動画が再生できない場合はこちら

再生回数:---
20

0

0

0

0

4

無界閣

七殺天凌(ナナサツテンリョウ)を捜索し魔脊山の谷底を捜索する凜雪鴉(リンセツア)、殤不患(ショウフカン)、浪巫謠(ロウフヨウ)、捲殘雲(ケンサンウン)。そこで見つけた横穴は、奇妙な宮殿へと繋がっていた。そこは刑亥(ケイガイ)が、かつての七罪塔の関門であった闇の迷宮を改装し、東離と西幽、さらには魔界をも連結する異空間として構築した魔の宮殿、無界閣(ムカイカク)であった。禍世冥蝗(カセイメイコウ)の門弟である萬軍破(バングンハ)、異飄渺(イヒョウビョウ)と東離侵攻の算段を整えていた刑亥は、殤たちが無界閣の中へと迷い込んだことを察知し、迎撃へと赴く。殤対異、捲対刑亥、浪対神蝗盟兵たちの大乱戦が始まる中、石像に絡む蔦から下がる逢魔漏(オウマロウ)のひとつが、不気味な輝きを宿し、やがて誰に気付かれることもなく、鏡のように異世界の景観を映しはじめる……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(4件)

続編、お待ちもうしております。

3も終盤までどうなるか、ドキドキしました。最後の展開は・・・このままでは終われません。是非4の制作を! お待ちしております。

第4期は必至

痛快武侠ファンタジーの第3弾。
後半今までにない大ピンチに陥るも、実は珍しく凜雪鴉の謀がすべてうまくハマっていたという痛快な展開。
とは言え、殤不患の兄貴と浪巫謠、 睦天命の三人がかりでも敵わない人間側のラスボス登場、魔界側も動き出し、第4期は必至な状況。
ぜひとも早めに第4期を。

なお、今回も婁震戒のブレなさと七殺天凌の情けなさは健在w
最終回は大いにスッキリした。

ネタバレあり

ワイルドなあいつ等に会える

テレビ版を公開当初から追いかけてきました。
ですが公式サイトで第三期以降は地元で放送されない事を知り、数少ない地方でも見られる術としてこちらに登録しました。
この作品で台湾人形劇の存在を知り、ようつべで本場の台湾人形劇を見る様になり、ついには自作の台湾人形劇風漫画を描くようになりました。
そのきっかけになった、或いは人生を変えた特別な作品だと思ってます。
日本語版が存在する唯一の台湾人形劇作品なので、人生初の有料視聴会員登録で失敗する等の悪戦苦闘をしましたがシリーズが続く&生きている限り、この作品は追いかけたいと思っています

サンダーボルトファンタジー3

アクション、人形の格好良さ、主人公たちの魅力...
待ってたぜ3期!

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる