動画が再生できない場合はこちら

再生回数:---
5

0

0

0

0

1

山に囲まれた町に住む、17歳の高校二年生・相生あおい。将来の進路を決める大事な時期なのに、受験勉強もせず、暇さえあれば大好きなベースを弾いて音楽漬けの毎日。そんなあおいが心配でしょうがない姉・あかね。二人は、13年前に事故で両親を失った。当時高校三年生だったあかねは恋人との上京を断念して、地元で就職。それ以来、あおいの親代わりになり、二人きりで暮らしてきたのだ。あおいは自分を育てるために、恋愛もせず色んなことをあきらめて生きてきた姉に、負い目を感じていた。姉の人生から自由を奪ってしまったと…。そんなある日。町で開催される音楽祭のゲストに、大物歌手・新渡戸団吉が決定。そのバックミュージシャンとして、ある男の名前が発表された。金室慎之介。あかねのかつての恋人であり、あおいに音楽の楽しさを教えてくれた憧れの人。高校卒業後、東京に出て行ったきり音信不通になっていた慎之介が、ついに帰ってくる…。それを知ったあおいの前に、突然“彼”が現れた。“彼”は、しんの。高校生時代の姿のままで、過去から時間を超えてやって来た18歳の金室慎之介。思わぬ再会から、しんのへの憧れが恋へと変わっていくあおい。一方で、13年ぶりに再会を果たす、あかねと慎之介。せつなくてふしぎな四角関係…過去と現在をつなぐ、「二度目の初恋」が始まる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(1件)

秩父の秋のDoppelganger

 在る本を読んでいると、斯様な詩に行き当たった。
「ドッペルゲンガー」というハイネの詩である。

静けき夜 巷は眠る

この家に 我が恋人は かって

住み居たりし

彼の人はこの街すでに去りませど

そが家は今もここに残りたり

一人の男 そこに立ち

高きを見やり

手は大いなる苦悩と戦うと見ゆ

その姿見て 我が心おののきたり

月影の照らすは

我が 己の姿

汝 我が分身よ 青ざめし男よ

などて 汝 去りし日の

幾夜をここに 悩み過ごせし

我が悩み まねびかえすや
 
 恋人を諦め、自身は決心しそこから決別したつもりだったが心は本体から遊離してまでも自身の欲することを成していた。これは、慎之介がしんのという心の「影」の分離と合一の物語である。

・・・それにしても、秩父の秋の描写が美しい。
秋が深まり,空が段々と高くなっていく昨今、タイトルに魅かれ視聴した。良いお話である。

ネタバレあり

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる