動画が再生できない場合はこちら

takt op.Destiny 第9話(24分)

再生回数:---
46

1

0

2

1

7

家族 -Eroica-

目的の地・ニューヨークに辿り着いたタクト達。アンナの姉であり、シンフォニカの技術開発部門に勤めるシャルロッテと再会する。シャルロッテは、不完全なムジカートである運命を検査し始める。だがその時、タクトの異変に気付くアンナ。タクトの右腕に刻まれた痣、それはまるでタクトの身体を蝕むように大きく広がっており――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(11件)

面白い。

まず最初にザッとどんなアニメかが1話で分かり、
そこから2話、いわゆる過去の話から始まる。
見ていて、楽しかったし話が理解しやすくてとても良い作品だし、最近は異世界もののアニメが多いのでオリジナリティーが溢れていて良いと個人的になから思いました。

クラシックの新しい使用方法

初見です。
クラシックのこんな使われ方があるとは…。
全く期待していなかったけど、曲の使われかたも良い。
相棒と同じ人が担当しているようなので、その辺も楽しんでもらえるのではないか。
やっぱりノクターンはよいねぇ。

作画は良い

作画は良い、以上。

キャラが気に入ったなら楽しめるって感じ。

物語は普通だったけどキャラは良かった。
やっぱ1クールじゃ短い。いまいちわからない部分が多いまま終わってしまった

てぇてぇ!

最後の衝撃の展開は、はぇ~~~ってなりました。
それであんな風な見た目だったんだなーと納得。
全体を通してみれば、結構雑な展開もなくはなかったですが、美しい作画と魅力的なキャラで最後まで楽しめました。
運命とタクトの2人は見ていて、てぇてぇ!としか言いようがなく、幸せでしたねw
ザーガンのやりたかったことはなんかこう、え?そんなもんなの?って内容でしたけど、皆が意味不明というほど裏のある内容ではなかった分、他にやり方あったんじゃ?って気はしました。こういうところはちょっと雑かなと思いましたが、最後の運命の尊い姿に涙腺崩壊モノだったので、細かいところは全部どうでもよくなりました。ソシャゲーのアニメということで、キャラクターモノのアニメとして良い出来で、とっても大好きな作品になりました。

ネタバレあり

2021年秋アニメの佳作

ソーシャルゲーム設定の制約を逆手に取った、良いシナリオだと思いました。
キャラクターが魅力的なので少なくとも退屈することはないはず。

手に汗握ります

スピード感あふれる動きや音楽に手に汗にぎる、何とも感動を味わえました。ただ、物語として結局どうなったのかの解釈がうまくできなかったのが自分に対して残念です。そうだとしても、良かった、泣けた、で充分アニメって面白いのだと思っています。

嗜好

独特の美しさを備えた作品。
作画、動きは大変綺麗です。

但し、
音楽、特に交響曲に対する傾倒の差がそのまま、
視聴後の余韻に響く内容の物語になっています。

風雨雷雪や啼鳥鳴虫でも充分楽しめるだろうに、
と思う私の様な者には、少々難しい作品でした。

戦うクラシカロイドの生じる仕組みの詳細、
そして何故、女性型しかいないのか、
その答えが知りたくて最終話まで追い掛けましたが、
それも空振りでしたし。

そうそう、
個々人の好嫌い、という話ならば、
標準軌や広軌はやはり良いですね。
自動車も簡単に貨車に載せられる。
全編中、一番心に残った場面です。

ネタバレあり

久しぶりに円盤(DVD)欲しいと思った!

「新サクラ大戦」であらぁ~…と思った広井王子氏だったが「Take op.Destiny」で復活!音楽をベースにオリジナルストーリーを展開する本作品は2021年秋アニメのダークホース的存在だと思えてならない。当初は噂程度で余り注目株ではなかったように思えたが、1話観て‘これは凄い作品だ!’と誰もが感じるのでは……マッドハウスが制作に参加しているだけに作画の安定感と構図・演出はケタ違いにレベルが高い!またロードムービー仕立てで何かアメリカTVドラマの魔物や悪霊を狩る「スーパーナチュラル」同様アメ車で様々な州や土地で敵の怪物D2を殲滅するところなどはアイデアの原点にあるように思う。とにかく今期のアニメとしては1・2を競うクオリティーの高さと面白さで視聴しないと大損する作品だと思う!

なんかすっきりした感じ

異世界チートものや転生ものには食傷気味だったので、
こういったオリジナル物は新鮮に感じます。
主人公ハーレムのベタベタでもないし、
全体的にすっきりしてて見続けていけそうです。


絶妙なバランスを楽しめるか

なんと言ってもオリジナルアニメの絶妙さよ。
音楽×アニメと言えば、いろいろあるが、第一話を見ていて頭をよぎったのは、「のだめカンタービレ」「LISTENERS」「Vivy」です。どの作品も力強く、特に前2作に関していえば、音楽への傾倒が強い。
出だしは微妙な雰囲気だったが、中盤から〝アニメっぽく〟なった。
60年代?くらいのアメリカを意識してみたり、クラッシックをメインにしたりと、発想に年齢を感じるものの、うまく融合させて決して悪くない。
画像から察するに、それなりに費用をかけている模様。
腕が変換されて戦闘少女の力が増幅される設定、エヴァっぽい敵など、いろいろと微妙ではあるが、オリジナルの底深さを楽しめるかどうか。
個人的には、戦闘少女の紅白をはっきりと打ち出したデザインがお気に入り。
「手品先輩」から本渡さんの演技に味があって、それを聞くのも楽しい。
深く見入る人向けかもしれません。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる