動画が再生できない場合はこちら

シュヴァリエ

20

0

0

0

0

4

あの出会いは、終焉の始まりだった

革命前夜のフランス。ルイ十五世の臣下であった最愛の姉・リアが謎の死を遂げたことから始まる。弟・デオンはその真相を追うが、それは単なる殺人事件に留まらず、18世紀ヨーロッパ全土を震撼させる事態へと繋がってゆくのだ。同時に、いくつものキーワードが本作の謎を深める。<王の詩篇>、<革命教団>、<詩人>、<ガーゴイル>、<四銃士>、<機密局>、そして<姉の魂の行方>……。一つの謎が新たな謎と連鎖しながら、やがて、それは観る者を知られざる歴史の真実へと導いてゆく。果たして、姉を殺害した者とは誰なのか? その理由とは? 姉弟の絆を背に駆け抜けるデオンが最後に掴むものとは?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

Monsier de Paris,Chevalier

喪失と回復の物語である。そして、どんなに複雑な筋の物語でも多くはその変奏としてみられる。思えば、多くの物語は何かの不在や喪失から始まり、代替物となる新しい「何か」を探究するお話となることが多い。大デュマの『ダルタニアン物語』のオマージュの作品のように始まるこの物語は血沸き肉躍る冒険と謀略と謎で最後まで惹きつけられる。最初は、だれが、ポトスでアラミスで敵役のリシュリューなんだろうと、わくわくした。しかし、それは現代的に味付けられた『三銃士』だった。「朕は国家なり」という王政。個が国家を表すものから、「自由・平等・博愛」という権利が個人個人に認められた時代に移行する先触れを表すように。その謎や誇りや愛や義務のために自由意志をもった登場人物が各々の役割を全うし、歴史の流れの中に消えてゆく。喪失は、さらなる大きな喪失へと向かい、その「回復」は大きなタナトス(滅び)へと向かう・・・これは、名作。

ネタバレあり

感無量

正に名作、感無量です。フランス革命直前の物語。王と騎士、剣とオカルト、活劇と陰謀、謎とロマン。昨今では珍しい素晴らしい作品でした。原作は小説の様ですが、このジャンルならではの”良さ”を存分に発揮しています。名作『スカラムーシュ』をご存知の方もいるかと思いますが、「あれをもう一度」と言う方には大変オススメです。私の私見ですが、何故だか読者の欲求の全てを満たしてくれる名作が、このジャンルに集中しているように思えます。恐らくは、多くのフィクションは現代社会からの逃避願望で生まれるため、(楽しければこそ)読後の喪失感も大きいのでしょう。しかしフランス革命モノは、ファンタジーから現代へと回帰します。このため切ない郷愁だけではなく、希望に満ちた目で”今”に(未来として)憧れる気持ちにさせてくれます。そして活力と高潔を得て、リアルへと帰還できます。初めての方にも是非ファンに成って欲しい。大満足でした。

シュバリエ・デオンの奇妙な冒険

史実と虚実が微妙に絡み合って、しかしながら上手い事纏め上げている作品だと思います。
史実のデオンはもっと金に汚くて金遣いの荒い人物ですが、それではドラマとして面白くない。
騎士道の美しい美しい部分と当時の神秘主義を上手く纏めた秀作だと思います。

独特

歴史のパロディかと思いきや、ファンタジック。最後は言葉を失います。

見どころ

冲方丁の原作を元に小説、コミックス、アニメといったメディアミックス展開で話題を呼んだ作品。18世紀のフランスから始まり、ロシア、イギリスといった欧州を舞台に繰り広げられる伝奇ロマン。主人公のシュヴァリエ・デオンは実在の人物であるが、姉の霊が乗り移って凄腕の剣士へ変貌するなど、物語は虚実が入り交じった内容になっている。その謎が謎を呼ぶ展開は、まるでサスペンス小説を読んでいるような錯覚を感じさせ、続きが気になって、つい次のエピソードに手が伸びてしまう。独特の空気感で描かれるベルサイユ宮殿をはじめとする欧州の風景は、それだけでも一見の価値アリ。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

デオン・ド・ボーモン

秘密警察に所属する青年。姉であるリアの死の謎を追う。真実を知る騎士・マクシミリアンと《王家の詩》を追い、イギリスへと旅立つ。

リア・ド・ボーモン

デオンの姉。何者かに殺害され、今は魂だけの存在。かつてはルイ十五世の寵愛を受け、機密局の一員だった。冷静沈着にして、剣の達人。

デオン=リア

リアの魂をその身に宿したデオン。声や口調が変わるばかりか、剣の力もリアと同等になる。だが、自在に呼び出すことはできない。

デュラン

デオンに近づく謎の騎士。二刀流の達人。なぜか一人でリア殺害の調査を続けるうちに、デオンと出会う。一見、陽気な性格だが……。

ロビン

マリー王妃に仕える少年。王妃とリアを敬愛しており、任務に忠実。マリーからの命を受けて、デオンの従士として旅に同行する。

テラゴリー

老剣士。フランス最強と呼ばれるフェンシングの吊手で、デオンやリアの剣の師。四銃士の中では、その豊富な経験で彼らの行動を導く。

アンナ

幼い頃からデオンの許婚として、恋心を抱き続けている。宮廷内では、王妃マリーつきの侍女・朗読係、ルイ十六世の世話係を務める。

ルイ十五世

フランスに君臨する王にして享楽主義者。表面的には愛嬌が良く、礼儀正しい王として、民衆からも《最愛王》の呼び吊で愛されている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:冲方 丁+プロダクション I.G / 監督:古橋一浩 / シリーズ構成:冲方 丁 / チーフライター:むとうやすゆき / キャラクターデザイン:尾崎智美 / プロップデザイン:toi8 / 色彩設定:広瀬いづみ / 美術監督:大野広司 / 3D監督:遠藤 誠: / 特殊効果:村上正博 / 撮影監督:谷内 潤 / 音響監督:郷田ほづみ / 音楽:大島ミチル / 音楽制作:BMG JAPAN / 制作:プロダクション I.G / 製作:「シュヴァリエ」製作委員会 /

キャスト
デオン・ド・ボーモン:泰 勇気 / リア・ド・ボーモン:水野理紗 / デュラン:成田 剣 / ロビン:松元 恵 / テラゴリー:佐藤晴男 / アンナ:喜多村英梨 / ルイ十五世:稲田 徹 / マクシミリアン・ロベスピエール:櫻井孝宏 / メアリー=シャロット:涼風真世 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}