて今後が楽しみです。
1期と同様にいろいろツッコミながら楽しもうと思います。

キャラクター

高杉晋作

「必ず、正しき刻(とき)の流れに戻してみせる」 破天荒で型破りな長州の風雲児。自分が信じることのためなら、いつも危険をかえりみず猪突猛進。その強引さに、桂から小言を言われることもしばしば。吉田松陰が指導する松下村塾出身で、尊敬する「松陰先生」の教えを今でも心から大切にしているなど、義理堅い性分でもある。“スサノオ事変”では尊敬する松陰先生が無限斎だったことを知るが、先生の遺志に触れ、気持ちを新たに一歩を踏み出す。

桂 小五郎

「ずっと、お前に言えなかったことがある…」 クールな眼鏡とホットな心で世話焼く理論派。基本的には沈着冷静で生真面目なツッコミ役。しかし、行動を共にする同門の高杉に引っ張られ、何かと面倒事に巻き込まれがち。それでも誰より高杉と強い信頼関係にあり、その甲斐甲斐しい姿はまさに「おかんキャラ」。“スサノオ事変”では偶然にも巻き込まれた刻の流れの中で、高杉のある姿を目にしてしまう。

坂本龍馬

「何が正しいか。何がおもしろいか。本当に決めるのはこの俺じゃ」 ビジネスライクでいつも飄々たる社交家。人当たりがよく相手の懐に入るのがうまいが、同時に、目的のためなら手段は選ばない賢さを持つ。頭の回転が非常に速く、抜群の商売センスを臨機応変に発揮し、世を渡り歩く。岡田を護衛兼・側近として側に置く。

岡田以蔵

「……お断りします。答える必要はありません」 寡黙で忠心深い仕事人。坂本の護衛を主な生業とし、動を共にしている。華奢な身体で、いかなる任務も粛々とこなす。剣の腕はピカイチで、常に感覚は研ぎ澄まされており、その野性的な瞬発力は他とは一線を画す。

土方歳三

「………」 新撰組・副長。局長の近藤を支えるため新撰組を引っ張ってきた。巨城スサノオの崩落の中で行方不明となる。

近藤 勇

「武士とは、そもそも国を、いや、弱き人々を守るための存在だ」 仲間想いで誰からも頼られるお兄さん役。新撰組・局長。どんな時でも隊士のことを一番に考えている。土方の厳格さとは対照的にその実直さにより人望が厚く、荒っぽい新撰組をまとめあげ指揮する。仲間のためであれば普段の寛大さからは想像できないほど鋭く真実を見通す慧眼と、覚悟を見せることも。

沖田総司

「僕は新撰組隊士です。近藤さんの、土方さんの役に立ちたい」 並外れたセンスと好戦性を併せ持つ、危うき天才剣士。新撰組一番隊・組長。いつも笑顔を浮かべているが、その実は戦闘狂。妥協を許さず、天性の勘の良さによって仕事を遂行する反面、目的を邪魔されると露骨な感情を露わにするなど、アンバランスな子供らしさも垣間見せる。

斎藤 一

「この程度で狼狽えるようでは新撰組三番隊組長は勤まらないんでな」 無口、毒舌、皮肉屋の一匹狼。新撰組三番隊・組長。沖田と並ぶほどの剣の腕前の持ち主。暗殺や粛清の任務を請け負うことが多い。誰かと行動をともにする際は沖田と組むことが比較的多め。近藤に忠誠を誓うが、たまにつぶやく毒の効いた一言は、実は真理をついていることも。また、無限斎が新撰組を利用していた事実を知っていた。

徳川慶喜

「永遠に変わらぬ世の中などない。いまがその、変化のときなんだ」 幕府を守る心優しき絶対権力者。第15代徳川将軍その人。周りのことを気にかけるあまり、自分のことを後回しにしてしまいがち。将軍でありながら武芸にも秀でている。とある出来事から、山崎をとても可愛がっている。徳川幕府時代、朝廷の帝とは交流があったらしい。

山崎 烝

「慶喜様に約束しましたから」 純粋無垢で真っすぐな忠義者。新撰組・監察方。慶喜に忠誠を誓い、慶喜のためなら自分の身命をかけて守り抜く。基本的には物腰の柔らかい性格をしているが、慶喜のことになるとたとえ近藤であっても意見する。身のこなしが軽く、身体的能力が高い。

「俺も、いままでのようにただ担がれて生きるのには飽きてきた。」 朝廷で一番の権力者。自分が置かれている立場を理解し、世の中の行く末を静かに見ている。いかなる時も物おじせず、どっしりと構えている。

晴明

「この感覚、もしかして、時辰儀の……」 時辰儀と同じく、刻(とき)を操る能力を持ち、時辰儀の気配を察知することができる。さらに晴明が発する「光」を浴びた者もまた、刻が流れもなお以前の刻の記憶を持ち続ける”刻の流れ人”となる。

徳川家の遠国御用・御庭番の一人。「おじゃる」が口癖。“スサノオ事変”では慶喜・山崎と行動を共にすることが多かった。

徳川家の遠国御用・御庭番の一人。「ごじゃる」が口癖。“スサノオ事変”では帝と行動を共にすることが多かった。

二代目無限斎

「共に本物の武士の国を作ろうではないか!」 無限斎の意志を継ぐ者。日の本を、異国に屈することのない、武士による強き国にするという固い信念を持つ。

吉田松陰

松下村塾で多くの志士たちに教えを説いた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案:「恋愛幕末カレシ~時の彼方で花咲く恋~」(フリュー) / 監督:サトウ光敏 / シリーズ構成:横谷昌宏 / アニメキャラクター原案:夏生 / アニメキャラクターデザイン:島村秀一 / 色彩設計:桂木今里 / 美術監督:佐藤豪志 / 撮影監督:下崎 昭 / 編集:小池祐樹 / 音響監督:藤野貞義 / 音楽:川﨑 龍・坂部 剛 / アニメーション制作:スタジオディーン /

キャスト
高杉晋作:中村悠一 / 桂 小五郎:江口拓也 / 坂本龍馬:三木眞一郎 / 岡田以蔵:松岡禎丞 / 土方歳三:染谷俊之 / 近藤 勇:佐藤拓也 / 沖田総司:代永 翼 / 斎藤 一:多田啓太 / 徳川慶喜:鈴木達央 / 山崎 烝:八代 拓 / 帝:武内駿輔 / 晴明:中島ヨシキ / 霞:真堂 圭 / 雹:山下七海 / 森 蘭丸:花守ゆみり / 二代目無限斎:??? /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}