動画が再生できない場合はこちら

地球へ… section01(25分)

再生回数:---
30

0

0

0

0

6

目覚めの日

ジョミー・マーキス・シンは近頃、同じ夢を何度も見ていた。美しい少女や少年、そしてミュウという言葉が決まって出てくるのだ。友人たちは彼の「目覚めの日」が近いせいではないかと言う。「目覚めの日」とは両親のもとを出て行き成人検査を受け、そして大人への一歩を踏み出す14歳の誕生日のことだ。そして当日、ジョミーは子供のころに行った遊園地へと足をのばす。自分の運命が大きく動くことを知らずに…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(6件)

地球へ…

再投稿
この作品で語られているテーマは非常に興味深く思う。
こうした作品はどのように読み解いても「迫害」に対する強い批判がある。
そして大抵それらの作品では、迫害する側の社会や組織の意思決定が、特定の個人、人々、システムによって行われ、異議や批判、疑問を持つことを許さない。
しかしそれでも多くの人々の存在は、単純な善悪正邪でなく、様々な「立場」「視点」「思い」が存在し得える事を示唆してくれている。

こうした物語は何らかの「規制」でもない限り、今後も形を変え何度でも語られていくと思う。
今はただ作品に目を通しながら、考え続けたい。

ネタバレあり

絶句!

こんな凄いアニメがあったんだ…

いい作品でした

竹宮恵子先生有難う。

傑作

この作品が傑作であることは中学時代に言い尽くした。リアルタイムでね。
アニメ化されたこの作品も、かつて映画化されたこの作品も、ぼくにとって大事な作品になる。
今回のアニメ化ではテーマが絞られていた。とくに、能力の暴走について。
シロエ、カリナ、トォニイ、マツカ、そして、ブルーとジョミー。
ブルーとジョミーは特別だった。暴走した能力をコントロールした。
そこに、このアニメの言いたかったことがあると思っている。
キース・アニアンは大馬鹿者だ。それは中学生の頃、初めてこの作品に触れたときから感じていた。
でも、だから、サムもスゥエナも彼とともにいた。
キースはどこまでも、人間だ。反吐が出るくらい。
この作品を読んで、40年近いときが流れている。
でも、この作品が語りかけるものは、今もなお、深刻だ。
受け継ぐ必要がある。

ネタバレあり

人として

機械に判断させて、どう生きていくか、憎悪、悪意は何処に収束して行くのか、
見物である
ジョミー、キース、どちらも正しいと言える

ネタバレあり

寺へ・・・

南無

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる