動画が再生できない場合はこちら

虚構推理

58

0

0

1

0

11

“怪異”たちの知恵の神となり、日々“怪異”たちから寄せられるトラブルを解決している少女・岩永琴子が一目惚れした相手・桜川九郎は、“怪異”にさえ恐れられる男だった!? そんな普通ではない2人が、“怪異”たちの引き起こすミステリアスな事件に立ち向かう[恋愛×伝奇×ミステリ]!! 2人に振りかかる奇想天外な事件と、その恋の行方は――!?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)城平京・片瀬茶柴・講談社/虚構推理製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

やや物足りない

真実は問題でなく、それと信じられる虚構があれば良いとする本作には斬新さを感じる。キャラクターの造形も好みであり、時折挟まれるコメディ部も楽しめた様に思う。
ただ根幹である鋼人パートについては、話数が掛けられていただけに少し物足りなかった。放映枠の関係とも思うが、外乱(この場合は琴子の書き込み)に脆いと言う証明が延々繰り返されている感じで、琴子の類い希な知性と言うキャラクターが鈍くなって見える。この場面については、恐らく文章で読んだ方が楽しめるだろう。
あとは細かい点として、くだんを数世代に亘って入手出来るなら、わざわざ人身御供を作らなくても良いのでは…?と言うツッコミどころもあるが、これは評価に影響しない。
キャラクターの設定に重いものを使っているし、二期があるなら今後の展開に期待したい。

ネタバレあり

虚構の世界へようこそ!

他の方が書いて下さっていますが、あえて書かせて頂きます。この作品はかなり好みが分かれます。
ですのでお試しに第1話から第3話あたりまで見てみることをお勧めします。
もし「この後どうなるんだろう?」「おもしろいかも…」など感じて頂けたら最終回まで一気に走破されて下さい。
きっと世間的推理モノとはあまり合わないオープニングやエンディング、同じような展開やセリフ描写、突拍子もない推理に戸惑うかもしれません。(私自身は作品曲の歌詞がお気に入りです)
しかし一つ一つがこの世界で虚構を良しとする為のルールや選ばれた未来へのヒントです。
なんだったら主人公より「望まれる」真実を作るのもありです。クリアするべき問題もきちんと提示されています。
もっとも私には彼女以上の知恵はひねり出せそうにありませんが(笑)

ここまで読んで下さった方へ、どうぞ思う存分自由に、推察し、理解し、論じる虚構の世界へようこそ!

2020年冬アニメのイチオシ

会話劇が中心で映像化は難しかったと思いますが,成功していると思います.
伝奇とミステリーのミックスのような作品で,ロジカルな展開が,とりわけ後半スリリングになっていたと思います.
好みは激しく分かれそうですが,おすすめです.

何度観ても、飽きない

飽きやすい私ですが、毎日観ていても飽きないアニメは、久しぶりです。
本当に!
後、オープニングやエンリングも、リズム感や絵も相まって良いです。
第二期があれば、観てみたいかな!
アニメは、二期が面白く無くなることが多いのですが、虚構推理はどちらになるか観てみたいです。
予想を打ち破って欲しいですね。
九郎と琴子の関係の進展も、二期が出来るならどんなになってるか、見ものです。

この世には不思議なことなど何もないのだよ

とは昔好きだった京極堂シリーズの決め台詞だが、こちらは不思議なことだらけな作品。
真逆な方向の作品だったが、なぜか京極堂シリーズを思い出した。
そんなわけで結構好きな作品。
アニメ1話が好みだったので、コミカライズ、原作小説の順に手を出し制覇した。
まともな推理モノではないが、論理で煙に巻く作品が好きならおすすめ。
かなり好みが分かれそうな肉食系ヒロイン、岩永琴子が気に入れば十二分に楽しめよう。

不動如山

少女の衣装が、場面転換に合わせて必ず変る処
青年の衣服は、治癒しても、元には戻らない処
そして、「あの者たち」の描写や言動に、
色々と何とも言えないギャップが在って、
第1話から、楽しめそうな予感がしましたが、、、

正に期待通り!
いや、それ以上でした。

これまでも、
真実を推理追究していく作品、
虚実入り混じり、とんでもない真実の暴露が用意されている作品、
数多く在りますが、
真実を踏まえた上で、その先、その裏、その斜め上、をいく作品、
無かった様に思います。
物語の山場で漸く題名の意味する処が理解できました。

そして特筆すべきは、
yuyubohoon さん、h-imaさんが書かれていますが、
アニメにあるまじき、動か無さ! ず〜っと議論が主体の、、、
しかし、それらも含めて、面白い!

出来ましたら、続編も是非!



因みに私は、細かい点もよく気が付くヌシ様が好き。

良い頭のトレーニングになります

いやー、面白かったです。こんなに矢継ぎ早のセリフの多いアニメは初めて観たような気がします。声優さんはすごい。琴子ちゃんも紗季さんも可愛い。「推理」というのはちょいと違うかなとは感じましたが、それはともかく、言葉を駆使した物語をアニメにするというのはかなり大変だったと思います。アニメって面白すごい。

しかし、琴子ちゃんってば、おマセさんねぇ(^^;)。 九郎くんも苦労しますね(^^)。

面白いくだり

事件の解決より空論上の解決で、推理より論破する主人公
アニメなのにシーンがほぼ一緒なのになぜか毎週見たいと思わせる
演出の上手さ、部屋の1シーンだけで、映画を作った有名作を思わせる
大胆な発想の構成 声優の演技力が凄く生きた作品
話の駆け引きだけで引き込み見入る、面白さが詰まったアニメだと思う

どこかでみたような

自分も同じくこんなキャラどこかで見たような・・・

と前のコメントにもあるような事を思いました。

花咲くいろはの緒花ちゃんですか~。たしかに似てるかも。


自分は絶対可憐チルドレンの三宮 紫穂が真っ先に連想したんですけど。


共通点ベレー帽ぐらいしかないじゃん・・・。いや、イメージ的に似てるような気はしたんですよ。

面白かった\(^o^)/

妖怪など、この世ならざるものを扱った作品は多いですけど、これは今までにない感じ。琴子さんの明快な話し方も個人的には好きというか探偵役だからかな。今後もたのしみです

あれ・・久し振り?

う~ん、何処かでお会いしたようなヒロイン・・そうだ、緒花ちゃんだ。
喜翠荘から巡り巡って、苦労してここまで来たんだね(涙)
しかし、「一眼一足」って、サラッと流しちゃうような問題では無いような・・
これからの展開で、個々のキャラ設定の深いところが明かされることを期待です。

既視感…?

いえ似たような物語を読んだり観たりした、という意味ではないのですが…。
何故でしょうか?どこか心地よく感じる自分がいます。
これからの展開に期待を込めて星5で!

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:城平 京(講談社タイガ刊) / 漫画:片瀬茶柴(講談社『月刊少年マガジン』、『少年マガジンR』連載) / 監督:後藤圭二 / シリーズ構成:高木 登 / キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏 / アニメーション制作:ブレインズ・ベース / 制作:NAS /

キャスト
岩永琴子:鬼頭明里 / 桜川九郎:宮野真守 / 弓原紗季:福圓美里 / 七瀬かりん:上坂すみれ / 寺田刑事:浜田賢二 / 桜川六花:佐古真弓 / 河童:下山吉光 / 落武者:下山吉光 / 狛犬(白):本山かおり / 狛犬(黒):塙 真奈美 / 化け狸:後藤ヒロキ / 牛のあやかし:下山吉光 / ヌシの大蛇:宮田幸季 / 夜雀:前田玲奈 / 山のあやかし:本山かおり / 山のあやかし:前田玲奈 / 妖狐:本山かおり / 妖狐:塙 真奈美 / 木魂の源一郎:飛田展男 / 化け猫:大南 悠 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}