動画が再生できない場合はこちら

D・N・ANGEL

29

0

0

0

1

5

あなたのハート、盗んでもいいですか?

14歳の誕生日に初恋の原田梨紗に告白した大助は、見事に玉砕。しかしその夜、梨紗のことを強く思うと大助の体に異変が…。好きな女の子への恋愛感情が高まると、恋愛遺伝子の副作用で“伝説の大怪盗”ダークに変身してしまう体質となったのだ。丹羽家は江戸時代から続く怪盗稼業の名家だった。大助の普通の中学生&数々の美術品を華麗に盗んでいく大怪盗の二重生活が始まった!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

少女コミックらしい作品

少女コミック出自の典型ともいえる作品だが男性がみても十分楽しめる。
26話全体が上手く構成されており未完だった原作を十分に完結させたといっていいだろうアニメとなっている。
特にメインどころとなる主人公恋愛の話は素晴らしい。

後半の盛り上がりが好きです

前半は単調にも思えるのですが、後半の盛り上がりが大好きです!
たしか放映当時は原作未完のまま放送されていたと思います、たしか去年、一昨年くらいに完結したらしいです。

ネタバレあり

背景の世界がいい

この作品に関しては、物語の細かい展開の仕方はどうでもいいのですよ。原作者が描いている世界の部品の一つ一つがすごく好きなんです。町並みとか、家とか、家具とか。この物語の世界に住んでみたいと思います。

九十九神の精神も愛のカタチ

失恋して変身、そしてなぜか美術品を狙う怪盗に…
最初は突飛な展開についていけるか心配でしたが、全ての伏線は回収され1つの結末と始まりへ向かっていきます。
カップリングの妙で純愛というよりラブコメに近いけど色々な意味で女性作家らしさも節々に感じることが出来ました。
全般的に作画は綺麗でCGも効果的、OP/ENDはとても不思議な曲が使われてますが繰り返し聞くうちに違和感も消え心にしみるいい曲になりました。
結末はオリジナルのようですが少女コミック原作と毛嫌いせず万人に見て欲しいオススメ作品です。

ネタバレあり

学生の頃を思い出しながら観れました。

学生の頃に読んだコミックの感動と世界観に浸ることのできる作品になっていると思います。
始めこそ懐かしい気持ちで観ていましたが、話を知っていてもなお楽しめました。
やはり声が宿って動く姿は、いつ観ても感動します!

懐かしの作品

小学生時代の18:00前後の時間にやっていた記憶があります。
懐かしの作品です。

主人公の大助やヒロインの莉紅の優しい感性には心打たれるものがあります。

個人的にはアイスアンドスノウの話が最終話に活きていればもっと面白かったと思いました。
桧尾みおのキャラクターなど、そこまでシリアスな作品ではなく、少し子ども向けな印象もあります。

お勧めの1作品です。

ネタバレあり
見どころ

原作は杉崎ゆきるによる人気コミック。ドジな少年、丹羽大助は、失恋のショックで「恋愛遺伝子」が目覚め、希代の大怪盗ダークに変身。美形、自信家、そして何より女性に手が早いというダークの存在に困惑する大助の姿が何とも微笑ましい。そして主人公を振った少女がダークにひと目惚れするなど、ひねりの効いた相関関係も絶妙。原作は少女漫画ではあるが、軽快な物語とスリリングなアクションシーンに、ライバルとの攻防が随所に散りばめられており、男性でも違和感なく楽しませてくれる。本筋とは関係ないエピソードであるが丹羽家のペットでもあるウィズの恋話にスポットを当てた第9話もオススメだ。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

丹羽大助

東野第2中学校2年B組に通う現在、同じクラスの原田梨紗に片想い中の14歳。恋愛遺伝子の作用で怪盗ダークに変身してしまうという数奇な運命を持つ。

ダーク・マウジー

美術品だけでなく、女性の心もあっさりと奪ってしまう伝説の大怪盗。恋愛には百戦錬磨の彼も、原田梨紗にだけは思うようにはいかず、翻弄されてしまうことも。

原田梨紅

丹羽大助のクラスメート。原田梨紗の双子の姉。顔は梨紗とそっくりだが、性格は正反対の勝気なスポーツ派少女。恋愛には不器用でストレートに感情が出せない。

原田梨紗

丹羽大助のクラスメート。梨紅の双子の妹。その容姿通り、男子生徒に大人気の少女。ダークに一目ぼれし、彼に夢中な毎日。可愛いしぐさとは裏腹に、結構したたか。

日渡 怜

丹羽大助のクラスメート。ダーク捜査の総司令をも務める。その正体は、氷狩家の末裔。ダークの対極的な存在であるクラッドをその身に宿し、執拗にダークを狙う。

クラッド

ダーク捜査の総司令を務める日渡怜が、氷狩家のDNAが作用して変身した姿。純白の羽を持ち、ダークの力を手に入れようと執拗に狙う冷酷無悲な存在。

ウィズ

丹羽家のペットで、ダークの仕え魔。大助やダークの姿に変身できる。ダークの黒い羽は、このウィズの変身後の姿である。好物はイチゴ。

冴原 剛

丹羽大助のクラスメート。ダークを追跡している冴原警部の息子。父のコネを利用しつつ、大スクープを目指す、熱血報道記者少年。大助の親友的存在。

丹羽笑子

大助の母親。見た目はとても子供がいるとは思えないほど、若く見える。いつも明るく元気で、大助を見守っている。時折見せる、子供っぽいしぐさがキュート。

丹羽大樹

大助の祖父であり、笑子の父親。ダークの前のテイマー(翼主)。普段は陽気なじいちゃん。かなりの博識であり、大助のよきアドバイザー的な役割も果たしている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:杉崎ゆきる / 監督:羽原信義 / 構成・脚本:荒川稔久 / キャラクターデザイン:山岡信一 / プロップデザイン:森木靖泰 / 色彩設計:関本美津子 / 撮影監督:広瀬勝利 / 美術監督:海野よしみ / 3Dディレクター:本間潤樹 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:長谷川智樹+江口貴勅 / アニメーションプロデューサー:平松巨規 / 編集:ジェイフィルム / 音響制作:楽音舎 / 音楽制作:ビクターエンタテインメント / アニメーション製作:XEBEC /

キャスト
丹羽大助:入野自由 / ダーク・マウジー:置鮎龍太郎 / 原田梨紅:中山さら / 原田梨紗:浅野真澄 / 日渡 怜:石田 彰 / クラッド:草尾 毅 / 冴原 剛:白石 稔 / 丹羽笑子:玉川紗己子 / 丹羽大樹:青野 武 / 丹羽小助:寺杣昌紀 / 冴原警部:平松広和 / トワちゃん:田中理恵 / 州崎由希:小菅真美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}