動画が再生できない場合はこちら

うる星やつら

地球“最凶”の高校生・諸星あたると、宇宙から舞い降りた“鬼っ娘”美少女ラム。二人の出会いからすべてが始まった…! 今なお第一線で活躍する高橋留美子による鮮烈のデビュー作「うる星やつら」。小学館創業100周年を記念し、選び抜かれた原作エピソードを4クールに渡ってテレビアニメ化!(第1期:2022年10月より2クール放送) 大胆不敵、恋にも全力、でもどこか切なくて…あたるとラムのボーイ・ミーツ・ガールを、銀河中から集結するキャラクターたちが彩るラブコメディ。

(C)高橋留美子・小学館/アニメ「うる星やつら」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

涙が止まらない

「愛と闘魂のグローブ/君待てども」の感想
「君去りしあと」じゃないのに号泣しちゃったよ。そうそう、初期のエピソードってあたるもラムが気になってないし、ラムもただ結婚したという形だけを主張していて、想い合ってないのだけれども、こういうすばらしいエピソードを重ねていってすてきなパートナーになるんだよね。あぁ、長生きして良かった。(昭和40年男の感想)

癒されました

原作も旧アニメも見たことがなかったのですが見事ハマりまして毎週癒されてます。
キャラクターデザインも色使いもめちゃめちゃ可愛いです。
原作も買いまして、セリフを見比べてみたらきちんと今の時代に対応した自然な変更が所々なされており感心しました。
4クールたっぷりあるそうなので嬉しいです。楽しみにしています。

懐かしいです。

昭和のころ、水曜日の19時30分から放送されていたような・・・。
アラレちゃんの後のうる星やつら。
オープニングも「ラムのラブソング」のカバーだったら面白いですね。

アンカーには、あの重鎮の方々(^^;)

とら?あ、鬼だった(笑)
リメイクの拒絶感はやはり声優さんなのです。
紙媒体からアニメ化されると、やはり沸き起こるアレと一緒で。
しかしながら今作は正体を韜晦したあの方や、あの方(笑)
納得しました。
神谷さんの吹っ切れた演技に今後期待♪期待♪
少し寂しく思うに、Dr.シーゲルのアレは
…無いんでしょうね~(´・ω・`)

待ってました。レインボーラムちゃん

原作のラムちゃんはヘアーカラーがレインボーでした。
原作は色がないので、(カラー版コミックはレインボーだったのかな?そこはわかりませんが)設定と言うことだったのですが、新しいアニメはラムが電撃を放つときにヘアカラーがレインボーに変色します。
まさに原作のリスペクト!
これだけでうる星ファンにとっては衝撃的だと思います。

楽しめました!

テンポよくたのしめました。初代に引けをとらないしスタッフの意気込みを感じます。ギャグコメディに大切な画面構成、動き、流れを大事に貫いてほしい。今後のキャラクターの登場が楽しみです!。

すごい!!良作♡

懐かしくて新しいです!!!原作そのままに、しかも一番可愛い時の絵柄で再現されてて、レトロポップさがより可愛いさ増し増しです!!!制作スタッフの方、ありがとうございます!!!あたるクンの声再現率すごすぎます!

やっぱり大好きです⚡️

放送が始まってもなお、令和でリメイクなんて夢かと思ってしまいます。心待ちにしてました!友引町のみんな令和へようこそ!
今の時代ではちょっと過激?というニュアンスの笑いもポップな作風で魅力に変えてしまう作品のマジック、たまりません⚡️ 世界一の押しかけ女房と世界一の意地っ張りのイチャイチャをみんなで見届けましょう💓

ええ。基本的にラムちゃんのイラストが描ける世代です。ええ。

基本、この作品大歓迎で、
番宣動画を観て、もんのすんごく期待してたんだが…
第1話の感想
あたる役の神谷告史さん。番宣では全く違和感なく、
絶望先生とか阿良々木くんが横切るのは仕方ないにしてもとても楽しみだった。
なんか…違和感が… なんでだろう… 理由はわからない… なんとなく…品を感じてしまう…
ラムちゃんはもう全く違和感ないっすね!さすがは上坂さん。ラムちゃんやるために生まれてきたのか!?ってくらいハマってる。
ただね… 昭和感を出そう出そうとしてるのはわかる。
だけど、その必要あるんだろうか?
若い人たちが観て、黒電話とか基本的に意味不明だと思うんよ。
オープニングもインベーダーゲームにする必要あったか?
なんかね…期待度に反して安直度が高すぎる気がした…
でもやっぱり大好きな作品なんです。はい。
特に上坂さん!!!

これが令和の うる星やつら

初回から見て、原作寄りの 今の 見解のストーリーだ。
サブタイトルも 原作タイトルのまま、
旧アニメ派でも 充分に見れます。
2話も話しでも、一本の30分アニメとして見れる構成。
期待も多いに持ちます。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高橋留美子「うる星やつら」(小学館 少年サンデーコミックス 刊) / 監督:髙橋秀弥・木村泰大 / 音楽:横山 克 / シリーズディレクター:亀井隆広 / シリーズ構成:柿原優子 / キャラクターデザイン:浅野直之 / サブキャラクターデザイン:高村和宏・みき尾 / メカニックデザイン:JNTHED・曽野由大 / プロップデザイン:ヒラタリョウ / 美術設定:青木 薫 / 美術監督:野村正信 / 色彩設計:中村絢郁 / CGディレクター:大島寛治 / 撮影監督:長田雄一郎 / 編集:廣瀬清志 /

キャスト
諸星あたる:神谷浩史 / ラム:上坂すみれ / 三宅しのぶ:内田真礼 / 面堂終太郎:宮野真守 / 錯乱坊:高木 渉 / サクラ:沢城みゆき /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}