動画が再生できない場合はこちら

安達としまむら

23

0

0

0

2

3

昨日、しまむらとキスをする夢を見た。

わたしと安達は体育館の2階で偶然知り合ったサボり仲間だ。一緒にピンポンしたりしなかったり程度の関係で、人付き合いは基本的に面倒だと思っているわたしにはちょうど良い距離だった。のだが、最近どうも安達の様子がおかしい。まるで人に興味のない猫みたいだったのに、犬っぽくなってきている気がする。安達に何かしたっけなあ……。――そんな2人の関係が少しだけ変わっていくお話。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2019 入間人間/KADOKAWA/安達としまむら製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

繊細な百合アニメ

ジャンルとしては百合ものということになるのでしょう。

しかしこの作品は、パターン化された百合ドラマにとどまることなく、気だるいモノローグを主軸にしたストーリー、光の中に溶けて消えてしまいそうなはかない映像、控えめながら印象的な音楽が相まって、少女たちの心のほんのわずかな揺れを巧みに表現しています。

もちろんそれだけでは退屈な「二人だけの世界」の描写になってしまうところを、トリックスターとしての自称宇宙人をはじめとする二人以外の人々が巧みに補って、現実とも仮想ともつかない微妙なバランスの世界を創り出すことに成功しています。

ふだん百合ものというだけで敬遠していた私がこの作品を見たのは本当に偶然ですが、その偶然のおかげですばらしい作品に出会えて本当によかったと思います。原作者およびアニメ制作者の皆様に感謝します。

心理的に攻めて来る

間接的にグイグイ来る(?)感じが妙に新鮮というか気怠いというか、なんとも言えない雰囲気を出したアニメです。みんな可愛くて良いのですが、あそこまでスカートを短くする必要があったのかどうかは謎です(男の子向けとは言え)。

それと、時々どちらのセリフかわからなくなったりしたので、二人の声をもう少し違う性質にした方が区別しやすかったと思います。

あと、あの長命な方はなんだったんですかね? 原作を読めということかなぁ。

大熊猫 と いぬ

各個体間の距離感、
その違いや微妙さが、何とも言えない気怠さ、または緊張感を醸しながら描かれていく作品。

ヒロインが、人生や人の世を疎ましく想い過ぎて、何時の間にかに居無くなってしまいそうで、
ハラハラしながら観続けていましたが、
母 兼 姉 兼 友人 兼 恋人 の級友に暖められて行く様子に安堵しました。



心残りは、彼女の母親の事。
大丈夫かな?



ところで、
長命種を名乗る物体xですが、
この者達は、肉体では無く、感情の方を同化しながら、旅々しているのでしょうか。

ネタバレあり

最高峰の百合アニメ

ずっと待ち望んでいた最高峰の百合アニメです。
初見の人が多い為、あまり指摘されませんが、実は安達の性格が原作のライトノベルとやや違います。
これは声優さん側が原作そのまま演じてしまうと暗くなってしまうとしてアレンジを加えているそうです。
ラノベ原作勢からすると最初、違和感があるかもしれません。
けれど、慣れてくると安達としまむらの関係性やバランスが丁度よく感じられます。
ラノベはラノベとして楽しみ、アニメはアニメとして楽しむ。
そういうスタンスで良いと思いますので、どうかゆっくり見て頂けると幸いです。

日常会話劇

2010年前後のシャフトを彷彿とさせる演出ですね

あえて言うならチルアニメか

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:入間人間/KADOKAWA(電撃文庫刊) / イラスト:のん / 監督:桑原 智 / シリーズ構成:大知慶一郎 / キャラクターデザイン:金子志津枝 / 総作画監督:豊田暁子・氏家章雄・神谷美也子・森田莉奈・薄谷栄之 / 美術監督:斉藤雅巳 / プロップデザイン:加来哲郎・山田菜都美 / 色彩設計:油谷ゆみ / 撮影監督:志村 豪(T2Studio) / 編集:内田 渉(コンクエスト) / 音響監督:本山 哲 / 音楽:田渕夏海・中村巴奈重・櫻井美希 / 音楽制作:日音 / アニメーション制作:手塚プロダクション /

キャスト
安達:鬼頭明里 / しまむら:伊藤美来 / 日野:沼倉愛美 / 永藤:上田麗奈 / ヤシロ:佐伯伊織 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}