動画が再生できない場合はこちら

恋する小惑星(アステロイド)

38

0

0

0

2

6

見たことのないもの、見つけにいこう!

幼いころ、キャンプ場で出会った男の子と“小惑星を見つける”という約束をした木ノ幡みら。高校では天文部へ入部しようとしたが、今年から「天文部」と「地質研究会」が合併して「地学部」になっていた……!? 地学系女子(ジオジョ)たちと一緒に、いろんなキラキラを探しに行きませんか?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)Quro・芳文社/星咲高校地学部

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

地学部

とても楽しかったです。勉強になることが多く楽しく地学学べた気がします。後半の石垣島はとても懐かしかったです。私は趣味がダム巡りで、たまたま道に迷い込んで天文台に入り込んでしまったことがあります。そのとき対応してくださった係員さんにそっくりな方がおられたのでもしかすると実在人物かな?などと思ったりしました。波照間までいけば南十字星も見えるそうなので次回は是非行って欲しいなあと思いました。因みに私は雨天でみれませんでした。機会つくって観に行ってみようと思います。

動画工房の底力

みなさんのレビューに心から納得なので動画工房について書きますね。
ご存じの通り動画工房のアニメーションは他のスタジオとベクトルの違う美しさに包まれています。
風が吹いた時。雨が降った時。空が晴れた時。星が流れた時。美術の美しさに心躍ります。そして人物の描写も。
ほんの少しの指の動き。視線の揺らぎ。笑顔のバリエーション。どれも素敵です。
2020年5月、動画工房のアニメーション、「放課後ていぼう日誌」が疫病・新型コロナの影響で放送が中断しています。日本中が静止したような毎日。心から作品の再開を祈ります。今年はどうも各アニメスタジオにとって試練の年と言えそうです。しかし、日本中にアニメを心待ちにしている子供も大人もいます。どうか、スタッフのみなさん。頑張ってください。頑張ってしか言えない自分が歯がゆいですけど。でも、言います。動画工房のアニメが見たいです。いつまでも待っています。ファイト!おー

きらら系、学びもの枠、濃いめ

きらら系原作アニメでは、学習アニメ、お仕事アニメがひとつのジャンル。美術(GA、ひだまり)、コミック制作(こみっくがーるず)、ゲーム制作(ステラのまほう、NEW GAME)などなど。本作もそのひとつだけど、地学というのは、攻めている。専門分野への言及はGAに近く、専門家の協力もあって、濃いめ。
原作は、日常のわちゃわちゃした描写も多め、という感じですが、アニメの方は、本筋を際立たせ、目標を見据えて頑張る姿がまぶしく、元気を分けてくれます。映像の美しさもなかなか。流星もきちんと流れています。

原作者は、ひだまりの同人誌を作っていて、きらら作者となって、アニメ化、とは、最近のひだまりラジオ(2020年3月更新分)で、うめ先生のお話。主人公達にも劣らない展開。

みんな繋がっている

そう、地球も宇宙も天体、地球も岩石も鉱物も気象も、みんな同じシステムの中で営まれているのですね... 「地学」という言い方が少し狭いのでしょうけど、みんな繋がって絡まり合って面白いのです。(さらにはこれに"生き物"が加わってくるのです。)

それをきらら枠で可愛い子たちが演じるという、何なのでしょうこれは。良すぎて涙が出てきます。研究機関系の協力も万全で、心強い時代になりましたね。

...しかし、私が高校時代に試験で一番悪い点数を取ったのが地学(おぃ)という黒歴史をどうしましょう。今もって謎です。

小ぢんまりと可愛らしい、

それはそれは、スケールの壮大な作品。

何と言っても、女子高生達が、
地球や宇宙を相手にする訳で、、、
この落差の大きさが堪らない。

それにしても、真っ事、
きらら x 動画工房 に外れは無いです。





ああ、ちょっと、それから、
ある地層の断面の標本中の、
あの細い線、K/T(K/Pg)境界の実物を初めて博物館で見た時の事、
人としての自分が居る偶然に、気が遠くなったのを思い出しました。

天・地・人

 地球を学問する地質学、地球も星だから天文学との関わりがあると納得させられました。安心して観られる内容。クスリと笑える小ネタもあり、どう展開するのか今後が楽しみです。でも、天文部なら望遠鏡は当然反射式ではとツッコミたい。

久しぶりに「宙のまにまに」が観たくなった

可愛いだけじゃない

ただ可愛いだけじゃなく、天文や地学の知識も沢山入れてくれて、とても好感が持てました。

おかげで久しぶりに天文熱が再熱w

前から気になっていた作品

祝!配信開始!!!

まだ始まったばかりですが、これから楽しみにしています。

キャラどの子も可愛い💛

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Quro(芳文社「まんがタイムきららキャラット」連載) / 監督:平牧大輔 / シリーズ構成:山田由香 / キャラクターデザイン:山崎 淳 / プロップデザイン:宮原拓也 / 総作画監督:山崎 淳・松浦麻衣・杉田まるみ / 美術監督:中村典史(スタジオなや) / 色彩設計:伊藤裕香 / 撮影監督:杉浦誠一 / 編集:坪根健太郎(REAL-T) / 音響監督:高寺たけし / 音楽:伊賀拓郎 / 音楽制作:フライングドッグ / アニメーション制作:動画工房 / 製作:星咲高校地学部 /

キャスト
木ノ幡みら:高柳知葉 / 真中あお:山口 愛 / 猪瀬 舞:指出毬亜 / 桜井美景:東山奈央 / 森野真理:上坂すみれ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}