動画が再生できない場合はこちら

彼方のアストラ

71

0

0

0

4

11

生き残れ、宇宙の彼方で

宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは……!? 「マンガ大賞2019」大賞を受賞! 『SKET DANCE』の篠原健太が描く大人気SFサバイバルストーリーが待望のTVアニメ化決定!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)篠原健太/集英社・彼方のアストラ製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(15件)

やはり、根っこは「スケット団」ですね。(o^―^o)ニコ

最後まで楽しめました。(o^―^o)ニコ 良くある事ですが、新作ではガラッと過去作品とは変わる作家さんをたくさん見てきました。(;^_^A でも、この作品は「根っこ」は全く変わってない。逆に安心しました.(なので―^o)ニコ なので、本作を初めて見る方には、こう告げます。「肩の力を抜いて、世界観を楽しんで欲しい」とね。まぁ、手bに汗握る「アクション」在り、突っ込みどころ満載の「ギャグ」在りと、「楽しい」のてんこ盛りな作品。一度「ご賞味あれ」 (^▽^)/

引き込まれた

素晴らしい作品を作ってくれた方々に感謝

12話後半だけ…

面白かったです。原作未読ですが、篠原先生のキャラづくりはやはりいいですね。少年少女が楽しむ作品としてはもう、文句なしだと思います!…が、いい年になって青年マンがやリアルなこの社会のことを知ってしまうと、12話後半の地上に戻ってからのお話が全て上手くいきすぎてて、軽く肩透かし…。権力者というのはもっと汚い生き物で、行政司法立法すべて根回しされ、偉い人の犯罪は握りつぶされてしまうのが現状…と思ってしまいました^^;;いや、エンタメとしては十分なんですけどね。

お勧めです!

原作見てませんが、とても楽しめました!!

シリアスな中に、謎あり笑いあり涙あり少年物の熱さあり。
テンポもよく一気に見てしまいました。

漫画大賞とった原作読みたくなってきました~。お勧めです!

SFではなく

少年冒険活劇であり、ジャンプ作品特有の努力、友情、勝利を体現した作品だったと思います。

SFとしてみると確かに穴だらけだし(例えばワームホール発生装置の事など)、ご都合で回っている部分もあります。ですがそれがなくなってしまうと話が必要以上に重くなってしまいますし、対象年齢が上がってしまう可能性があります。なのでSFはあくまで舞台装置であり、主題が友情だと考えればこの作品の見方は変わるるのではないでしょうか。

私は原作既読でしたが、アニメならではの演出や、声優さんの演技、最初からちりばめられている伏線で楽しめましたので、少し時間がたってからもう一度見てほしい作品です。

最高

原作が好きで見ましたが、テンポ、声優、描写、素晴らしかった!
宇宙、最高っ!

ギャグが余計

 言葉の掛け合いは、好いけどあからさまなシーンは状況をちゃかしている。最後はハッピーエンドと九分九厘分かっているから、危機感が薄くなる。二回目観ようとは思わない。…いい意味で一回観れば、忘れられない作品。

「9人いる!」

同世代の方ならば、必ずやそう感じたはず!

実際、登場人物達が、その様に考察する場面もありましたが、
原作を知らない私には、その当たり外れ、
況してや、今後の展開結末に就いて、分かり様がありません。
ドキドキハラハラします。

兎に角、宇宙空間の閑かな描かれ方、
緊張感が有って、何とも言えません。

-----
以上は、第1話前後半の視聴直後の感想、
以下は、最終話前後半を見終えての加筆です。
-----

こんな展開結末とは!!
面白かったです。満足満足。


少々甘々な面もありますし、
突っ込み所も多々あります。
特に、既に削除されてしまっていて残念なのですが、
あれらの事を指摘する投稿は至極当然のもの!
実は私自身、同じ思いを抱きました。

しかし、そこはグッとこらえて、最後まで観て下さい。

そして、別の機会に「宇宙戦争」や「震える舌」を観て、
”中和”することに致しましょう。

最後まで…

第9話が物語の転換点。
最後まで見てほしい作品です。

ちゃんと

最終回らしい最終回でした

全話視聴終了

いやー、面白かったです。
後日談まであったのは高評価でした^ ^

9話すげえ

作者が9話見るなら1から8話を必ず見てくださいとツイッターで言ってたの納得だわ。

15少年漂流記というより

彼方のアストラってまんま「11人いる」って感じで懐かしいw

5話から面白い

スケダン作者の作品なのを分かっているしスケダン連載当時コミックスを集めていた私はギャグの量やタイミングなど受け入れられるけど、全く知らない人にはシリアスなところで余計なツッコミが入るように感じるかも。
作品の設定は重めですがそこそこ挟まれるギャグは合う合わないがあることを承知の上で見て欲しい。

5話から…としたのは作中設定の要にようやく足を踏み入れ始めたなと感じたからです。それまでは大体キャラの性格や作中のポジション(兄貴系かとか器用不器用とか)掘り下げで尺使ってるので進みがやや退屈に感じました。

正統派のというか、ちょっと懐かしい雰囲気の少年SF冒険記?

このアニメを見ると小学校の図書館にあった、SF冒険小説読んでる気分になります。眉村卓とか福島正実とかかな?w
古い雰囲気がするけど、真正面からガッツリ頑張る少年少女達のなので、昨今にない感じの、正統派のストリィだなと思います。正統派過ぎて、ちょっと、少年達の言動が気恥ずかしい感じもしたりしますが、それも良しw
ただ、アニメ化を知らずに、たまたま、直前に原作本を読み終わってしまったので、先が分かっているのがちょっと残念。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:篠原健太(集英社ジャンプ コミックス刊) / 監督:安藤正臣 / シリーズ構成:海法紀光 / キャラクターデザイン/メイン総作画監督:黒澤桂子 / サブ総作画監督:山本由美子 / メカデザイン:有澤 寛 / プロップデザイン:本多弘幸 / 宇宙生物デザイン:廣瀬智仁 / 助監督:柴田裕介 / 美術監督:甲斐政俊 / 美術設定:虎 順・羽根広舟 / 色彩設計:多田早希 / 撮影監督:酒井淳子 / CGI:ラークスエンタテインメント / CGディレクター:加藤大輔 / 2Dデザイン:いまむら / モニターデザイン:山田可奈子 / 編集:宮崎直樹(森田編集室) / 音楽:横山 克・信澤宣明 / 音楽制作:KADOKAWA / 音響監督:飯田里樹 / 音響効果:奥田維城 / アニメーションプロデューサー:比嘉勇二 / アニメーション制作:Lerche / 製作:彼方のアストラ製作委員会 /

キャスト
カナタ・ホシジマ:細谷佳正 / アリエス・スプリング:水瀬いのり / ザック・ウォーカー:武内駿輔 / キトリー・ラファエリ:黒沢ともよ / フニシア・ラファエリ:木野日菜 / ルカ・エスポジスト:松田利冴 / ウルガー・ツヴァイク:内山昂輝 / ユンファ・ルー:早見沙織 / シャルス・ラクロワ:島﨑信長 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}