動画が再生できない場合はこちら

地獄少女

68

0

1

2

5

8

いっぺん、死んでみる?

午前0時にだけアクセスできる「地獄通信」。ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に堕としてくれる…。その噂は、実は本当の事だったのだ。彼女の名前は、閻魔あい。怨みの感情にあいが共鳴した時、地獄少女に変身する。果たして地獄少女とは何者なのか? そして彼女に秘められた過去とは?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)地獄少女プロジェクト/スカパーウェルシンク・アニプレックス

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

あいちゃんかわいい切ない

今まで見てなかったので視聴。
最初な鬱な展開になれなかったですが、
地獄少女誕生の話が気になっていたので追いかけました。
23話での理不尽な地獄流し、あれは殺人と同義に感じてしまいますが
契約は契約というところも妙に納得を得てしまいます。

あいの悲しい過去は昔のしきたりが強いとはいえ、
ひどいです。

この時代にこういう話のアニメは滅多に出ないと思うので
作品自体はかなり楽しめた。

奥が深いです。

ネタバレあり

見放題になって欲しい。

早く見放題になって欲しいな。大好きなアニメだから最初から最後まで何回も見たい作品。

ネタバレあり

本当に怖いのは・・・

契約に従い悪人を地獄に流す、勧善懲悪のお話・・・ではないところが、このアニメの魅力だと思います。時には大切な人を地獄に流してしまったり、恨んだ相手を地獄に流しても、その後の人生は変わらず辛いものであったり。地獄少女本人も、本当に正しいことはなんなのか、迷いながら依頼を受けていきます。恨みが引き起こす様々な物語が、観終わったあとに不思議な余韻を与えてくれる・・・そんなアニメです。

内容は深い

内容は深いけど正直飽きる。もう少し縮小して、後半に進んでほしいと思う。ただでて来るクズはこれぞクズって感じです。警察や弁護士呼んだらすむんじゃない課と思うものもあるが、子供だっていうことカバーされてる気はします。

こわすぎるーーー

ひとをのろわば あな二つ 地獄行き 

いつか誰かが救われる瞬間を見たい

1話1話のネタは不快といってもイイくらい重苦しく何の救いもない
だけど地獄少女が一人ぼっちではないことが一筋の光明を感じさせる

そうなる保証なんてありはしないけど救われるはずのない誰かが救われることもあるとしたら・・・
そんな期待は人の業の数ほどの救われない話を見聞する理由になりえるかもしれない

精神的ホラーアニメ

人の「業」の深さを、とことん炙りだしたホラーアニメ。
スクイズの「誠」のような精妙に作り込まれた「クズさ」があらわになっていて、時々清々しいクズはいるものの、半分近くは救いようがない人物ばかりで重苦しい。

そんな本作ではあるが、勿論重苦しい話だけに終始せず、しっかりと学べる点が存在する。
というのも、主人公をはじめとした登場人物らを通して、「恨みを解消すればそれで万事解決なのか?」といった問いを発させている創りになっているからだ。

また、理性を失した人物があまりにも多く、基本的に常に理性を持つことを訴えてもいるだろう。

終盤、腑におちない点があったので、評価が4になりました。

いっぺん 死んでみた

他に類を見ない独特のキャラ 閻魔あい!!
昭和の標準であるセーラー服
膝が見えるか見えないかの裾丈は察するに昭和60年代~平成5年ころの制服ですね
少し時代遅れを着こなす なんともほほえましいです
地獄送りの際の和服のデザインはモロに「お菊人形」ですねw


能登麻美子さん

TARITARI に 花咲くいろは
フリージングのシリーズと
それまでにもお声を聴いていたはずなのですが、
このアニメを視聴してからです
その独特の雰囲気からファンになったのは、

最初は、
ただただ雰囲気だけの有り勝ちな(例えば勧善懲悪ものの)お話しの寄せ集めかと
思いながら観ていたのですが、
みどころや他の方々のコメントにもある通り、
どんどん物語はそれだけでは済まなくなって行きます。

3期、計78話、非常に長い作品の1つですが、
折角の見放題のこの機会です。
如何でしょう。

少なくとも、
蠟燭の灯火、その意味を改めて思い知らされる逸話のある第十三話の辺りまでは
是非ともご覧下さい。

う~ん・・・

前から気になってたので視聴。閻魔あいはかわいいし、能登さんの声も大好きで黒髪の少女も良いもんだな、と再認識したんですが・・・いかんせん話が胸くそ悪すぎる。勧善懲悪モノもそこそこ見てきたつもりですが、出てくる外道に対してのお仕置きタイム(?)が短すぎでしょう。ずっと観てると心が鬱々してすっきりすることは無いですね。個人的な好みで評価が分かれると思いますが2です。ただ、閻魔あいはかわいい。

このOPって・・・

昔の必殺×××シリーズで使用されていた手法ですよね?
観ていて懐かしくなりました(笑)
「人を呪わば穴二つ」って詞は真理だと感じる年代ですが・・・
理不尽な仕打ちにはモヤモヤしますね。

三回目!!です。

 見放題になったのでリアル、再放送からの三回目になります。
地獄の刑期は、とてつもなく長いようです。
もっとも軽くても、この宇宙が生まれてからよりも
気が遠くなのくらいに長いそうです。
刑期が終了しても、地球は無くなっているでしょう。
そもそも、来世は自分ではないような・・・
だからって、反社会的な行動をすることに同意はできません!
 不条理があふれる世界に憎しみを向けても、
それは自分に返ってくるだけかな・・・色々考えてしまいます。
悔いのない人生=万人の幸福、ではない場合もあるので・・・
覚えていて二回目の死に臨んでみたいです。



…ゾクリ。

観たいと思いつつも、課金に踏み込めず。
見放題を機に視聴。

すごい……。

美しい映像・音楽、
真に迫る声優さんの演技、
胸に突き刺さるストーリー。

どれをとっても素晴らしい。

皆さんもこの機会に、是非ご覧ください。

年月・時間

一度、三途の川の手前まで行ったけれど(マジです)
地獄に行くのも「三途の川」を通るのかな…

恨みを晴らされた者が、閻魔あいの漕ぐ舟で地獄へ流されるシーン
で、ほとんどの回は終わっている。
しかし「恨んだ者」が地獄へと流される回が一度だけあった。
数十年前に呪いを掛けて相手を地獄へと送り、自分の寿命が尽きて
地獄へと流される。 その顔は穏やかそのものだった、この先には
地獄が待っていると言うのに… そして地獄で相手に会えるかな、
とこぼす。 人の心と言うのは、会わずに年月が経つと過去の憎悪
さえ薄らいでしまう物なのだろうか。理不尽な仕打ちへの呪いさえ
掛けた相手でも… 恨みさえ、時間は解決してくれる物なのか…
人間とは、心とは… 一体「正体」は何なのだろう… 
自分を「見つめ直すきっかけ」になる作品と言えなくも無い。

ネタバレあり

とりあえず人気だったので・・・

内容は見たことないので知らないけれど、とりあえず人気だったので見てみたい

悲しい過去を背負う閻魔あい

午前零時に地獄通信にアクセスして、憎い相手の名前を書き込むと地獄少女が現れて、
「人を呪わば穴二つ」「あとは、あなたが決める事よ」とただ一言告げます。
どんな怨みも晴らしてくれる。
依頼人が紐を解いたら地獄へ流されます。
「イッペン、死ンデミル?」(能登麻美子さんの地獄少女・閻魔あいの雰囲気は最高です)
話に色々と伏線が張り巡らされています最後まで観てほしいですね。
地獄少女の生い立ちは悲惨なものです。
怒り、憎しみは悲しみを生む、哲学的要素がある様に思う作品です。

見どころ

人の怨みをはらす地獄少女を通して、人間の業を浮き彫りにしたホラーテイストの作品。和風のイメージで構成された画面の美しさも特筆すべきだが、なんといっても「人を呪わば穴二つ」とばかりに、被害者である依頼人にも災いが起こるという物語が斬新だ。依頼者たちが地獄少女との契約を交わすかどうかを逡巡するのが毎回のみどころとなっている。時に不条理なラストとなるエピソードも多く、見終わった後は不思議な余韻に浸ることができる。基本的に1話完結となっているが、劇中で語られる細かい伏線が、終盤のエピソードで結びつくあたりは圧巻!オープニングナレーションは女優の室井滋が担当している。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

閻魔あい

普段は目立たない少女だが、地獄少女に変身し、相手を地獄流しにする。普段はセーラー服で、地獄少女の時は着物姿。

一目連

隠れた頭の目はどんな場所でものぞき見る事ができる。あいの命令で、情報を集める。別の姿は青いわら人形。

骨女

本当はガイコツだが、美女の姿をしている。あいの命令で、変装していろいろな所に忍び込む。別の姿は赤いわら人形。

輪入道

おじいさんの姿をしているが、本当は車輪の形をした妖怪で、空を駆けるあいの乗り物になる。別の姿は黒いわら人形。

柴田 一

フリーの事件記者。記者と言いながらスキャンダルを本人に売りつける事もある。娘には頭があがらない。

柴田つぐみ

一の娘。母親はおらず二人で生活している。そのため大人びた態度や物言いをするが、本当は寂しがり屋。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案:わたなべひろし / 原作:地獄少女プロジェクト / 監督:大森貴弘 / シリーズ構成:金巻兼一 / キャラクターデザイン:岡 真里子 / 美術監督:菱沼由典 / 音楽:高梨康治+水谷広実 / アニメーション制作:スタジオディーン /

キャスト
閻魔あい:能登麻美子 / 一目連:松風雅也 / 骨女:本田貴子 / 輪入道:菅生隆之 / 柴田 一:うえだゆうじ / 柴田つぐみ:水樹奈々 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}