動画が再生できない場合はこちら

TVアニメ「スーパーカブ」

私には何もない。と思っていた。

ひとりぼっちの女の子と、世界で最も優れたバイクが紡ぐ、友情の物語。山梨県北杜市の高校に通う女の子、小熊。両親も友達も趣味も無い、何も無い日々を過ごす彼女だが、ふと見かけた中古のスーパーカブを買ったことで、ちょっとずつ短調な毎日が変わり始める。

(C)Tone Koken,hiro/ベアモータース

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(13件)

懐かしい1ページ

何気なく視聴開始しました。バイクには詳しくありませんでしたが、昔愛読していた「がむしゃら1500km」を思い出して懐かしんでいます。作者の方も影響を受けられているようで、この先も楽しみです。

広がる世界

静かに、ゆっくり、少しずつ、
でも着実に。

そんな処が素敵な作品。

人生、晴れの日ばかりとは限らなくて、
曇天に、風の日、雨の日、場合によっては雪の日だってありますが、
備有れば、そして、相棒や仲間が居れば、大丈夫!

さあ、気をつけて何処へでも行ってらっしゃい!
ニッコリ元気な「ただいま」待ってます。

癒し♪

まず惹かれたのはCGと背景等の良さ!
キャラデザは普通だが、それを補うほのぼのとした内容。とても素晴らしい♪
今後も楽しみな作品です。(学生時代にNS-1を友人に借りて初めて単車を乗り、ギアの入れ替えができず ローだけでコンビニへ行ったダサい記憶を思い出しました。笑)

バイクに初めて乗った頃を思い出せる作品

自分も高校2年生からバイク通学してたので、いちいち懐かしいし、共感しまくってにやにやしながら見てしまいします。
平凡な日常にあるちょっとした変化が色鮮やかに描かれていてとても素敵な作品。
今後の展開に期待です。

バイクあるある

昔、新聞配達のアルバイトで同じようなカブに乗っていました。やっぱ、昔のカブのほうが味があって素晴らしい。今のカブは、4速でスクーターみたいな乗り味に。それはそれで悪くは無いけど、昔のほうが自分は好きです。しかし、中古で1万ってwこんな程度のいいカブを1万はなかなかないでしょう。よほど、バイク屋のおっちゃんに気に入られるかしないとこんな値段では手に入らないでしょう。自分は、今年原付二種を取得しました。原付のような小回りとスピードの両立、ハンターカブやクロスカブなんかもオススメですよ。大きいバイクにはない魅力ってのも色々あると思います。

絵も音も気持ちいい。

説明セリフ的なものが少ないです。
きれいに動く絵やバイクの音で魅了されました。
アニメーションって素晴らしいなとあらためて気付かされました。絶品。

2話から変わってくる

全体的に静かな印象を受けるアニメーション。1話は少々退屈に思えるかもしれないが、2話目からどんどん世界が色を付けて変わっていくのを感じる。のんびりとしているが、その分、現実を感じるリアルさが程よい。バイクに興味がない俺でも癒しを感じることができる稀有な作品。

バイク乗りにはたまらない

RIDEBACK以来ですね。バイク乗りを引き付ける描写は。
やはり日本のアニメーションはこうであってほしいと思います。
初めてスロットルを開いたときの驚き、ガス欠で焦ったこと、ヘルメットホルダーが掛けにくいこと、バイクを止めるときハンドルが傾くところなど、いちいち思い出して引き込まれてしまいます。
オープニングにありますが、バイクから見える風景は、車から見える風景とはまた違うものです。
それをきちんと表現できているところがまた素晴らしい。
余計なBGM入れず、環境音だけで演出しているところも素晴らしい。バイクに乗っていると、耳に残っているんですよね。
コミカライズとは違う作り方になっているところも◎です。
良くなっているうえに、世界観を壊さず、むしろ作り上げています。
バイクとこの作品に対する思い入れを強く感じました。
とても良い作品だと思います。
バイク、いかがですか?

なごむ

劇的な展開はないものの、落ち着いてみられて良い作品。
バイク乗りではない私は、スクーターなら乗れますが、ギアも後輪ブレーキも足操作の
カブは乗るのが難しい印象があります。
昔、親父のカブを借りて乗って、町内の狭い路地を180度方向転換しようとして、
すっころびましたw


「にやけ顔」がたまらん

口数少ない主人公の生い立ちはとりあえず置いといて…
じわじわとカブに愛着を持っていく主人公が初々しくてニヤニヤしてきます。

昨今、ネットでなんでも情報を取得できる状況でも「何かあったら取説読んでみる」って行為自体、個人的な経験上なかなか無いことだったので、「基本に忠実」なトコが好感持てます。

活動範囲が拡がる度に「人生の経験値が増してる」って実感できるというか、遠出する分ストレス発散してるような「解放感」が好きなんですよねぇ。

初々しさも相まって・・・

なんだかとっても心配になったり、ほっこりしたり・・・放っておけない感じ。

バイク屋のおじさんが「・・・」みたいな空気感を出しながらも面倒を診たくなっちゃう感じがよく分かる。

少々内向的な女の子が主人公だけども、カブとの出会いが世界の広さを教えてくれそうな期待感。

うん、嫌いじゃないぞ。^^

ネタバレあり

小熊がちゃんとかわいい

コミカライズ版の小熊が全然可愛げなくてアニメ化が不安だったけど全くの杞憂でした。
原作挿絵の博さんのイメージに近いキャラデザで小熊がめっちゃかわいい!
まだ1話なので、これからが楽しみです。

第1話

第1話視聴。

第1話の印象。
親のいない主人公。話が若干重い気がした。出だしは全体的に静かな演出。
でも仄かな明るさがあり、未来への期待、希望を感じさせてくれる。

主人公の小熊を中心に、どのような物語になるのか見届けたい。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:トネ・コーケン / イラスト:博(角川スニーカー文庫 刊) / 監督:藤井俊郎 / シリーズ構成・脚本:根元歳三 / キャラクターデザイン:今西 亨 / 色彩設計:大西峰代 / 美術監督:須江信人 / 美術設定:多田周平 / ボード制作:横山淳史 / 背景:草薙 / 3DCG制作:スタジオKAI / 3DCG制作協力:TypeZERO / 2Dデザイン・特効効果:チップチューン / 撮影監督:浅川茂輝 / 撮影:Raretrick / 編集:齋藤朱里 / 音楽:石川智久・ZAQ / 音楽制作:バンダイナムコアーツ / 協力・監修:本田技研工業株式会社 / 制作:スタジオKAI / 製作:ベアモータース /

キャスト
小熊:夜道 雪 / 礼子:七瀬彩夏 / 恵庭 椎:日岡なつみ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}