動画が再生できない場合はこちら

獣の奏者エリン

27

0

1

0

0

5

決して人と心が通じないと思われていた崇高な獣『王獣』を操ることができる類まれな才能を持ち合わせた少女・エリン。彼女は、その才能を持つ故に、王国の勢力争いに巻き込まれ、波瀾万丈の人生を送ることになる…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)上橋菜穂子・講談社 / NHK・NEP

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

泣(^・^)

 こんなに泣かされてどうするんじゃ!(笑)というくらいリアリスティック(←意味はわからん(笑))な作品なのですがOPですでに泣いてしまう(笑)という、高齢者(笑)要注意の罪なおはなしであります。
 この作品をみていると、人といういきものが、懸命にひかりを発しているような希望をかんじます。
と、重い感想(笑)をつづってしまいましたが、こころをなみだであらいながしたいときなんかにはいかがでしょうか。
あと、 食事シーンがすごくおきにいりなんですよね。(^・^)
 

ネタバレあり

ファンタジー

これぞ!! と言っても過言では無い作品。

全50話、ほぼ丸1年を掛けて描かれる主題は多岐に渡ります。
親子の絆、国の在り方、その他諸々、
本当に豊富。

幼い子供も含めての親子・家族での視聴にも応えられる様、
表現に工夫がされていたり、
長い期間に渡っての放送だったからでしょうか、
同じ画が繰り返し使われていたりもします。
しかし、そこはProduction I.G制作!
いざという時には、魅せてくれます。

我が家でも、息子達が小学生の頃、
一家揃って観て居たのですが、
久々に堪能させて頂きました。
配信に感謝致します。







なお、
piropiro さん の疑問ですが、
飼育の場面や演習の風景を初め、全話視聴されていれば、
その答えを類推することは容易かと思います。


最後に、、、
やはり、石田彰さんが、、、良いです。
大変印象に残ります。

うーん?

 闘獣も王獣も音無し笛で硬直してしまうのですよね?どうしてこんな戦闘になってしまうのですか?笛を吹けば簡単に終わりじゃないですか。

ズドンって感じ

獣と人との交わりの中での主人公の成長物語かと思いきや、人の業を獣をとうして描いたものだったとは・・・、でもとても良い作品だと感じました。一見の価値ありだと思います。ただ娯楽的要素は・・・、見る人を選ぶ作品かも・・・。

無題

一言。感動しました。
実際に、犬や猫は、言葉を話していますし、
また、自分達「人」と呼ばれるものは、長い歴史の中でいつまで経っても、酷く見勝手な存在なんだな
と再認識しました。確かに生存本能故に、命を食らわなければ生きていけないと云う自分がいる訳ですから
(食事をしていますから)、綺麗ごとばかり語っても解決にならないのでしょうが・・・。せめてフィクションの中だけでも、あるべき姿の一例を具現化してくれると救いです。言葉を話せる犬猫達を合法的に死に追いやっている「人」の業の深さたるや何たるか。これでは、「人」同士が争い、ヘイトするのも無理はないのか・・・。こういう考える起点となり得る作品は好みです。優しい作品ですので、お子さんと見られるのも良いかもしれません。NHK作品ですし。

待ち望んでいました

 放映当初に幼かった娘がみていたアニメです。一緒に見て夢中になり、原作が守り人シリーズの上橋菜穂子さんとと知り驚きました。以降、原作もヘビロテで愛読しています。
 母親と娘、掟と幸福のあり方、命の系譜、重いテーマでありながら、自然の美しさや日常の喜びとともに描かれる世界に圧倒されます。アニメ化のための脚色も、残酷になってしまうシーンの映像化も、さすが原作者の監修だけあってすばらしいと思います。個人的には、親を慕いながらも「何故あのときにそうした道を選んではくれなかったのか」と恨む……問わずにはいられない思いをえがかれているのが、好きです。
 アニメ化のおかげで小説の続きも刊行されました、このシリーズは大好きなんです。有料でも見られるところをさがしましたが見つからず、ずっと残念でした。まさか見放題で配信されるなんて!超オススメです。原作も超オススメです。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作/アニメーション監修:上橋菜穂子 / 監督:浜名孝行 / キャラクターデザイン:後藤隆幸 / シリーズ構成:藤咲淳一 / 総作画監督:高橋成之 / 美術監督:鈴木 朗 / 撮影監督:だいけんいち / 音響監督:平光琢也 / 音楽:坂本昌之 / アニメーションプロデューサー:和田丈嗣 / 制作統括:廣岡篤哉・斉藤健治 / アニメーション制作:プロダクションI.G・トランス・アーツ / 制作:NHKエンタープライズ / 制作・著作:NHK /

キャスト
エリン:星井七瀬 / ソヨン:平田絵里子 / ジョウン:内田直哉 / ヌック:藤原啓治 / モック:柳原哲也 / イアル:鈴村健一 / 真王(しんおう):谷 育子 / セィミヤ:高橋美佳子 / ダミヤ:石田 彰 / 大公(たいこう):楠 大典 / シュナン:花輪英司 / ヌガン:川本 成 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}