動画が再生できない場合はこちら

天才王子の赤字国家再生術

28

0

0

0

2

4

「完全に詰んでる国家の運営始めました」 天才王子による弱小国家運営譚、威風堂々(小心翼々?)開幕!

覇権国家の脅威に晒される弱小国家・ナトラ王国。若くして国を背負うことになった王子・ウェインは、補佐官のニニムに支えられながら、才能を活かした見事な手腕を発揮し始める。でも、この国……めちゃくちゃ詰んでる! 内政に手を入れようにも金がない。よそから奪おうにも軍事力がない。まともで優秀な人材は他国に流出してしまう。「早く国売ってトンズラしてえ」 ウェインの願いは、とっとと隠居して悠々自適の生活を送ること。大国に媚を売り、国を売れば夢が叶うはず。しかし、外交も軍事も予想外の方向へ転がってしまい……!? 知恵を機転で世界を揺るがす天才王子の弱小国家マネジメント、ここに開幕!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)鳥羽徹・SBクリエイティブ/天才王子製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

何これ・・・

まだ3話なんだけど、吸い込まれる。
時間も体調不良も忘れるほどの作品に出合えたのは、いついらいだろう。

楽をするためなら手間を惜しまない

ラノベ原作ファンタジー。
武力も大事だが、権謀術数が中心になっているあたりが好み。
赤尾でこシリーズ構成で信用していたが今回もハズレ無し。
異世界転生とかは食傷気味なのでこういうのが良い。
タイトルにあるとおり、「楽をするためなら手間を惜しまない」
主人公の姿勢は見習うべきものだと思う。

頭が、頭がぁ!

転生やチートの外部要因の無い異世界物ですが、とっても面白かったです。多くの登場人物の思惑や戦略が複雑に絡まってテンポ良く楽しめました。しかーし、強いて難を言えば、まさに多くの思惑や戦略が複雑に絡まっているために、なかなか頭がついて行かなくて大変でした。印刷物や電子書籍では適宜前を見返せるのですが、アニメは見放題とはいえ、遡って復讐、もとい復習するのは苦労するのです(ふぅ)。

あと、女性陣はみんな可愛いかったものの、一部の衣装デザインが仕事や戦闘には若干"機能的"では無かったのが悔やまれます(なーに言ってんだか)。

良き♪

赤尾でこさん脚本の時点で外れ無しの鉄板作品の出来上がり。原作未読だが毎週更新のたびに視聴するリストインで間違いないだろう。楽しみです。

人生いろいろ

天才だけど性根は打算的な王子、同じ目線で気遣いのできる補佐官、そして異常なほどの信頼と有能ぶりを魅せる臣下達…、初回から主人公にどこぞの「至高の御方」のような気苦労を感じます。

本人は打算的な発言と思っていても、一兵士の名前まで覚えているほどの真面目さ・並はずれた素質が、周囲からは「絶大な魅力」を放っているので、そうなるとみんな「至高の御方の為に」みたいな奮闘したくなりますよね。

性根を知ってて心許せるキャラも傍にいてくれるから、このまま小国の名君として生涯を終えるもよし、英雄として覇道を進むもよし…
私は原作を知らないので、いろんな進展を期待できそうな心躍るお話になればいいなぁと思います。

紅の額

構成と脚本、ほぼこれで作風はネタバレ相当。
横浜ラボさんの制作作品、割と好きでしたし、
コミカルなのだな、と心得た上での視聴開始。

何とまあ、思いの外、これは当たりなのかも。

皆さんは、
シリアスで見せ場が甘い作品
コミカルで見せ場が堅い作品
どちらの方が好きですか?
因みに、私は後者です。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:鳥羽 徹(GA 文庫/SB クリエイティブ刊) / キャラクター原案:ファルまろ / 監督:玉川真人 / 副監督:蔡欣亞 / シリーズ構成:赤尾でこ / アニメーションキャラクターデザイン:應地隆之介 / 3D ディレクター:墳下芳弘 / 美術監督:栫 ヒロツグ (鹿児島ラメカヒリム) / 色彩設計:中尾総子 (Wish) / 編集:長谷川 舞 (editz) / 撮影監督:内田奈津美 (アニモキャラメル) / 音響監督:納谷僚介 / 音響制作:スタジオマウス / 音楽:佐橋俊彦 / アニメーションプロデューサー:大上裕真 / アニメーション制作:横浜アニメーションラボ / 製作:天才王子製作委員会 / オープニングテーマ:やなぎなぎ × THE SIXTH LIE 「LEVEL」 / エンディングテーマ:南條愛乃 「ヒトリとキミと」 /

キャスト
ウェイン・サレマ・アルバレスト:斉藤壮馬 / ニニム・ラーレイ:高橋李依 / フラーニャ・エルク・アルバレスト:千本木彩花 / ロウェルミナ・アースワルド/ロワ:東山奈央 / フィシュ:日笠陽子 / ナナキ:榊原優希 / ハガル:菅生隆之 / ラークルム:濱野大輝 / グリュエール:大塚明夫 / トルチェイラ:釘宮理恵 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}