動画が再生できない場合はこちら

劇場版『Gのレコンギスタ V』「死線を越えて」

11

1

0

0

0

2

ここから始まる『Gのレコンギスタ』!

ベルリたちを乗せたメガファウナが、ジット団を追ってビーナス・グロゥブを出発。だが、すでに地球圏の戦況は一変していた。大気圏外で睨み合っていたキャピタル・アーミィとアメリア軍、ドレット艦隊は、禁忌の存在であるカシーバ・ミコシの近傍でさらに激しく衝突を繰り返す……。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C) 創通・サンライズ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

是非ガンダム知らない方にも観て欲しい作品です

TV版も漏らさず視聴していましたが、それでも冨野監督の伝えんとする事が理解出来ないまま観終わって、モヤモヤしていました。けれどこの5編に分けられた激情版を観終われば納得いく作品だったと、改めて富野由悠季という人物の作品の凄さを実感しました。
これは宇宙世紀の物語の集大成でもなく、単なるロボットアニメでもない。人が過去の過ちを理解し罪を背負い、痛みを伴ってでも正そうと出来れば世界は変えられるのだという理想の物語。
戦いが終わった後、まだ既得権益にしがみ付く父親へ引導を渡すクリムニックの変わり方、あれ程ベルリを憎み続けたルインもマニーとクレッセントシップを見送りながら、争い合った人達同士ですら同じ場所で笑って話を出来ているのが素敵でした。。
ラストの『G』の美和さんの歌詞の秀逸さも、全て観終わると理解出来る。これはベルリの心の歌だったんだなと。総じてお勧めしたい作品です。

ネタバレあり

AIDA

大河の上流下流ではなくて、大気圏の内外が舞台ですが、
設定の壮大さや人物の多彩さから、
絢爛豪華で、一部の楽曲が代表の応援時に用いられる
有名なあの作品を思い出してしまいました。
勿論、メインヒロインの名前も一因だと思いますが。

さて本作、戦闘の場面で睡魔に襲われたのは、
「白銀の意思」以来で、久々のことでした。
何故なら、皆お喋りが余りにも多くて。

実は、あの作品も振り返ってみれば、
脳が震えたのは、専ら凱旋式の場面。
後は、、、



そうそう、
先進技術、に関わる逸話としては、
上流域が、下流域を制しながら北進した時に知った鉄、
その製造、燃料確保の為に、森林を荒地にしてしまう。
そんな歴史が大好きです。

お見事!

4と5続けて観て思うのは、よくもまあこんな複雑で多岐に渡るキャラ達を拵えたものだと感心してしまう。
そして、これだけ大勢のキャラがいながら意外と死んだ奴が少ないということ。
そのくせ、紛争の大元ともいえるクンパはギャグのような死に方をし、誰もそれに気がつかなかった(であろう・・)のも、ある意味冨野マジック。人の死を劇的に描かない(たまにはある)彼の演出術の賜物だろう。
でも、TVでも納得いかなかったマスクのベルリへの異常なコンプレックスと偏見と思い込みは4で異様に増大したのもちょっと変だし、あれほど追い詰めながらEDではそんなことすっかり忘れた様子なのも納得いかん。
その分、エピでノレドがしっかり追いかけてきたってオチはいい。彼女の笑い声で終わるってところにしばらくは平和が続くであろうと見ている者を思わせる。ってとこがさすが冨野由悠季。
お見事!

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
総監督・脚本:富野由悠季 / 原作:矢立 肇・富野由悠季 / 演出:吉沢俊一 / キャラクターデザイン:吉田健一 / メカニカルデザイン:安田 朗・形部一平・山根公利 / デザインワークス:コヤマシゲト・西村キヌ・剛田チーズ・内田パブロ・沙倉拓実・倉島亜由美・桑名郁朗・中谷誠一 / 美術監督:岡田有章・佐藤 歩 / 色彩設計:水田信子 / ディスプレイデザイン:青木 隆 / CGディレクター:藤江智洋 / 撮影監督:脇 顯太朗 / 編集:今井大介 / 音楽:菅野祐悟 / 音響監督:木村絵理子 / 企画・制作:サンライズ / 製作・配給:バンダイナムコフィルムワークス / 劇場版『Gのレコンギスタ』テーマソングアーティスト:DREAMS COME TRUE /

キャスト
ベルリ・ゼナム:石井マーク / アイーダ・スルガン:嶋村 侑 / ノレド・ナグ:寿 美菜子 / マスク:佐藤拓也 / クリム・ニック:逢坂良太 / マニィ・アンバサダ:高垣彩陽 / ラライヤ・マンディ:福井裕佳梨 / ミック・ジャック:鷄冠井美智子 / バララ・ペオール:中原麻衣 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}