動画が再生できない場合はこちら

アキバ冥途戦争

萌えと暴力について

1999年 春 かわいいメイドに憧れて、ひとりの少女が秋葉原にやってくる。世紀末の“アキバ”は、多種多様なメイドさんでいっぱいいっぱい。メイドカフェ「とんとことん」通称『ブタ小屋』は、今日もブヒブヒ営業中! 一緒に入店した新人メイドは破天荒さんで、ドッタンバッタン大慌て。推しメイドや調教師、秋葉外生命体も現れて、赤バットはフルスイング! これは、全てのご主人さまとお嬢さまに贈る、渾身のメイドお仕事奮闘記。「みなさまのお帰りをお待ちしてますブー」

(C)「アキバ冥途戦争」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

ぶっ飛んでいる、だかそこがいい!

昭和の広島テイスト溢れる秋葉原でのメイドたちの仁義なき戦い
よくこんな設定を思いつくもんだ
流し見るだけでも面白い
必見です!

無駄遣い

命・・・ではなくて、声優さんの・・・
ああっ、こんな端役で登場して、こんな速攻で退場していくなんて!

声優に限らず、脚本とか、演出とか、もです。
他にも、色々な意味で凄い作品!

個人的な好みから、ヤクザな作品は、今迄見て来なかったのですが、
まさか、21世紀になって、この様な作品を楽しむ事になろうとは!



そうそう、流石はP.A.WORKS作品。
メイドさんの衣装が多種多様で、しかも描かれ方がとても丁寧です。

面白いかった。

トップにあがっていたのでよくわからないけど視聴しました。
メイドカフェと昭和のヤクザ映画を融合させるという奇想天外な発想。
萌えとバイオレンス。
このミスマッチがすごく面白い!

アキバ怖い…

東京は恐ろしい所と聞いていたが、これ程とは…。
地方の生まれでホント~に良かったよ。

なかなか、ぶっ飛んだストーリーで、
なんだか良く判らない内容だが、
クセになる予感は十分ある。
今後の展開で傑作にも駄作にもなりそう。

すっげぇぇ…

冥途・戦争ってヤバそうなタイトル、1話から怒涛の展開に惹き込まれました。

個人的には往年の邦画もしくは洋画のエル・マリアッチ、デスペラード、リベリオンを彷彿とさせる感じもあって、続きが観たくなる作品だと思いました。
嵐子さんの「願います」って、あそこから出てきた人ってことだよね…そりゃ強そうだわ。

続きがみたい

やばい・・・これ・・好きかも
途中から完全に心持っていかれちゃった
次回も楽しみ

今期一押しwww!

これはまたぶっ飛んだなぁ・・・。少女&ガンアクションのようなそうでないような。なんだっけ、ブラックラグーンのメイド殺人鬼を思い出しちゃったけど、よくぞここまで振り切りましたね。1985年て、萌ブームの遥か昔を最初に持ってくるあたりも、相当ぶっとんでいるというか、知っているからこその年季を感じさせますwwwおまけにPAWorksさんの素晴らしい作画とか、出だしの丁寧さというか、全てを投げうって作った感があって、見応えがあります。近年稀にみる思い切りの良さが素晴らしいです。やはり創作とはこうであってほしいと思います。片や、廃れつつある秋葉の萌文化を荒廃した世界観で表した描写は、(監督が?)客観的に捉えた世間への批判だと思います。異世界テンプレアニメからの転換になってくれればうれしいのですが。

深作欣二監督作品っぽい

時代考証がちょっとずれているが、深作欣二っぽい。
ただ00年代に さんざんこの手のやつは作られ続けたので、最早時代劇の範疇に入っているのかもしれない。

昔の東映のヤクザ物をメイドさんにやらせている感じ。

ネタバレあり

早く第二話が観たい。

万年嵐子さんの「純情メイドぶっころ主kiss」の舞に魅了されてしまった。

もうね、私の心を鷲掴み。(笑)

そして、エンディングの「冥途の子守唄」の美声にも惚れました。合ってる!^^

ネタバレあり
キャラクター

和平なごみ

可愛いメイドさんになることを夢見て、秋葉原へ上京してきた女の子。自分が思い描く、憧れのメイドさんになるべく日々奮闘する。

万年嵐子

長い期間離れていたが、また秋葉原に戻ってきた元メイド。寡黙なタイプで、笑顔を見せる事がない。

ゆめち

ツインテールが特徴の店のエースメイド。ぶりっ子で人気だが、頭の回転が速く策士な一面もある。

しぃぽん

見た目通りのギャル。客に対してタメ口になったりするが、フレンドリーで意外と好評らしい。結構芯のあるタイプ。

店長

天性のトラブルメーカーっぷりで、常に周りを巻き込んでしまうダメ人間。昔はメイドだったらしい。

御徒町

パンダの着ぐるみを着ているお店のマスコット的存在。その他全てが正体不明である。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ケダモノランド経営戦略室 / 監督:増井壮一 / シリーズ構成:比企能博 / キャラクターデザイン:仁井 学 / 音響監督:飯田里樹 / 音楽:池 頼広 / 音響制作:dugout / アニメーション制作:P.A.WORKS /

キャスト
和平なごみ:近藤玲奈 / 万年嵐子:佐藤利奈 / ゆめち:田中美海 / しぃぽん:黒沢ともよ / 店長:高垣彩陽 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}