動画が再生できない場合はこちら

ヴイナス戦記

28

0

0

0

2

4

青春は嵐、戦いは疾風(かぜ)…

巨大な氷惑星の衝突をきっかけに、人類の移住が可能となった金星=ヴイナス。移住から70年が経過した惑星では、大陸を二分するアフロディアとイシュタルという自治州同士によって戦争状態にあった。その一方で、惑星自体がかつての金星の姿を取り戻すかのように温暖化も進み、ヴイナスは政治と環境の両面において先の見えない状況に置かれていた。アフロディアに住む少年・ヒロはそんな閉ざされた未来に対する不満を、危険なバイクレース「ローリング・ゲーム」にぶつけて過ごしていた。そんな中、アフロディアの首都にイシュタル軍が電撃的に侵攻を開始し、ヒロたちの日常は戦火によって失われてしまう。レースという自分たちの楽しみさえ奪われ、その鬱憤を晴らすため、ヒロとその仲間たちは、街を襲撃するイシュタル軍の巨大戦車・タコを襲撃する計画を実行する。しかし、自分たちから飛び込んだ戦場は、圧倒的な力の差という非情かつ残酷な真実を突きつける。そしてこの戦いをきっかけに、ヒロはアフロディア軍と出会い、戦闘用のモノ・バイクに乗り込む兵士として、さらなる戦争の現実を体験していくことになる……。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C) 学研・松竹・バンダイ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

安彦美人を堪能してください

まずこの作品が黒歴史で封印とはなんとももったいない。
安彦アニメの魅力が溢れています。

見るポイントとしてひとつご紹介しますと。
安彦美人を上げておきます。
さまざまなタイプの安彦美人がじっくりと丁寧に描かれています。
これはとても魅力的で飽きがきません。
その「仕草」「セリフ」「構図」「カメラワーク」それぞれに華があります。
どうぞ存分に楽しんでください。

大見栄切っておすすめです。

熱量や情熱を見るべし

今のアニメ絵と比べて、この頃のアニメは全く別世界です。
やはり昔のアニメの方が大人だったと思います。
原作は持ってました。いろいろと違っていて、安彦さんはどちらかというと、政治展開を見せたがるのですが、こちらは人のドラマとか葛藤みたいなのを、前面に押し出してますね。
それでも“空気感”が変わっていないところが、秀逸です。
ストーリーそのものは、そんなに面白くないかもしれませんが、この熱量を感じ取ってほしい。
戦闘シーンは、ちょっとナウシカっぽいですね。絵や構図をグネグネと動かして躍動感を表現する技は、今となっては見ることができません。
思わず触ってみたくなるような絵のタッチや線も、今のアニメでは表現されていません。(なんとか復活してもらいたいものですが。)
100分ちょっとで完結してしまっているのはもったいないと思いますが、それは贅沢というものかもしれません。
まあ、ご覧あれ。

失われた古の技術みたいなアニメ

放映当時映画館で鑑賞し、あんまり面白いとも思わなかったけど、なぜか長年はっきりと心に残っていた作品だった。ちょっと主役は芋過ぎだが、ほかは目を見張るほどの豪華声優陣、安彦氏ならではの魅力的なキャラデザインと、80年代センス全開なユニークメカの数々、ハイレベル手書き作画の真骨頂と、現代では作れないアニメのオーパーツみたいな作品だと思う。

今、見直して、心に残るわけだわ、と納得している。

さすがに話は詰め込み・短縮で完成度が高いとは言えないが、それにしても贅沢な作り。原作。監督を務めた安彦氏は興行成績が良くなかったことで半ば封印されていたようだが、個人的にはすごく印象的ないい作品だ。

ありがとうバンダイチャンネル

原作ファンでした。これが観たかった!凄まじい作画クオリティとキビキビしたアクション、詰め込み感やジャニーズ主演、一見突拍子もない実写の挿入、これら全て80年代Aestheticsとして楽しめる、味のある作品です。ガンダムオリジンに感動した人、是非試してみては!?

やっと見ることができた!!!

安彦良和自らがパッケージ化を拒んで黒歴史として封印して、長い間誰も見ることができなかった作品。実写との合成はどうかと思うけど、CG全盛の今にはないメカの躍動感と生命感溢れるキャラの動き。昨今のアニメには見られなくなった、あおりショットでの動き。最高です!やっぱり安彦キャラはいい!!!

さすが

さすがの安彦クオリティ。動画飛ばない、芸がこまかい。駆け足すぎて没入感は低いが、なかなかよくできてる。原作未読なんでよくわからんけど、だいぶ詰め込んである。劇場版クラッシャージョウの完成度からすると、若干劣るかもしれない。
ジェリドっぽいシャアがなんの冗談かと思うが、もっと活躍してほしかった。もう描写がコミック版オリジンのシャアそのまんま。本当変わらない。しれっと描いてある男の友情が足りなくて不完全燃焼。
主人公の所属する不良集団はもうさっぱり今と変わらんけど、女子の描写が古くて若干辟易。まあ概ねこういう女子がいいんだよなやっぱな。
そして、声がビルギットかと思ったら、まさかの少年隊。そうだったんだ、今知ったよ。
悪くないです。暇つぶしに見ましょう。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:安彦良和 / 脚本家:笹本祐一・安彦良和 / 原作者:安彦良和 /

キャスト
:植草克秀(少年隊) / :水谷優子 / :原 えりこ / :佐々木優子 / :納谷悟朗 / :大塚芳忠 / :吉田古奈美(現:吉田小南美) / :菊池正美 / :梁田淸之 / :河口 宏 / :池田秀一 / :塩沢兼人 / :藤本 譲 / :玄田哲章 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}