バンダイチャンネル

動画が再生できない場合はこちら

葬送のフリーレン

行こうか。人の心を知る旅路へ。

勇者ヒンメルたちと共に、10 年に及ぶ冒険の末に魔王を打ち倒し、世界に平和をもたらした魔法使いフリーレン。千年以上生きるエルフである彼女は、ヒンメルたちと再会の約束をし、独り旅に出る。それから 50 年後、フリーレンはヒンメルのもとを訪ねるが、50 年前と変わらぬ彼女に対し、ヒンメルは老い、人生は残りわずかだった。その後、死を迎えたヒンメルを目の当たりにし、これまで“人を知る”ことをしてこなかった自分を痛感し、それを悔いるフリーレンは、“人を知るため”の旅に出る。その旅路には、さまざまな人との出会い、さまざまな出来事が待っていた――。

(C) 山田鐘人・アベツカサ/小学館/「葬送のフリーレン」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

一話を改めて観た

フリーレンの声を時代で変えている!低い声から高くなる。
何オクターブと指摘する耳を持ってはいないけれども分かる。
種﨑敦美さん凄いですね。

教えられる側から教える側に、この感覚は人間と猫の関係に似ていると思う。
子どもの頃、家にいた猫はいるのが当たり前でしたが…
それから家に迎えた猫には出来るだけ想いを伝えたつもりです。

指輪を見ているフリーレン…旅を始めた理由?


抒情的な作品(児童文学に近いかも)

人間に関心を持たなかったエルフが、人間と旅をすることで人の生き様を感じ、少しずつ感情を豊かにしていく物語。
こう書いてしまうとなんだか面白みがなくなるが、それとなく視聴者(読者)を引き込んでいく構成になっている。
『不滅のあなたへ』と重なるが、こちらは日常を抒情的に紡いでいくことで、視聴者の心に潜っていくような作りになっています。
たまにフレームレートが下がるのか、カクカクすることもありますが、作画もかなりきれいですし、質の高いアニメ作品です。
数話ごとに映画を見終わったような感覚があって、とてもよくできています。
奇抜さや派手なアクションは不要、純粋に、きちんとした作品が見たい方にお勧めです。
是非。

いい感じです

原作は知りませんが、面白味と凄味、優しさと非情さ、それぞれにバランスのとれた素敵な作品だと思います。

久々にハマっています

原作は全く読んでいませんが、作画の美しさに惹かれて観はじめました。始まり方の意外性など、物語も素晴らしい。久々に、のめりこんで観ています。エルフの魔法使いが主人公というファンタジーを描きながら、人の心や命について考えさせられる重厚な世界観を持っています。後世に残したい、名作と思います。

素晴らしい

とても綺麗で美しい、素晴らしい作品です。

正に『スルメ』です。

ファンタジー界の『連徒草』
嚙む程に味が出る。

今までの人生を肯定するための作品

とにかくエンディングアニメーションにこの作品のテーマが詰まっていると思う。
今まで生きてきた貴方の人生をひとつひとつ確かめながら抱きしめてくれる。
そんな素敵な作品です。

春夏秋冬

そして、更衣。

歳月が流れる表現にも、色々あると思いますが、
それが大変綺麗で、風情の感じられる作品です。
抗い様も無く、物語に惹き込まれてしまいます。

例えばですが、
白地の薄い肌着だけで暑さを凌ぐ女性達も去る事ながら、
褌一丁で呵々水遊びする生臭坊主も、中々のお気に入り。

今期最後まで観る作品の1つですね ♪♪

監督が斉藤圭一郎さんだと分かった時に1番最初に思い浮かんだ事は『ぼっちざろっく』を大成功に導いた人だと言う事でした。この監督さんは本当に原作を徹底的に読み込んで作者の思い描く世界観を大切にし何を伝えたいかを的確に表現出来る人なんだなぁ~と思いました。そして今作の『葬送のフリーデン』でも前作同様に見事な作品に仕上げて来たと感じています。またこの人は原画や作画監督を手掛けて来ただけあって構成力が抜群ですから今後も安定したクオリティーを届けてくれると思います。作品の完成度を見る限りスタッフとのチームワークも良好のようですし今期最後まで期待の持てるアニメだと思いました!

良い.是非観るべき.

コミックを全巻買って読んでます.

アニメ化されないかなぁ...とずっと思ってましたが,それが叶ってよかったです.

無理に詰め込んだり,引っ張ったり,変な改変したり...
そんな変更が行われずに,作品をそのままアニメ映像化された感じで,安心しました.
魔法や戦闘がカラー映像化された分だけアニメらしさが出てより良いでしょう.

この作品の良さは,ストーリー(人の心)なので,
多くの人に観てもらって感動してほしいと思います.

※ この作品は,ドカンと来る感動というよりも,なんだかじんわり来る感じの感動です.

期待通り

原作勢のワイもにっこりの素晴らしい出来。
あなたの人生の10年後20年後、もっと先にも観返せる作品だと思います。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:山田鐘人・アベツカサ(小学館「週刊少年サンデー」連載中) / 監督:斎藤圭一郎 / 音楽:Evan Call / シリーズ構成:鈴木智尋 / キャラクターデザイン・総作画監督:長澤礼子 / コンセプトアート:吉岡誠子 / 魔物デザイン:原科大樹 / アクションディレクター:岩澤 亨 / 美術監督:高木佐和子 / 美術設定:杉山晋史 / 色彩設計:大野春恵 / 3DCG ディレクター:廣住茂徳 / 撮影監督:伏原あかね / 編集:木村佳史子 / 音響監督:はたしょう二 / アニメーション制作:マッドハウス / オープニングテーマ:「勇者」YOASOBI / エンディングテーマ:「Anytime Anywhere」milet /

キャスト
フリーレン:種﨑敦美 / フェルン:市ノ瀬加那 / シュタルク:小林千晃 / ヒンメル:岡本信彦 / ハイター:東地宏樹 / アイゼン:上田燿司 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}