動画が再生できない場合はこちら

フルーツバスケット

222

0

0

1

1

43

たいへんです!
みなさんが動物なんですっ!!
動物に変身しちゃったんですーっ!?

わけあってテントで一人暮らし中だった女子高生・本田透。透はひょんなことから同級生の男の子・草摩由希の家に住み込むことになる。全校女子のアイドル由希と、保護者役の草摩紫呉との生活は、一見ごく普通の家庭のように見えたのだが…。草摩家に隠された重大なヒミツ! なんと彼らは異性に抱きつかれると…!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(45件)

リメイク

秋人の声が変わる事と、原作最後までやってくれる事だけが楽しみって言ってもいいかな・・・
これを越えられるのか?

ええっ!

何かすごい・・・・。

1話がてんこ盛りすぎてもう泣き笑いですよ

これを観ないのは人生損してるよね

とてもうれしかったよ・・

なんてやさしい物語なんでしょう。原作知らずに見て、まず岡崎聡子さんの歌に泣いてしまった。ウサギと竜のエピソードにまた泣けた。
なのに、ぐれさんの「♪じょしこせ~、じょしこ~せ~」を一緒に歌ってしまった私はオッサン。

この主題歌は暗黒の学生時代を送った人には傷ついた心を溶かしてくれる魔法の歌です。
同じく、響鬼の『少年よ』のもそうです。
迷わず聴こう。

ネタバレあり

泣きました。

主人公の透のひたむきさや優しさがそれぞれの傷ついた心を癒していきます。
泣ける。

温泉の女将や透の友達の回がオススメ。

歴史的名作

 話の設定が荒唐無稽とか、絵柄の好き嫌いとか ホッちゃんはおいしい所持っていきすぎとか、忙しくて今月中に26話も見られないとか。 そんなことはどうでも良くて必見の名作と言って過言ではありません。 見放題が終わってからもお金を出して惜しくないと言ってもいいくらいです。 カラオケでこのテーマを十八番にしていれば素敵な出会いがあるかもです。 特に今どんな形にしてもイジメの渦中にある人に絶対のお勧め・・・ですが決して陰湿な作品ではありません。  

タイトルを見て、楽しそうだなと思ったら……

タイトルは「フルーツバスケット」となにやら楽しげな雰囲気で
ヒロインは天然、王子様たちは可愛い干支の動物に変身するので
どんなドタバタになるのかな?と思っていたら違いました
ビックリです!(私が作品のことを何も知らなさすぎ)

「バカな旅人」は作中最も印象的な話でした
馬鹿にならないと、人に優しく出来ないのかもしれません
自分は損してないか?騙されてないか?と考えながら
人に優しくするとか変ですから
あと、「雪が溶けたら何になる」も良い話なんですが
こちらは別作品のダ○ラムのヒロインがこのネタをやっていて
答えを知っていたので、こちらは印象的とはなりませんでした

名作

たまに見たくなって見ると泣けてくる、そんないい作品

随所に観られる

大地丙太郎監督らしさが随所に観られる作品でした。

ハイテンションのギャグで来たかと思ったら動き少ないシリアスで来たり…
画面効果を使って独自の味を出したり…

原作も読んでますが、なかなかどうして大地監督の持つテイストとマッチしてまた別のフルーツバスケットになっています。
悪い意味でなく良い意味で。
間違いなく傑作です。

残念…といわけではないのですが、原作がまだ途中でアキトの設定が完全に判明していなかった頃に作られた作品なのでアキトは限りなく「男」に近い描写です。
原作読破した自分はそこが少し気になりました。
そこは原作者とよく相談してあやふやにした方がよかったのでは?


原作が完結して数年経った今、同じスタッフで改めて続編を作って欲しい作品です。

もちろんOPEDは岡崎律子さんのままで…

ネタバレあり

真の名作アニメ

アニメ作品には名作アニメと言われる評判のいい作品は多々ありますが、
この作品はアニメファンのみならず老若男女すべての年代が見て心に響く
作品になっています。子供をお持ちの親御様にぜひこの作品をお子様に
見せて頂きたい。きっと心のどこかに響くはずです。
この作品こそゴールデンタイムでテレビで再放送して欲しいな。

何回か見返したいアニメ

10代でこの作品を見れた人は幸運です。
20代、30代、40代、50代と、各年代ごとに見返してみると、違ったおもしろさに気がつきそうな作品だと思います。

なんでだぁ・・・

何回見ても泣いてしまう・・岡崎律子さんの歌で、さらに涙がうるる。私の心に残る作品です。

癒し系の主人公と草摩家のイケメン達の友情

原作は読んでいません。子ども時代から漫画があることは知っていましたが、表紙の主人公トオルの目の大きさから、少女漫画のラブコメと思って読まずに大人になりました。今回月額で終了まじかとのことで、見てみましたが、心優しい主人公に癒されていく草摩家の人々、しかもイケメン達にこちらも癒されつつ、思わず笑ってしまうお笑いをまじえ、トオルのやさしさを通じて、現代社会の日々しんどい中にも、人と人とが支えあって、助け合っていく大切さを教えられる作品でした。みんなつらいことも背負いながら生きてるんだなって思いました。教訓になる言葉もありました。26話では語りつくせない草摩家の呪い。このままでは原作にも手を出してしまいかねない状態です。むずむず。。。26話目で無料期間が終了してしまい、最終話は購入しました。個人的には王子ユキ君よりイケメンのキョウ君がツボでした。

すごくよかった

もっと早くみておけばよかった。見放題おわってしまうのが残念です。
すごくいい作品でした。

考えさせられる作品

コメディかと思いきや、各エピソード毎に人生にまつわる深いセリフがあったりして、なかなか考えさせられます。登場人物の様々な苦しみは現実世界にも当てはまり、それらに対する透の純真さに心を暖かくさせてくれる。

楽しめた

面白かった。また、機会があったら見たい。

おもしろかったねー

おもしろかったですー!

今の自分を・・・壁|ω;`)ゥゥッ

生き抜く上で思い通りにならないこと。不満などを十二支に例えているのですね~
幅広い年齢層に受け入れられるアニメと思います。人生に嫌気が差した時また見たいです。
あの電波少女・・・女優の『岸田今日子』さん似。旅館の女将もインパクト強大!!!!

考えさせられる作品

2000年前後の作品は、「家族」「絆」「愛」「人間とは」などを考えさせられるもの
が、今よりも多数あったような気がします。こちらの作品は初めて観ましたが、同じ部類に入るとかんじました。最近は、上記のようなテーマを深く追求していくようなものがなくなって来ているなと感じてます。観ていて考えさせられるし、心が暖かくなっていく作品は貴重だなと感じました。今月で観れなくなってしまうかと思うと残念です。凄く良い作品でした。

原作知らないけど

不覚にも感動してしまった
良かった

食わず嫌いしてましたけど

すごく楽しめました。
年を取ったせいか、作品に満ちているやさしさが身に染みます。

心が沈んだ時に見たくなるアニメ。

凝り固まった心を解きほぐしてくれる心温まる作品です。
子どもから大人まで楽しめる作品だと思います。
少女漫画特有の繊細な心象表現を上手くアニメーションでも表現されています。
放映当時、原作は連載途中ということもあり、設定の差異や消化し切れていない部分もありますが、うまく纏められています。

観終わった後の余韻が心地よいアニメです。

いいね~これ!

原作は見てないのですが、何かすごくホッっとすると言うか
優しいアニメだな~って思いました。

2回連続でみました。

主人公、透をみているとホッとします。みんなが彼女のようだったら、安心して人と関わる事が出来るのに。
人間関係に疲れ、癒されたい時にオススメです。

【ネタバレあり】最終話。

最終話を観終わったところで最終話の感想(?)デス。
余韻の醒めないうちに…。

裏切りならまだ救いがあって、裏切ったヤツをずっと憎めばいい。
でも、母親に優しい言葉で“拒絶”されたらどうだろう。きっとすべての言葉を信じられなくなる。
自分に向けられるすべての「優しい言葉」の底に悪意がみえてくるようになる。
優しさと「優しさ」の違いが分からなくなる。
自暴自棄になったキョウにむかって、透はどんな言葉を言えるんだろう。
(言えないから、言えないと分かって墓の前で泣いていたのだ…。)
「本当のことを言ってよ!」と弾かれるようにして透が言ったのは、ストレートなのに、
それでも心の殻を貫いて、晴れ間をもたらす言葉だった。

岡崎さんのテーマ曲のすばらしさは言うにおよばず、
言葉がとても丁寧ですてきな作品でした。
また観返したいと思います。次観るときは、どんな気持ちを見つけることができるか楽しみです。

ネタバレあり

懐かしかった

原作の連載をリアルタイムで読んでいたので、とても懐かしかったです。
原作との違和感なく、見事に高屋ワールドを表現できていると思います。
特に25・26話の夾くんは、関智一さんの演技素晴らしかったですね。
ただ、最終話まで読んだ人間としては、慊人さんが完全に男性として描かれていたのがちょっとひっかかりました。
十二支の呪いが解けて、草摩家の人々がそれぞれの人生に旅立ってゆくラストまで、このスタッフさんたちで作ってもらいたいなーと思いました。

ネタバレあり

超オススメです!

本当に感動しました!
透ちゃんの心の優しさにとても癒されます(^_^)
忘れかけてた心の優しさを取り戻せました。

2クールから面白かった

少女漫画的なキャラクター紹介が続くあいだは退屈で垂れ流してただけだった
だがしかし気づいたらギャハギャハとかシハシハ笑いながらマジ視聴してました

自分を見つめる

全体に漂う悲壮感。なんともいえぬ雰囲気があるが、これはきっと自分の心だと思う。
設定は異常だけど、物語は心の内面しか描いてない。
ただ、素直に生きることの大切さを教えてくれました。

優しい色の感情が飛び交う一昔前の名作です。

子供の頃に見た時は単純に「動物に変身するのがかっこいい!」とか
「ヒロインの娘が可愛いけど心配」といったありふれた感想ばかりでした。
大人になって見直すと、登場人物らの抱く感情に驚かされます。
作者が何を思って残した作品なのかは分かりかねますが、知らなければならない類の感情が沢山です。
幸福の定義とか難しい言葉で並び立てるのではなく、
「あぁ、幸福だ」と思えることの素晴らしさとありがたみ。感謝して向き合えるひたむきさ。

私に彼女らと同じように過ごすことは無理ですが、心から応援してあげたいです。

大好き!

高校の頃(10年程前)友達同士で漫画を貸し借りして、アニメの感想を述べあって…としていた思い出のアニメ。
まだ原作が完結してなかったので、ラストはオリジナルですが…
懐かしく楽しんでます(^^)v

ネタバレあり

よくわからんけど引きこまれた

結局忌まわしい呪いはどうなるんだ?
秋とは12しの何なんだわからないけどネクストがあるなら見たい

ネタバレあり

人類も

捨てたものじゃないね。

バカな旅人…

 何か違和感があったのが、今回わかりました。

 作品の登場人物は誰かに、理解とまでは言いませんが考えてもらっている。

でも、バカな旅人は誰にも受け入れていないと表現されています。

バカな旅人を思っている両親を想うことが出来れば・・・。

この作品を理解できているのでしょうか?

ネタバレあり

懐かしい。

 私にとって、聖書と言えるものです。

 手に入れば、原作を最後まで読んでほしい作品です。

 よく出来ていますが、アニメは半分程度しか収まってませんので・・・。

岡崎律子さんの楽曲も合わさって

更に涙が止まらなくなります。
優しさや色々な大切なことを教えてくれる作品です。

フルバ最高です!!

この作品に何度も「心」を救われました!!

日常の中で、自分がその時その時に感じた気持ちををうまく言葉にできず、歯がゆい思いを何度もしましたが、この作品は見事に言葉にして下さっていました!!

とにかくこの作品に出会えて本当によかったです!!!!

心に響く最高の作品

子供の頃ビデオカセットテープに毎週予約して時間が空いたときに何度も何度も見ていました。見放題プランに入ると知ってからあの頃のワクワクが戻って来て、今とても1日1日がとても楽しいです。この作品は話の内容、音楽、声優の演技、それら全てが最高の作品です。見てください。必ず感動しますし、心に響く作品になりますので。

自分、涙いいすか…?

後半のある場面で、
岡崎律子さん作曲の「セレナーデ」ピアノバージョンが流れるのですが
不覚にも泣いてしまいました…

ネタバレあり

人が皆こんなに優しかったら・・・

透ちゃんみたいに
人が皆優しかったら争いも無い素敵な世界になるのに・・・
できる事なら、物語最後までアニメ化してほしい
本当に優しい気持ちになれる作品です。
岡崎律子さんの曲も作品のイメージにぴったりです。
透役の堀江由衣さんがカバーもしてます。
ARIAなど、心が安らぐ作品が好きな方なら気に入ってもらえる作品なんじゃ無いかな。。。

鉄板の号泣アニメ

泣けます、間違いなく泣ける名作です。
故・岡崎律子さんの歌うOPを聴くだけで、条件反射で泣くくらいに泣けます。
理屈はいりません。
ただ、ただ、フルバの優しい世界に包まれて泣きましょう

予想外にステキな作品に出逢ってしまいました。

始めはラブコメだと思って何気無く見始めたら全然違いました 笑
スゴい感動作品でした。
一回目見た時はオープニング曲が、あら!?って感じしましたが、
すぐにあの曲じゃなくちゃダメになりました。
凄くステキな良い曲です。
歌声がとてもキレイで音も最高です。
子供から大人までがその時の解釈で楽しめる作品です。
子供が出来たら絶対に見せたいアニメになりました。
最終回の後半が駆け足になりかなり残念ですが、最終回一回前の終わり方はもー最高でした。そのままの雰囲気で終わって欲しかったです。
音楽とか演出の面です。
立ち止まってしまった時に何度も見たい作品です。

癒しと感動を!!

主人公すべてを包み込むの大きな心、優しい笑顔がとても素敵でした。
実際に主人公のような方が沢山居たら、この国、そして世界が平和になると思います。

まずまず

原作を知らない方は 最終回は ともかくとして、ほのぼの&笑い があり、
さらっと 見て 気分転換になる 作品かと思います。
しかし、最終回は ちょっと ぐだぐだ 気味かも

原作から 入った方には 作品イメージは 壊されることなく、安心はできると思います
やっぱ 原作でしょう と 思い直すことと思います

いろいろな「心」

現実にはあり得ない話なのだけれど、心の中では起こりうることだと思いました。いろいろな「心」を見せてくれる物語でした。オープニングとエンディングの曲もとても好きです。

見どころ

高屋奈月の人気漫画を大地丙太郎監督が見事にアニメ化。家族を失った本田透は草摩家に居候することになるが、草摩の家系は抱きつかれると十二支の動物に変身してしまう物の怪憑きの体質。人でないことに悩み、哀しみ、心の傷を抱きながら生き続ける草摩家の人びと。だが彼らの言葉をよく聞けば、その気持ちはわれわれが日常で経験するものばかりに思えてくる。みどころは、透の天性の明るく涼やかな気性である。悩み多き言葉をありのままに受け止める彼女の純粋さと笑顔は、観客の心の傷も癒してくれる。大地監督の演出は、笑いに泣きに心を激しく揺さぶってくる。涙とともにやがて観る者は人の心の素晴らしさに気づくだろう。まさに必見!【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

本田 透

いつも明るくてひたむきな女の子。亡き母の言葉を胸に元気にまっすぐに生きている。特技は家事全般。男二人暮らしで荒れ放題だった草摩家をピカピカにみがき立て、おいしいご飯を作る。

草摩由希

透の同級生。ネズミに変身する。女子のアイドル的存在、いかにも優しそうな美少年。熱烈なファンクラブがあるほど。しかし本人はそんな人気にはそしらぬ顔。近寄りがたさのある少年。

草摩 夾

草摩家の一員で、十二支の動物ではないネコに変身する。由希たちの高校に編入し一緒に暮らすことになる。由希を目のかたきにしていて、何かというとケンカをふっかけるカゲキ少年。

草摩紫呉

由希のいとこ。イヌに変身する。保護者として一緒に暮らしている。小説家。若いピチピチの女子高生が大好き。

魚谷ありさ

透の親友の一人。今どき珍しいヤンキー(?)な雰囲気が同級生の女子たちに恐れられている。

花島 咲

透の親友の一人。人や生き物の出す電波を感じることができるという、ちょっと不思議な女の子。そのアヤシサで同級生の女の子たちから恐れられている。

草摩楽羅

草摩の一員で、イノシシに変身する。年は由希たちの二つ上。夾の幼なじみで、子どもの頃から夾にベタぼれしている。ふだんはカワイイ女の子だが、感情が高ぶるとまわりが見えなくなる。

草摩紅葉

ドイツと日本のハーフで、草摩一族の一人。ウサギに変身する。女の子のようにかわいい少年。元気でよくしゃべるけど、調子にノリやすいのが欠点。透に子どものようにあまえまくる。

草摩はとり

草摩一族の一人。タツノオトシゴのような姿に変身。医者だけど一族の人間しかみない。テキパキと仕事をこなすクールなタイプで、ほとんど笑わない。草摩本家で、慊人の主治医をしている。

草摩潑春

草摩一族の一人。ウシに変身する。由希たちの一つ下、紅葉と同い年。普段=ホワイトの時は穏やかだが、ブラックになるとやたら好戦的でカゲキな人になる。由希にぞっこんほれ込んでいる。

草摩綾女

草摩一族の一人で、草摩由希の兄。ヘビに変身。由希とまったく反対な性格のため、兄弟の仲がわるい。弟と仲良くなりたい一心で行動が行き過ぎてしまうことも。ちょっと変わった洋服屋を経営。

草摩杞紗

草摩一族の一人。トラに変身する。中学でいじめにあい、ショックで言葉が話せなくなるほど繊細な心を持っている。透のことが大好きで一番信頼している。

草摩燈路

草摩家の一員で、ヒツジに変身。杞紗にひそかに恋している。自分の気持ちに素直になれず思ったことと反対のことを言ってしまうちょっと不器用な小学6年生。透のことをライバルと思っている。

草摩利津

草摩一族の一人で、サルに変身する。母親は草摩家の温泉宿の女将。性格が母に似ていて世の中に対してとても弱気なためか、女装をすると落ち着くというちょっと変わった性格の青年。

草摩慊人

草摩一族の当主。一族の支配者である。慊人のいうことをみんなさからうことができないのは、慊人のせつない苦しみをみんなは感じているため。謎に包まれている人物。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高屋奈月 / (白泉社「花とゆめ」掲載): / 監督:大地丙太郎 / シリーズ構成:中瀬理香 / シナリオ:中瀬理香+池田眞美子+伊丹あき / キャラクターデザイン:林 明美 / 美術監督:柴田千佳子 / 色彩設計:松本真司 / 編集:松村正宏 / 音響制作:DAXインターナショナル / アニメーション制作:スタジオ・ディーン /

キャスト
本田 透:堀江由衣 / 草摩由希:久川 綾 / 草摩 夾:関 智一 / 草摩紫呉:置鮎龍太郎 / 魚谷ありさ:今井由香 / 花島 咲:安原麗子 / 草摩楽羅:三石琴乃 / 草摩紅葉:齋藤彩夏 / 草摩はとり:井上和彦 / 草摩潑春:陶山章央 / 草摩綾女:宮本 充 / 草摩杞紗:名塚佳織 / 草摩燈路:渕崎ゆりこ / 草摩利津:冨永みーな / 草摩慊人:若葉 紫 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}