動画が再生できない場合はこちら

DARKER THAN BLACK −黒の契約者−

29

0

0

0

1

5

あの夜、君の見た星空を僕は知らない

解析不可能な異常領域「地獄門(ヘルズ・ゲート)」の出現により、本当の“空” を失った東京。それと呼応するように現れたのは、特別な能力を身につけた者たちだった。能力を得る代償として、人間らしい感情が希薄になり、人を殺めることさえ冷徹に行う彼らを、人々は畏怖を込め、「契約者」と呼んだ。一見いつもと変わらない東京の風景。しかしその裏では、ゲートに秘められた謎をめぐり、各国の諜報機関は「契約者」を利用して熾烈な諜報戦を繰り広げている。主人公・黒(ヘイ)は、中国人留学生・李舜生(リ・シェンシュン)として東京の街にひっそりと溶け込んでいるが、裏の顔は、暗部の闘いに身を投じる能力者の一人で、その苛烈な任務遂行の姿から、BK201「黒の死神」と呼ばれ畏怖されている、組織の一級エージェントである。各国諜報機関が送る、予測不可能な能力を持った敵の契約者たちとの闘い。悲しき過去を持つ女達との出会い、そして別れ。「契約者」による事件を追う公安部外事四課なども絡みあい、「ゲート」をめぐる争いは激しさを増してゆく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

大人の心理ドラマ

本チャネルではなく、海外版BDで視聴しました(本チャンネルの視聴料と同じくらいのコストです)。

「契約者」とか「ゲート」とか、謎が多いですが、見所は「人の情念」でしょうか…。基本的に2話1エピソードです。エピソード毎に入れ替わるゲストキャラを中心に人の情念が時間をかけて丁寧に描かれます。心理描写が確かなので、世界が謎だらけでもリアリティがあり、物語に引き込まれます。謎については物語が進むとともに徐々に語られますが、全てが明らかになるわけではありません。設定にあまりこだわらず、大人の心理劇を楽しむのがよろしいかと思います。「深夜に1人で洋酒を飲みながら観るアニメ」…そんなイメージの作品です。

なお、BD/DVD版に付属する 26話 は、25話よりも過去時点のエピソードです。

ビターエンド

 それぞれ2話完結の短編エピソードは結末はビターエンド?だけども、殺伐としてない世界観のアニメでやっていたら、フーンとしか思わないですが、この能力者はは感情が無くなって人を殺すのに躊躇しなくなる、とかゲストの敵キャラクターや、ライバルが意外とあっけなく死んでしまうという世界観のなかでこういう話しをやるから良い  なによりもヒロインの銀がかわいい

ネタバレあり

評判に惹かれて

少しだけ見ようと思ったのですが、結局ぐいぐいと引き込まれ、全話視聴しました。
2話で一つの話を描いているので、内容が濃いと思います。
ヒロインたちと主人公たちのかかわりや立場で、世界の様々な姿が見れました。
ドライで殺伐とした世界観で、リアルさを追い求めた物語は、架空のアニメですが映画のように広い世界を持って楽しませてくれました。

まとめて視聴したのですが、まだ謎の部分が謎のまま残されている場所もあります。
しかし、それはそれで余韻としていいのではないだろうかと思えます。

派手さやキラキラしさはない、地に足がついた作品です。この作品に出会えてよかったと、正直思いました。

ネタバレあり

November 11がお気に入り

この作品の人物構成はどれもよくできているがなかでも一番よくできていると思うのはMI6のエージェントであるNovember 11である。契約者でありながら契約者ではないかのような行動原理で動く。この物語は「契約者とは何か」ということを軸に展開される。しかし契約の対価としての能力と対価の支払いというモチーフはあるのだが、それぞれの契約者が誰とどのような契約を結んだのかということは語られることはない。この片方の契約当事者が示されないまま展開する物語にリアリティを持たせているのがNovember 11であり、彼の最期がその証だと私には読めるのだがどうだろうか。

話がちょっと難しい

二話で一つの物語完結という形なので無駄に話を引っ張りすぎず、話の長さがちょうどよかったです。
最初は世界観がわからず「?」という感じでしたが、どんどん見ていくにつれて分かってきます。
戦闘シーンもかっこよく、主人公にとても好感が持てる作品でした。


初めてBD買った作品です。

放送当時、画面に魅入られていた事を思い出します。
作画、音楽、脚本、全てが文句なしの大人向けアニメです。
前後編の二話構成で、脚本家それぞれの個性が生きたシナリオ。
ほんのわずかな表情や台詞、仕草が後々に繋がってきて二度見るとより楽しめる構成。
演出も落ち着いていて、結果よりそこに至るまでの過程を楽しむ人間ドラマ
音も細部まで拘れており、サラウンドシステム等で視聴すると
小さな環境音がよりリアリティを作品に添えます。

アニプレックス商品という事もあり若干割高なのが残念な所
DVDレンタルでも良いので(レンタルDVDにも5.1ch収録されています。勿論ステレオでも)
20歳を過ぎたアニメファンには是非見て欲しい作品です。

初めてBlu-ray boxを購入した作品で、今でもたまに再生してしまいます(笑)
そろそろDTBより次に熱中できるアニメを探している所ですが…。

見どころ

『WOLF'S RAIN』のボンズ&岡村天斎監督が放つ、ダークな感覚に充ちた超能力スパイアクション。舞台は一見平凡な東京の街並み。人が変わらぬ日常をおくる一方で、《壁》など見慣れたはずの風景に加わった違和感が緊張を誘う。みどころは、謎を追って暗躍する世界各国の「契約者」が見せる特殊能力。凡百の超能力表現とは一線を画したビジュアル、能力を駆使した後に見せる奇妙な儀式が新鮮な驚きを招く。一級エージェントBK201と呼ばれる主人公・黒《ヘイ》は、虚無のヒーローとして異彩を放つ。登場するものはみな異常でありながら、リアリティの重みと渋さが心をとらえて離さない。これはそんな大人のためのアニメである【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

黒(ヘイ)

「組織」からの命を受け、冷徹に任務を遂行する「契約者」。普段は気弱な中国人留学生・李舜生として社会に溶け込んでいる。

銀(イン)

黒のチームのサポート役。盲目である。契約者の中でも、「ドール」と呼ばれる存在であり、一切の自我を失っている。

猫(マオ)

チームの情報収集役。黒猫に憑依している間に、肉体を失ってしまった契約者。サーバーに直結することで、脳の不足分を補っている。

黄(ホァン)

「組織」とのパイプ役であるだけでなく、チームの監視役でもある。彼の契約者を見る目には、どこか憎しみがこもっている。

霧原未咲

国家公安局外事四課の課長。契約者と、それに関係する事件を追い続ける。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:BONES+岡村天斎 / 監督:岡村天斎 / キャラクター原案:岩原裕二 / キャラクターデザイン・総作画監督:小森高博 / 美術デザイン:岡田有章+佐藤正浩+田口栄司 / デザインワークス:柳瀬敬之 / 色彩設計:水田信子 / 美術監督:青井 孝 / 撮影監督:武井良幸 / 音楽:菅野よう子 / 音響監督:若林和弘 / アニメーション制作:ボンズ / 製作:DTB製作委員会+毎日放送 /

キャスト
黒(ヘイ):木内秀信 / 銀(イン):福圓美里 / 猫(マオ):沢木郁也 / 黄(ホァン):池田 勝 / 霧原未咲:水樹奈々 / 斎藤雄介:志村知幸 / 松本邦夫:福田信昭 / 河野 豊:鳥海浩輔 / 大塚真由:稲村優奈 / 宝来善充:池水通洋 / 大山美鈴:坂本千夏 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}