バンダイチャンネル

動画が再生できない場合はこちら

薬屋のひとりごと

後宮を舞台に「毒見役」の少女が、
様々な難事件を解決する

大陸の中央に位置するとある大国。その国の帝の妃たちが住む後宮に一人の娘がいた。名前は、猫猫(マオマオ)。花街で薬師をやっていたが、現在は後宮で下働き中である。ある日、帝の御子たちが皆短命であることを知る。今現在いる二人の御子もともに病で次第に弱っている話を聞いた猫猫は、興味本位でその原因を調べ始める。呪いなどあるわけないと言わんばかりに。美形の宦官・壬氏(ジンシ)は、猫猫を帝の寵妃の毒見役にする。人間には興味がないが、毒と薬の執着は異常、そんな花街育ちの薬師が巻き込まれる噂や事件。壬氏からどんどん面倒事を押し付けられながらも、仕事をこなしていく猫猫。稀代の毒好き娘が今日も後宮内を駆け回る。

(C)日向夏・イマジカインフォス/「薬屋のひとりごと」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

ひたむきな登場人物の営みが好印象

「日本人が想像する宮廷生活」みたいな感じなので、世界観は、かなりソフトです。その点はご安心ください。さらわれた薬屋の娘と、宮廷の宦官との出会いを中心に、物語が進んでいきます。まだ視聴途中の19話ですが、全体構成がうまく考えられていて、普通に楽しめる作品だと思います。登場する人物たちは、それぞれの生まれや立場で、自分を自分なりに生きようとしており、それらが折り重なったり、絡み合い、薬屋の娘が少しづつ暴いていくことで、人生の決着をつけることになります。よくあるラブロマンスに触れそうな部分を、少しずつ見せているところも憎い演出となっております。肩を張らずに見られる作品です。是非、ご覧ください。

龍と鳳凰

日本以外では、軍人の足や靴下の臭いがすると言われる菌も、
米大陸から、風土病と一緒に伝わって行った不健康な習慣も、
コメディーやギャグの砕けた描画や、今風のカタカナ言葉も、
これら皆全て、この作品の立派な作風の内、気になりません。

しかし、作画のミスは頂けない!
あっ、ちゃんと衣服の意匠が、両者に合わせて異なっている!
と思った瞬間、、、

毎話、楽しみにしていますので、どうぞ宜しくお願いします。

お勧め度は、
「盤面」の設定がしっかりしているので、相殺して、、、
今後、象棋、の方の風景も見られるのかしら、、、

やばい😍

コミックとはまた別の面白さがあるアニメでは音声や色が入っているから猫猫とじんしの関係が見ていて面白く玉葉妃がじんしをからかってあるのも納得する
私の化学や薬が大好きだから猫猫の気持ちがわかるけど猫猫のように踊るほどまではないので猫猫の方が上だなと思った。
猫猫の行動特に猫耳が出てくる部分がかわいい♥️しじんし様も顔と声がいいのに猫猫にじゃれる?ところがまた可愛くてたまらんとにかく一言で言うならやばいしか言えないくらい良い

これはすごい!

基本的には薬学系のお話ですが、もちろんそれだけではなく、いろいろな分野、場面で知識が惜しみなく描き出されています。「お、そうきたかー!」と驚かされたり「やっぱし!」と満足したり(なんだそりゃ)、ものすごく楽しめる作品です。作者はすごい!! また、シリアスとギャグがいい塩梅に組み合わされていて、少しギャグ多めな気はしますが、涙と笑いで楽しませていただいています。続きが楽しみです!

OPが最初はかなり違和感がありましたが、数回聴いたらもうこれ以外はありません(笑)。EDと合わせて買っちゃいました♡

シリアスとコメディとリアリティと抒情性と

原作に入れこんでいると、良くも悪くもいろいろな感想を持ってしまいますが、12話まで観ての結論は、「これもまた良し」。原作のもついろいろな要素を、映像の作り手がどう形にするかの違いですが、SDキャラが走り回りコメディ要素強めかと思わせておいて、節目の話で抒情性たっぷりな絵を長尺で持ってきてグッと引き込む、なかなかの手練です。言葉で語られなかったシーンを描く場面には、そういうふうに描くんだ、と解釈の違いを比べるのもひとつの楽しみ方。
さて、いよいよ軍師が登場するようです。プロローグはここまで、ここからが本番でしょう。

勘違いしてる人がいるようで

基本的にこの話は架空の世界(異世界)の話です
中国に似ていますし中国的な名前ですが中国ではありません
花街の表現も中国の物と言うよりも日本の吉原ですし
食の表現や文字の表記も違うでしょ
ですのでこの話は中華後宮物の話ではなく
異世界の中華風後宮物と言う感じなんで、実際のと違うとか歴史的考察が~とか言うのは野暮ですよ

純粋にアニメとして面白く見てほしいです
小説家になろうでもTOP5に入る面白い作品なんですから

あれ、タバコ?

お話、アニメとしては面白いことは間違いないんだけど ただ・・

⑴実母では無い先帝・先王の配偶者を、後継者が相続するレビレート婚は、”中華・儒教”倫理では嫌悪されたが、北方遊牧民族系の異民族王朝の隋・唐時代には行われたようです。
②新大陸起源のタバコが東アジアにもたらされたのは、明代末期と言われています。
③明を滅ぼした清は、女真族による異民族王朝ですが、レビレート婚は否定していたようです。

となると、設定としては良く似ているけれど”異世界”と言うことになるのかな?

回収が楽しみ!ネタのオンパレード♥

巻いたタネは!全部回収出来るのか?
そもそも、Season1で終わるつもりは、
はじめから無いのか(笑)
ビューティフォーな猫猫好き〜♥
デフォルメキャラ猫猫は!もっと好き〜(笑)
プレバン商品化!!期待してます😊

松茸の価値観

日本では松茸の香りは、いい香りと言われてますが、
中国では松茸の香りは臭いとされています。
それでも日本で高く売れるというので中国では松茸を採るのであって中国人は松茸好きなわけじゃないですよね。
作中、松茸を喜んで食べているのはリアリティよりも日本人に分かり易い表現に寄せてるのかな。

ネタバレあり
スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:日向夏(ヒーロー文庫/イマジカインフォス刊) / 監督:長沼範裕 / 音楽:神前 暁・Kevin Penkin・桶狭間ありさ / キャラクター原案:しのとうこ / シリーズ構成:長沼範裕 / 副監督:筆坂明規 / キャラクターデザイン:中谷友紀子 / 色彩設計:相田美里 / 美術監督:髙尾克己 / CGIディレクター:永井 有 / 撮影監督:石黒瑠美 / 編集:今井大介 / 音響監督:はたしょう二 / アニメーション制作:TOHO animation STUDIO×OLM / 製作:「薬屋のひとりごと」製作委員会 /

キャスト
猫猫:悠木 碧 / 壬氏:大塚剛央 / 高順:小西克幸 / 玉葉妃:種﨑敦美 / 梨花妃:石川由依 / 里樹妃:木野日菜 / 阿多妃:甲斐田裕子 / 梅梅:潘 めぐみ / 白鈴:小清水亜美 / 女華:七海ひろき / やり手婆:斉藤貴美子 / 羅門:家中 宏 / 李白:赤羽根健治 / 小蘭:久野美咲 / やぶ医者:かぬか光明 / ナレーション:島本須美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}