動画が再生できない場合はこちら

涼宮ハルヒの消失

40

0

0

0

0

8

わたしはあなたに会ったことがある。覚えてる? 図書館のこと

クリスマスが間近に迫ったある冬の日。学校に向かったキョンはいつもの日常と違うことに気づく。後ろの席にいるはずのハルヒがいない……。さらに驚くべき事に、その席に座っていたのは、(『憂鬱』にて)キョンを殺そうとして長門に消滅させられたはずの朝倉だった!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2009 Nagaru Tanigawa・Noizi Ito/SOS団

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

アニメ映画の最高傑作

原作の小説も全巻揃えており、元々シナリオも知った上で視聴しました。
一般的なアニメとしては、言ってしまえば不要なキャラクターや物の動き・仕草・挙動が丁寧に表現されており、また、展開の流れや時間、声優の方々の演技、感情を上手に動かすBGMの合わせ方など、作品に没入させる演出がこれでもかと盛り込まれており、どれほどの造詣と愛を持ってこの作品が製作されたかがよく分かり感じました。
私は、映画だからと言って無理に2時間の尺に収めるのであれば、3時間でも4時間でも作れば良いのではないかと素人ながらにとても思います。この映画はアニメとしてでなくとも一般的な映画作品と比べ長尺であり、しかしながら、原作1冊分の物語を損することなく表現するにはそれだけの尺は最低でも必要であったのだろうと感じました。このような傑作を造り上げてくれた政策に携わった方々、そして原作者様に、感謝します。
本当に素晴らしい映画です。

ハルヒ最高!

消失は伏線ではないけど、過去の話がそう繋がるのかと凄く盛り上がってめちゃくちゃ面白い!
しかもアニメ映画は基本的に短いやつばっかりなのにハルヒの三時間弱の長さがあって、見応えがあり作りもそれに見合う出来の良さだった!

ネタバレあり

いまだ見かえしてしまう

50も近い年頃ですが^^;いわゆるオタでなく、ちょいワルといえるナリとタチですが惹かれてしまいます。

主体性の獲得

物語中盤まで続くキョンの孤独感、疎外感。部室で長門を見つけたときのほっとする気持ち。ハイペリオンの中のしおりを見つけてついに手がかりを得て希望が生まれる気持ち、それぞれ実によく描けている。アニメではただ巻き込まれていたキョンだが、SOS 団での日々を思い出しかけがえのないものであることに気づき、力強くそれを守りにいく。ベタだがこれまでの設定、キャラの魅力、絵の美しさであっという間の160分だった。ふとアニメ最後の日常回を観たくなる。それにしてもキョンはモテんなーw

久しぶりのSOS団

涼宮ハルヒシリーズを観たのは何年ぶりだろう。あの頃のことを思い出すと、作品の公開当時、なぜこのエピソードだけで作品が作られてしまうのか疑問だった。観終えた今でもこれ単体で作品にして公開した意味はよくわからない。
でも、面白い。長門は、無表情というか、感情の起伏が極端に無いキャラだけど、この消失では、世界改変後の長門は、とても表情豊かで、可愛い。こういう長門を観られたのは嬉しい。文芸部で、長門と穏やかに暮らすっていうのもありかもしれないと思う。
やっぱり、涼宮ハルヒのいる、SOS団の非日常に戻りたい、そして戻った。もう一度、いつか過去に跳んで帳尻合わせをやらないといけない。原作では帳尻合わせをやるとこまで書いてたかどうか。原作の方は随分前に読んだ。新刊が出なくなって暫く経つ。久しぶりに、小説の続きを読みたいと思った。涼宮ハルヒシリーズは未完なんだよな。

ネタバレあり

うんうん

茅原さん、いっぱい喋れてよかったね。

ネタバレあり

選択肢

物語の中の登場人物達が、何かしらの選択を迫られる。
その際の決断が、視聴者の考えと同じ事も有れば、異なる時も有るでしょう。

問題が生じるのは、勿論、後者の場合。

そして、賛同出来ない、あるいは反対する人間に対しても、
見せる、引き込む、魅力が備わっているのか?
そこが、良作名作か否かの分岐点。



さて、
「憂鬱」を不愉快に感じ、「消失」が大歓迎のはずの私ですが、、、
はい、はい、、、と思うしか有りません。。。



そうそう、
ちょっとした仕草や瞬きの違いだけで、
感情の有無や気温の高低を表していく。
流石は、京都アニメーション作品です。

長門有希の思い

この作品。長門有希が彼女なりにキョンへの思いを伝えようとした物語。
そしてキョンが選んだのは…。

病院の屋上シーン。
長門有希との微妙な間と表情。
キョンの言葉は長門有希を気遣う優しい言葉ではあるけれど…。

最後の図書館シーン。
彼女の気持ちと、彼女の呟きが何だったのか分かる気がした。

個人的にキョンの「選択」には思う事多し。(だから「長門有希ちゃんの消失」?また見たくなった)。
長門有希が平穏な日常世界を望み、キョンに「そういう自分」をどうしても選んでほしかったのだろうと思うと…。すごく切ない。

改変された世界で、PCに書かれた長門有希の小説はどんな作品だったのだろう?

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:安田 猛・嵐 智史・八田陽子・酒匂暢彦・井上俊次 / 原作・脚本協力:谷川 流 / 原作イラスト・キャラクター原案:いとうのいぢ / 脚本:志茂文彦 / キャラクターデザイン・超総作画監督:池田晶子 / 総作画監督:西屋太志 / 美術監督:田村せいき / 撮影監督:中上竜太 / 設定:高橋博行 / 色彩設計:石田奈央美 / 編集:重村建吾(スタジオごんぐ) / 音響監督:鶴岡陽太(楽音舎) / 音響効果:森川永子(ちゅらサウンド) / 録音:矢野さとし / 録音助手:砂庭 舞(スタジオごんぐ) / 音響制作担当:杉山好美(楽音舎) / 録音スタジオ:Studio2010 / 音響制作:楽音舎 / 音楽:神前 暁(monaca) / 音楽プロデューサー:斎藤 滋(ランティス) / 音楽制作:ランティス / 制作プロデューサー:大橋永晴 / アシスタントプロデューサー:山口真由美 / アニメーション制作:京都アニメーション / 配給・宣伝:角川書店 / 配給協力:クロックワークス / 製作:SOS団 / プロデューサー:伊藤 敦・八田英明 / 監督:武本康弘 / 総監督:石原立也 /

キャスト
涼宮ハルヒ:平野 綾 / キョン:杉田智和 / 長門有希:茅原実里 / 朝比奈みくる:後藤邑子 / 古泉一樹:小野大輔 / 朝倉涼子:桑谷夏子 / 鶴屋さん:松岡由貴 / 谷口:白石 稔 / 国木田:松元 恵 / キョン妹:あおきさやか /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}