動画が再生できない場合はこちら

藍より青し

60

0

0

4

2

8

突如、薫の前に現れた和服の女の子は、
18年前の約束の許嫁だった。

大学生・花菱薫がある日出会ったのは今時めずらしく着物に身を包んだ清楚な少女・桜庭葵。人ごみに慣れない彼女の様子に思わず手を差し伸べ、彼女の人探しを助けることになってしまった。聞けば彼女は18年間思い続けてきた許嫁に会いにきたという。なんと葵が探す許嫁とは薫その人だった。再会した二人の恋の行方は…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

次回予告(笑)

内容は、皆さんおっしゃる通り、葵ちゃんが素敵なアニメです。葵ちゃんみたいな子はもう日本には存在しないでしょうね。だからこそ、心惹かれてしまいます。

本編とは別に、次回予告が毎回面白いです。
特に、13話本編の後の、14話「賄~まかない~」の次回予告が、不覚にも笑いのツボに入ってしまいました。

葵は…

本当に男にとって理想の女性ではなかろうか、むしろ完璧すぎる気もするけども
こんな一途な女性がいたらいいなと思うような作品です。

青は藍より出でて藍より青し

「青は藍より出でて藍より青し」
これ以外にコメントすべき言葉が思い浮かばないアニメ
そういうエッセンスが滲み出た展開がラブだけに留まらないのが良い

切実愛は癒されます

葵と薫の切実愛は、心にしみます。最近では、照れるようなほのか愛が無さ過ぎで見てみろって、気にさせてくれる愛をかたれる愛物語です。大好きです。

甘々和風ファンタジー

下田監督が参加されている作品はどれも好きですがこれはなんかイマイチでした。
主人公の二人は始めから互いの事しか見ておらずハーレム要素はもはや蛇足、波乱も修羅場も無いので物語は淡々と進んでいきます…正直2クールは辛かった。
脇役はなかなかいい味出していて本筋よりもサブストーリーのが面白いという…色々残念な作品でした。

綺麗な作品

ハーレム系ではあるものの、
葵の純粋さと薫の誠実さがよく表されていて、
見ていて満たされる作品です。

愛された事がない自分には純粋すぎてつらいかな。

オープニング曲…いい歌です。
サビの和のカットが切り替わる所が特に素敵です。

すっごい…

正直、あらすじ読んでて「こんな生真面目で純粋な完璧ヒロイン設定は狙い過ぎてエグい…」と思ってました。他作品はツンデレやちょっとアグレッシブな言動をしたり、クセのあるヒロイン設定が多い中でこの作品は真逆。
いざ観てみると、一途でとても澄んだ言動の葵ちゃんに毎回ニヤニヤしたりホロっとしたり「こんないい子を泣かせちゃいかんよ…」と感情移入しまくる始末…そりゃもう見事におもいっっっきりヤラれてしまいました。
完璧な家事をこなすワリに、10話で薫の布団を掴んだ時にタガが外れ、布団にダイブしてゴロゴロするシーンは…もうかわいらしさ爆発(´∀`)でもしばらくしたらちゃんとデレ状態を家事(現実)に切り替える真面目さがまた健気でかわいいです。
昼ドラっぽい展開がちょいちょいあるけど、葵ちゃんの「性格の良さ」はベルダンディーさんや乃木坂春香さんらに勝るとも劣らない、二次元的にすばらしい子だと思います(⌒-⌒)

純愛+大和撫子

見た感想として純愛ドタバタ系?ちょっとハーレム状態?
私としては全体を通して丁寧に作られていて面白かったです。

男性諸君に現実を伝えると現代で葵のような女性はまずいないと思うけど
男性が理想とする女性像の一つ【大和撫子】というものが少しわかります。
葵のような子がいたら大半の男は結婚したいと思うのではないのでしょうか?

ネタバレあり

めぞん一刻にうる星風味のアニメ(原作

ということで、あまりそういうパクリ要素は好きではないのでこの評価
正確にはこういう類型なんだけどね。

話自体は面白いと思う。
でも、はじめてみたのになぜか懐かしいw
そういうことですねw

保志さんファン必見

源氏役は保志さんがはまりますよね~

全話視聴して

なんだか、とってもよかったです。

結婚したくなります。

理想的な女性、そのモデルになりそうな葵。

男性として真摯に向き合う薫の人間性。

中途半端な恋愛ではなく、運命を感じる人生での結び。

愛情あふれる作品で、おもしろかった。

OP、EDともに良い歌でした。とくに、OPが好き。

制作者から視聴者に伝えたいことがはっきりしているようで、全話視聴したときに落ち着くものがあります。

一度は見ておくと、その後の人生でプラスになる要素があると思います。

でも、辛くなる人も居るかと。

純愛

ハーレム要素がありますが、基本は純愛ものです。
今のアニメにありがちなヤラシさがなくいいと思います。

まだ見たことなかったら

昔の子供の頃をおもいだす人いると思います。泣けますよ

あまり期待せずに見てみるといいかも

面白いかと聞かれるとう~ん普通かなとしか言えないかな。恋愛アニメ好きな方は一度見てみるのもいいと思います。けして面白くない分けではないのでただあまり期待せずにね。

見どころ

文月晃原作コミックのアニメ化作品。小さい頃から主人公のもとに嫁ぐことを夢見て育った清楚な少女・葵と、その想いに応えようとする主人公の少年・薫の物語。純愛の切なさとラブコメのエッセンスが程よくブレンドされており、最後には思わずホロリとさせられる。話数によって葵の帯が変わっているなど細かい仕掛けが施されており、見るたびに新しい発見ができるのも重要なポイントだ(第4話から登場する猫も第18話では思わぬ場面に登場する)。余談ではあるが、葵は着物姿がデフォルトであるが、第12話では洋服姿、第16話では水着姿を披露している。また第20話では、葵を始めとする女性キャラのコスプレ姿も堪能できる。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

桜庭 葵

桜庭呉服店(今はさくらデパート)の跡取り娘。薫にふさわしいお嫁さんになれるように花嫁修行を続けてきたため、家事万能。

花菱 薫

明立大学の学生。花菱財閥の次期当主としてスパルタ教育を受けてきた。大学では写真部に所属している。まじめで優しい。

神楽崎 雅

葵の後見人。幼い頃から薫を想い、薫のために頑張ってきた葵をいちばんよく知る人物。クールだが、内面はとても優しい。

ティナ・フォスター

薫と同じ大学の写真部の後輩。一年振りに帰ってきた博多育ちのアメリカ人。快活で積極的だが、薫への好意を素直に出せない。

水無月妙子

薫やティナの写真部の後輩。不器用でドジだが、いつも前向きで頑張っている。桜庭館で住み込みのハウスキーパーとして働く。

美幸 繭

美幸紡績の令嬢で、帰国子女枠で、明立大学に入学。幼いころから薫のことが好きで、積極的に薫にアプローチする。

水無月ちか

妙子の祖母の海の家で出会った彼女のいとこ。小麦色に焼けた明るくて活発的な中学生。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:文月 晃 / (『ヤングアニマル』連載<白泉社刊>): / 監督:下田正美 / シリーズ構成:あみやまさはる / チーフライター:金巻兼一 / キャラクターデザイン:岩倉和憲 / 総作画監督:中山由美 / 美術監督:東 潤一 / 音響監督:三間雅文+柏倉ツトム / 音楽:増田俊郎 / アニメーション制作:J.C.STAFF /

キャスト
桜庭 葵:川澄綾子 / 花菱 薫:保志総一朗 / 神楽崎 雅:平松晶子 / ティナ・フォスター:雪乃五月 / 水無月妙子:水橋かおり / 美幸 繭:成田紗矢香 / 水無月ちか:桃井はるこ /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}