動画が再生できない場合はこちら

よみがえる空 -RESCUE WINGS-

141

0

0

0

4

25

救難活動 最後の砦

新人ヘリパイロットの三等空尉・内田一宏が本当になりたかったのは、成層圏を音速で飛ぶ花形のファイターパイロット。しかし現実は厳しく、パイロット養成の段階で救難ヘリのコースに振り分けられてしまう。そして現在、彼の職場はレスキュー部隊・小松救難隊。人命救助のみを任務とする、縁の下の力持ち的存在の部隊である。本来の希望とは違う職場にくさっていた一宏だったが、航空事故、山岳遭難、震災など、様々なミッションに関わっていく中でレスキューにやりがいを見出していく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(29件)

すごかった…

こんなアニメがあったのかー!!と見始めたら止まらなくなって一気見してしまいました。自衛隊の活動には、いつも頭が下がる思いでニュースなどを見ていますが、小松基地の救助隊の活動には胸が痛くなりますね。災害救助でも本当に大変な思いをされながらの活動と、それを行うために常に厳しい訓練をかかさない、すごい人たちだと思います。
もっとたくさんの人に見てほしいアニメですね!これは。
視聴の締め切りが近づいてますが宣伝したいと思います。

徒労感と充実感と

人生、仕事、その繰り返し。

面白い、楽しい、
そんな表現や感想が、全く似合わない、良作です。

13話も含めて、是非どうぞ、
お薦めです。


以下は、細かい、補足。

航空機は勿論なのですが、
雪の描写も素晴らしい!
私は、雪国生まれの雪国育ちなのですが、
あの、美しく畏ろしい処、思い出します。


本作品、臨場感、緊迫感が堪りません。
翼と崖の距離感など、ハラハラドキドキしてしまいます。


北陸出身の能登さんに岡山の方言を喋らせるなんて、
オエン! 
(↑使い方、合ってます?)


1つだけ、疑問点を、、、
状況に負荷を掛けるものとして、何度か子供が登場しますが、
その描かれ方に違和感が。

確かに色々な子が居るものですが、
多くの場合、下手な大人よりも、
場の雰囲気や殺気に敏感だったりする様に、
私は日頃、感じて居るもので、、、

いぶし銀な作品!

この作品は、特に主人公が特別でもなく、
いきなり希望外の配属先からの始まる
ある意味、どこの世界でも共通する
等身大の葛藤に左右される人間ドラマとも言える作品です。
多分、指導として作中に主人公が言われる言葉は、
少し職種を変えれば、似たこと言われた経験があるはず。
自衛隊の物語ではありますが、戦闘機など目立つ物では無く、
そこに働く「人」と言う物語を見ていただければ幸いです。

見放題が終了する前に視聴しておいて良かった

鬼怒川の堤防決壊で取り残された人々が自衛隊のヘリに救助されるのを見て
この作品の凄さがやっとわかった感じです
見放題が終了する前に視聴しておいて良かったです

救難隊の人々をしっかり描いてある、良作。

救難シーンは、リアルで迫力があります。
救難する側、される側の両方だけでなく
救難隊を取り巻く人々もしっかり描かれている。
同タイトルの実写映画もお勧め。

日常の中の非日常系

一般人には非日常的な自衛官の日常を遭難や海難など、これまた一般人には非日常的な題材を通じて描かれたヒューマンドラマ。
良作です。

大人のアニメ

内容が実に深いアニメだと思いました。

惜しむらくは子供の描き方に難がある点。
3歳児や5歳児が幼く見えないので、見た目と
行動に違和感を感じてしまいました(^^;)

地味に良い作品

救助する側の全てが描かれているとは思いません。
でも、救助する側の方々の苦労の一端は垣間見えます。

感謝の気持ちを持つと同時に、自分が救助される側になった場合
どうすれば救助がスムーズに進むのか、救助隊の関係者に
最小限の御迷惑で済むのか、そのようなことを考えながら観ました。

現場で働いている人々に感謝、です。

絵も綺麗だし、ストーリーも真面目に作られていて、素晴らしいアニメだったと思います。現場で働いている人々への感謝を忘れてはいけませんね。

日陰者達に注目すべき作品

自衛隊とは、普段あまり意識はしない組織であり彼らが表舞台立つという事は
何所かで有事が起きていると思いを馳せる事考えさせてくれる。だが最後の砦と呼ばれる
彼らも人で在るという忘れてはないと考えさせる作品だ。

海外ならこの作品は、実写のドラマで企画が通っただろうが日本ではアニメというより自由な表現媒体だが
それでもアニメという枠に収まらない重厚さを感じさせてくれる。
是非別の基地なりでの続編を見たいと思います。

私も自衛隊さんに感謝

本当に良い作品です。

東日本大震災時に自衛隊の方々にたくさんお世話になったことを思い出さずにはいられなかった。こんな風に様々な苦悩を抱えながら対応してくれていたのだなー、と改めて感じましたね

ぜひ、続編を‼

とてもリアリティーがあって、40代の自分が見ても納得できる内容です。
仕事に対しての考え方を若い主人公と彼女が、お互い別々で、遠距離恋愛ね生活の中で苦悩しながら、やりがいを見つけて行く。そして周りの先輩や仲間達が厳しい言葉を掛けながらもしっかりとサポートしていく。
今、流行りの『萌え』系のアニメを見るより、ぜひ、みんなに見て欲しいと思います。
まだまだ、ストーリーに膨らみがあると思いますので、ぜひ、続編を作って欲しいです。

ネタバレあり

自衛隊の皆さんありがとう!

物語の冒頭で主人公が救護をした少女が亡くなります
助けた人は救われるという幻想がありますよね?
普通のアニメ、マンガでは。
例外もありますが、いわゆる死亡フラグなどで匂わせています。
現実はそんなに甘くない
現実はもっともっと厳しい場面があります。
東日本大震災のときは想像を絶する場面と、それとともに自らの危険の数々もあったと思います。
悔しさも悲しさもそのための努力とか、正直このアニメでさえも比較になっていないでしょう。
「仕事だから」の一言でできることではありません。

私は医療関係者を十数年やっていました。
その期間に震災も何回か経験しました。
それでもこのアニメをみなければ忘れていることでした。
自衛隊の皆さん。
日本を守ってくれてありがとう

ネタバレあり

生きていることの素晴らしさ

第7話「Bright side of Life(後編)」において、熊田を救助するときの白拍子の「生きてる!生きてる!生きてる!」には「生きていることの素晴らしさ」の一言につきるだろう。そこには自衛隊とか、航空とかいうジャンルにとどまらない生への感動がある。

ネタバレあり

よかったです

実写的というか、ドキュメンタリー的というか、じっくりと丹念に描き込まれた作品でした。人物の押さえた描き方が、かえって作品に重みを与えていた感じがします。
救いようのない現実がアニメ的ではないのかもしれませんが、本当の救難現場で起こっている事なのかなと億もいました。良品です。一度見てみて下さい。

男の漫画

人とのすれ違いとか、男の不器用さとかが上手く描かれた作品でした。
すごく良かったです。
涙が自然にあふれてくる場面が多かったです。

全話視聴して

とってもよかったです。

人にもお勧めのできる作品。

誰しも、仕事や恋愛で悩んだこと、あると思います。

理想と現実、その落差に嫌気が差したり、もっと自分に合う環境があるのではと思ったり。

でも、「逃げ」がそこに内在していたら、離れないほうが良い。

5年かかって、ようやく分かった。分かってきた。

しっかりとした、魂の厚さを感じとることのできる内容です。

3Dの映像も、みごとでした。

映像、脚本、声優さんの演技力もかなり本格的で、作品への愛情と大切にされている心が伝わってきます。

嫌でも苦しくても逃げない。

きっと、これこそが人生で唯一成功するルートなのでしょう。

私にも、よみがえる空見られるかな。

ネタバレあり

良作

間違いなくオススメ、見る価値あります。

控えめながらも、ツボを抑えた演出が素晴らしいです。

小松に住んでいるので

小松に単身赴任できています。
小松の町の様子や基地のあり方が、こうやってアニメでわかると 少し小松市の見方が変わった気がします。
いい作品だと思います。ドラマ性があって、じっくり見ることが出来る作品ですね。

派手さはないけど

派手さはなく、奇をてらう感じでもなく。現実味ある地に着いた感じで(でも航空自衛隊w)人間関係も結構しっかり押さえてあって面白かったです。
 惜しむらくは絵柄でのかきわけが・・。ちょっと混同しそうな?w

今必要なこと

流行りばかり追いかけて、良心が失くなった作品が多い昨今。
自分とは違う人達が、他人や社会にどれだけ力を尽くしているか、逃げるのではなく、立ち向かう気概を呼び起こす作品。良作とはかくあるべき。

本当の格好良さ

何も語る必要ないでしょう

良質の作品です

語るに及ばず。

ただ、観るべし。

他の人の言うように

とてもいいアニメだと思います。たしかに、アニメよりドラマ向きかもしれませんが、アニメでも十分だとも思えます。逆にかなり良作だと思います。いまどきの女の子がいっぱい出てくるだけの萌えアニメとかと比べ物になりません。人間の核心をつく物語だと思います。これを見ることができない人は、人間性にもかけてるんじゃないかと思います。

自衛隊の日常物語

自衛隊、消防、警察や医療関係など生命を扱う仕事には相応の責任が生じる。
こういった仕事をしている方々には本当に頭が下がります。

自衛隊の組織というよりも、人間の成長ドラマ

航空自衛隊の救難団のお話だが、自衛隊色(もちろん組織や専門知識があればより楽しめる)がほどほどで、むしろ、「仕事とはなにか」「人生とはなにか」に疑問をもったり、考えたりしたい若者に勧めるドラマ。そういう意味で就職したての若者に見て欲しいと思った。個人的にはもう少し自衛隊の組織や、部隊間のやりとりなどがあればよかったと思う。

良い作品です。

派手なアクションはありませんが、主人公の仕事に対する葛藤、姿勢、周りとの衝突と友情、彼を支える人たちの心など、人間の内面がじわじわと伝わってくるドラマです。
また、作品のディティールもしっかり作りこまれていて、作品にどんどん引き込まれました。

アニメではなくて実写ドラマでゴールデンタイムに出てきてもおかしくない、そう感じられるくらい完成度の高い作品だと思います。(同じ救援ものの海猿もドラマになったことだし。)

地味ながら良作

派手な展開が無く、アニメーションとしての醍醐味には欠けるが、ドラマとしては良作。
人間関係、若者と先達の確執と理解、仕事に対する葛藤、様々な心の動きで視聴者を引き込む力があります。
中高齢者向けwかもしれませんが、静かに力強く物語に引き込む面白みがあります。

正直、実写でもいいんじゃね?と思ったのは内緒だ

☆ 無料動画だけでも一見の価値ありだよ ☆

 無料動画の3話分だけの感想で申し訳ないですが,設定やディティールがリアルに表現されていて面白そうな作品だと思いました。
 無料動画専門(笑)の私が思わず「購入しちゃうかも」と思えた作品です(まだ,購入してませんが…)。

 無料動画だけでも一見の価値があるから,見てみませんか?

見どころ

自分の仕事って何だろう? この職業は自分に合ってるのかな? 社会に出てすぐ、この命題に悩んだ人も多いはず。戦闘機乗りを志望しながら、地味に思えるレスキュー部隊に配属された自衛隊の新人。彼と先輩の関係あるいは恋人との仲を通じ、本作はそうした普遍的な悩みをあぶり出して、あるヒントを示す。綿密な小松基地取材に基づいた現実味あふれる映像と淡々とした語り口が、いつどこで起きるかわからない救難事件の緊張感を盛りあげ、いつしか画面から目が離せなくなる。必見は第6〜7話の前後編。永遠に繰りかえされる「先輩と後輩」の関係から、人生に確実に存在するある側面が鮮やかに浮かびあがる。『ひょっこりひょうたん島』の主題歌を使った音響演出も絶品で、言葉にできない感動が全身を貫くはず。【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

内田一宏

小松救難隊所属の三等空尉。23才。高卒で航空自衛隊に入隊。ファイター志望だったが、ヘリコプター操縦士になってしまう。

長谷川めぐみ

一宏の恋人で22才。一宏とは高校からの付き合い。しっかり者で自立心旺盛。短大卒業後、希望する東京の出版社に就職。

本郷修二郎

小松救難隊UH-60Jパイロット三等空佐で、42才。訓練には厳格だが、自宅に帰れば愛娘を溺愛する優しいパパ。

村上龍之介

小松救難隊長U-125Aパイロット二等空佐で、44才。小松救難隊を率いるレスキューのベテラン。

安田鉄平

小松救難隊UH-60Jフライトエンジニア一等空曹。UH-60Jの飛行中のパイロットサポートなどを担当。沈着冷静。

田中正勝

小松救難隊UH-60Jパイロット二等空尉。若手のパイロットの一人だが、責任感が強く、職務に忠実であろうとする。

広沢徹

小松救難隊飛行班長U-125Aパイロット三等空佐。48才。一見おっとりしているようにも見えるが、かなりのやり手。

西田一美

小松救難隊整備小隊員三等空曹。25才の婦人航空自衛官。UH‐60J/78号機の整備責任者・機付長を務めている。

平田和彦

小松救難隊整備小隊長二等空尉。小松救難隊整備小隊を率いるベテラン整備員。航空機整備については一家言持つ。

二本松大悟

小松救難隊整備小隊員空士長。関西出身の24才。機付長・西田の部下の機付員。気は優しくて力持ち。

黒木淳造

小松救難隊救難員二等空曹の31才。白拍子とのコンビは「白黒コンビ」と呼ばれている。現場では常に的確な判断を下す。

白拍子克己

小松救難隊救難員三等空曹の28才。お調子者の面もあるが、意外に繊細な面もある。メディックとしてはまだまだ新米。

久保功

小松救難隊救難員空曹長で42才。本村とともに幾多の修羅場を潜ってきたベテランメディック。任務に対する姿勢は厳格。

鈴木浩徳

小松救難隊救難員三等空曹。25才。一番若手のメディック。情に厚く、メディックたちの良きムードメーカーである。

小坂隆

第6航空団第303飛行隊F-15Jパイロット三等空尉。23才で一宏とは航空学生の同期。一宏にとって煙たい存在。

本村裕

小松救難隊総括班准尉。元ベテラン救難員で、現在は総括班長を補佐し、隊の総務・庶務関係を取り仕切る。

メカ・ロボット

UH-60J

現在、航空自衛隊で実際に使われている救難ヘリ。高い速度性能と機動性が特徴。一宏が操縦する。

U-125A

航空自衛隊が運用している救難捜索機。UH-60Jヘリコプターと協調して行動する。

F-15J

強力な武装と高度な電子装備を備える、世界トップクラスの能力を有する高性能要撃戦闘機。

スタッフ・キャスト

スタッフ
シリーズ構成・脚本:高山文彦 / 脚本:水上清資 / 監督:桜美かつし / メカニックデザイン:橋本敬史 / キャラクターデザイン:竹内哲也 / 美術監督:徳田俊之 / 音響監督:三間雅文 / 3D-CGI:三次元 / アニメーション制作:J.C.STAFF / 協力:航空自衛隊+航空幕僚監部広報室 / 協力:航空救難団 /

キャスト
内田一宏:宮崎一成 / 長谷川めぐみ:能登麻美子 / 本郷修二郎:石塚運昇 / 村上龍之介:星野充昭 / 安田鉄平:小室正幸 / 田中正勝:石井英明 / 広沢徹:ヰズミ / 西田一美:笠原留美 / 平田和彦:伊井篤史 / 二本松大悟:小野坂昌也 / 黒木淳造:小山力也 / 白拍子克己:西 凛太朗 / 久保功:古澤 徹 / 鈴木浩徳:喜安浩平 / 小坂隆:志村知幸 / 本村裕:飯塚昭三 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}