動画が再生できない場合はこちら

ヒロイック・エイジ

176

1

1

2

3

31

遥かな時代―
少年との出会いが宇宙の運命を変えてゆく―

「黄金の種族」の呼びかけに各種族は応え、宇宙への進出を果たした。最後に進出を果たした人類は「鉄の種族」と呼ばれた。その後、遥かな時が流れた時代、人類はより強大な種族である「銀の種族」らの脅威にさらされ、存亡の危機を迎えた。王女ディアネイラは人類存続をかけ、王家に代々伝わる「黄金の種族」からの予言をもとに、遥かなる銀河へ旅立つ。そして、一人の少年と出会った。少年の名はエイジ。王女と少年の出会いが宇宙に大きな運命の変転をもたらしてゆく…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)XEBEC・アルゴノートクルー

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(38件)

名作だ!

「なっ、………なっんじゃこりゃぁぁぁぁぁぁあああああああああAAAAAAAAAAAAAAAAA!!」

面白い!

面白いったら、面白い!!

こ、こんなに面白いアニメが・・・・

すたぁうぉーずも真っ青な大スケールで展開する純粋系銀河の妖精様ラブストーリー大作があったなんてぇぇぇぇぇぇぇぇぇl!!!

やらかした!損した!見逃してた!!

丁っ!!このやろぉーーーーーーーー、すげぇじゃねぇかあぁああああああ!

面白いぞ!
この作品は、とんでもなく面白いぞぉぉぉぉー。

ツボルターキャノン!!!
ハートを撃ち抜かれたぜ!

とりあえず、すたー○レック行ける奴OK。

すたーゲイと、イケる奴もOK!!

すたーうぉず行っちゃう奴もたぶんOK。


今まで見てなかった俺は損してるぜ!間違いなく。


くっ、やらせはせん、やらせはせんぞぉ。たった一体の英雄スーツにうちの姫様はやらせ…orz

ネタバレあり

SF風味の神話

宇宙が舞台のSF風味の神話、もの凄く壮大です
ただ、ギリシャ神話からの流用がちょっと多く、元ネタがわかりやすいのが気になりました
神話の雰囲気を出すためにワザとなんでしょうか?
あと、エイジがお父さんによって超人として完成しており
ヒロインのディアネイラも完全無欠気味で物足りない気がしました
けど、神話ですからねぇ
代わりにディアネイラのお兄さん達がバランスを取るためにああいうふうになってるのかなと

お勧め度3か4かで悩みましたが、壮大さでお勧め度4とします

とある種族の扱いが不当すぎる

話は大変おもしろく、壮大かつよく出来てる

そう、否定するわけじゃないですが、
青銅の種族が最後まで扱いが不当すぎる

人類より先に、呼びかけに応じたにも関わらず
専属の英雄はいないし、
出てきたらただのやられメカ扱いだし・・・

虫=敵っぽいって発想だけで、
設定されているような気がして
そこが気になって非常に残念

一コマでもいいから、
呼びかけに応じた最初の種族として
対等に扱われてるシーンがあれば、
5評価だったんですけどね

重ね重ね、青銅の種族以外は、
かなりの良作でしたよ

ネタバレあり

ハリウッドスケールの良作!

26話一気に見てしまいました。

深夜放映だったせいか
放送当時は話題になりませんでしたが
最近のアニメにないハリウッドSF張りの
壮大なスケールで話もきれいにまとまってます。

音楽もアートワークも素晴らしい!
惑星エリュシオンのCG描写は圧巻です。

深夜アニメにありがちな変なエロ要素や
残酷なシーンも皆無のため
お子さんにも安心して見せられます。

ホントに放送局がNHK教育じゃなかったのが
不思議なくらいの良質アニメ。

できれば映画化してたくさんの人たちに見てほしい
そんな作品です。

壮大すぎる・・・

 視聴しだした当初は、ドラクエみたいに勇者が仲間を集めて魔王を倒しに往く的な話なのかなと思っていたのですが、そのレベルをはるかにブッチギリで超越して物語が展開していったのでとても驚きました。なるほど、各コメントの「神話みたい」というのはこの事だったのかと納得した次第であります。
 エイジをはじめとしたノドスの超絶な力や、ディアネイラの宇宙全てを見通すほどの超能力などの要素、最後にはすごい大団円を迎えたので、他のアニメ作品とは一線を画していると言わざるを得ないと思います。恋愛要素なんかもあるにはあるんですけど物語自体がホントに神話クラスなので、感動や素晴らしいという感想よりも壮大すぎるという印象しか湧いてきませんでしたw
 そのため、おすすめ度数は3にしてみました。正直、見る人を選ぶ作品です。

なんて美しい神話

 なんて美しい神話、壮大なスペースオペラ、そして可憐な恋物語。
エイジの純真とディアネイラ姫様の一途な思いに心を鷲づかみにされてしまったら、もうそれだけで見る価値ありです。
 そして、あくまで参考までにですが、ギリシア神話でいろんな名前おさえておくといろいろ考察できて、壮大さを味わえるので二度美味しいかもです。

ネタバレあり

泣きたいですか?

すべては、ラストのラストへの道しるべ、
最近泣けてますか?
ラストのシーンでの、お約束過ぎるお約束の結末。
いいんです!それがいいんです!
ストーリー的に好き嫌いはあるとは思いますが、
どうか、さいごまで御鑑賞ください!

これは神話です。

淡々と語られていく物語、何度見ても飽きを感じさせないことを不思議に思っていましたが、これが神々の英雄譚と考えるとしっくりきました。ギリシャ神話ベースですが、北欧神話のサーガと呼ぶべきかも知れません。

見るべき作品

物語は、まさにスペースオペラの王道で07年に放映され作品の中でも全編を通して特に好きな作品。
前半のエイジの孤独からの脱却そして戦火の中へという物語も丁寧に画が書かれている。
後半からのヒロインのディアネイラへのシフト巧く彼女が力強く成長していくのも微笑ましく見れる。
周りのキャラクターも魅力的でグイグイと物語へと引っ張られる。
ただ欠点も無いわけではない。CGの2D・3Dでの融合が甘くアルゴノートやオーガンなどには
少し違和感を覚える箇所もある。
それでも1クール目ラスト付近からの盛り上がりは興奮を覚えていく。
ファフナー同様に、続編なりスピンアウト作品を見てみたい作品です。

ネタバレあり

王道のスペースオペラ

超の文字をいくつ付ければ良いのか判らないほどの
超絶した力の持ち主が主人公です。
初回ですぐに「みどころ」のいう
”荒唐無稽”の意味が判明します。

なかなか雰囲気や感じの良い主人公で、
どんどん戦友たちや関係者たちに
慕われるようになっていきます。
この点はとても良かったです。
(私は、特に”絵”の処などが、好き。)

その一方、
宇宙戦艦、機動兵器は沢山出てきますし、
宇宙艦隊も描かれますが、
「みどころ」を読んで一番期待していた
戦争シーンは満足のいくものは皆無でした。

描かれるのは
専ら主人公の繰り広げる超絶戦闘シーンのみです。
これが延々と、延々と続きます。
戦艦その他の兵器はただの飾りです。
本質はラブコメです。

”SF”のコメントの多さに戸惑うのですが、
今はスペースオペラとSFの区別が
昔と違い曖昧になって来ているのですね。
アルゴノートは進化した涙滴型宇宙船です。

眠くなる

毎回毎回盛り上がりが用意されていて飽きない、と思いきや途中で眠たくなってくるスペースオペラ?作品。
1話ごと張っているのはわかるのだがその反面全体の物語としての盛り上がりがわかりにくく連続視聴するとおいしい食事もずっと食べていれば飽きてくるといった飽きに襲われる。
オペラ調ともいえる時代じみた話方や壮大すぎる設定、キャラ顔のドアップが主体のカメラの移り方もそれを助長している。

逆にいえば1話ごとは見ごたえがあるのでゆっくり期間をあけて視聴するのはいいだろう。

アルゴノートがカッコイイ!!

主人公のエイジのベルクロスの力も凄いけど、
やっぱりSFと言えば戦艦なんでアルゴノートみたいな船が未来に作られる事を祈ります☆

素晴らしい王道物語

TV放送時に途中から見逃していたため、改めて最初から通してみました。
1話1話惹きつける内容と、なによりもSFとしての世界観を壮大にする音楽がとても良かったです。
終盤でダレてしまう事もなく、最後の最後まで本当に素晴らしいアニメでした。
この作品に出会えてよかったと、心から思えました。

この作品に出会えてよかった

製作に携わられた方々に、感謝いたします。
後編ができるものならば、是非見たい作品でした。

DVDも持っているが今のアニメに無い良さが

この作品を知ったのが3~4年前位か?リアルタイムじゃ無かったが嵌った作品です。
冲方さんの特徴も出ている感じもします。 私の中では好きなアニメベスト10に入りますね。
2000年以降の作品ではベスト5に入るかも?
久々に見させていただきました。

最高!!

見てびっくり、こんなアニメがあったなんて。
映画を見ているような気持ちになりました。
映像もストーリーも良く、あっという間に見終えてしまいました。
SF好きな方にはたまらない作品だと思います。
ぜひ見てください。

アニメ史上最高のカリスマ王女、だが一人の少女

どんな困難にもその高い精神感応力に穏やかな叡智、そして毅然とした決断力でついに黄金の種族の秘密にたどり着いたディアネイラ。
しかし、物語当初にはその感応力ゆえに男性を遠ざけ、エイジが自分を選んでくれなかったと涙し、何度も絶望的な場面でエイジの言葉を頼りに道を突き進む少女の肩は本当はあまりにも小さいものではないか。
最終話、子供のように泣きながら走るその姿はただ一人の前でこそ少女に戻れるのだとわかる本当に素晴らしい名シーン、BGMの歌の演出も憎らしいほどいい。
これから見る人、もしくは見た人でも少女ディアネイラを決して聖人でも超人でもないということを頭に入れて欲しい

ネタバレあり

宝作

ここに最高のSFがある。

爽快!

他の方々も仰っておられる通り、余韻の残る綺麗な話の締め方で心の奥が震えました。

ネタバレあり

なんと言っていいのか・・・

こんなすばらしいアニメを見逃していたとは本当
見れてよかった 心を駆け抜けるように最後まで堪能できました

最後まで飽きさせない全ての話が一瞬で終わるようでした
本当有り難う御座いました。

久しぶりに見ましたが…。

やっぱりいいですね。リアルタイムで見て再度視聴しましたが、面白いです。

スケールの大きな世界観、ご都合主義などと言われるかもしれませんが王道で綺麗なストーリーはなかなか見応えがあります。

もっと評価されてもいいですね。

脚本 冲方丁

攻殻機動隊ARISEや天地明察の冲方丁さんが脚本です。カワイイ絵柄とタイトルに騙され長らく見ないままであったことが悔しくなりました。
SFメカの設定が素晴らしく艦隊戦闘シーンなどは迫力があります。また艦長や中将の会話は銀河英雄伝説のように骨太でもあります。
しかし話の源泉は冒険譚でありそれは重層的にそれぞれのキャラのものから種族、宇宙と広がっていきます。そして冒険を目指す心の力についてそれぞれ考えさせられることでしょう。
さらっと観ても面白いしSF的に細かく観ても、文学的に筋を深読みしても面白いと思います。
私は一気に最後まで見てしまいましたが、大河ドラマとしてゆっくり考えながら観ることをお勧めします。

最初から最後まで

楽しかった。

26話あって、グダグダする場面もあると思いきや、スムーズに見れました。

続編希望!

3回くらい見ましたが、やはり面白い!

出来ればもう1話増やして、再会後を見たかった。

続編で、扉をくぐった後を見たかった。

同時期にやっていた他の作品が強かったようですが(グレンラガンなど)、見劣りしていないと言うか、こちらの方が面白かった!

ネタバレあり

抜群の世界観


十二国記、精霊の守り人、ファントム、ヒロイック・エイジは独特の世界観があり引きこまれます!
ヒロイック・エイジは爽快な気持ちで見終わる事ができます!
あまりお勧めしたくないです。いい作品は教えたくありません!

一度見て下さい。

良い❤

感動でした

とても美しい素晴らしい作品でした。
この作品自体は、以前から知っていましたが
こんなに面白い物語だったとは・・・。
話がだれることもぶれることもなく
道をまっすぐ進んだ素晴らしい作品です。
感動しました。

良いと思う。

王道ではありますが、良い所がたくさんある作品だとおもいます。
今までに無いくらいの力強いヒロイン。
最高に綺麗な終わり方。
そして、SF的にも高い内容だと思います。

ネタバレあり

素晴らしい作品

今までで一番好きな作品
一見、可愛らしい絵に反して、内容はきっちり構成された骨太のSF
いつまでも心に残り、続編を望んでしまう作品

最高に美しい終わり方

キャラクターがやや薄い感じがあるが、この作品より美しい終わり方のものは観たことない。音楽も優良。

是非とも発展してほしい作品!もう一度世に出すべき良設定、物語!

何度見てもやはり良い!そのストーリーは、見れば見るほど引き込まれていきます。皇女と勇者が英雄となる様を見せ付ける、爽快感のある優れた物語。
設定倒れでつまらない変に捻りすぎた駄作やイマイチ作品が多い昨今ですが、単純にハマって魅入ってしまえる感動のSFファンタジー作品。続編もそうですが、もっと色々と展開してほしい作品です。
全ての線は感動の最終話へと続きますが、更なるクオリティでの続編など、出て保身ですけどねぇ・・・。

今現在放映中の半端な作品「機動戦士AGE」・・・、同じ「エイジ」でもここまで違う良い作品なのに、今のところ展開の予定が時にないのが残念です。

感動をしたいひとは、全てを見る事をお勧めします。

全く新しく、そして王道の英雄物語

近年多くの漫画、アニメが時代が求めるヒーロー像を模索し試行錯誤を繰り返す中、
この作品もまたそのあり方を提示、そして成功している。
知り得る限り、ここ10年で最高の英雄譚。

最高傑作!!

何周したかわかりません!!何度みても燃えます!!ヒロインと主人公がとても魅力的な作品です!!
これは続編ほしいです!

この作品があってうれしかった。

驚きと感動です。
設定が大きすぎるのではと冷静に見れていたのは、わずかな時間。
キャラクターの表情や仕草はきれいで、宇宙も星も大地も壮大で、
戦闘シーンは、とてもアクティブで悲しくて、
全体を通しての音楽や音は、感情を作品の中に自然に引き込んでくれました。
そして何より根本を成すストーリーは大胆で緻密。
本当に「すばらしい」。
この作品があってうれしかった。

とにかく いい!!

 “救世主の力”かと思いきや、最後に明かされる本当の“力”の意味は、いい意味で予想を裏切ってくれました。“矛盾した契約”も本当は全く矛盾していないなんて……初めからわかってたんですね。
 プラトニックな恋愛物語としても、楽しめました。

ネタバレあり

良作

初コメント。
というかコメントを書きたくなるほどの良作。

キャストは錚々たるメンバーでキャラクター達が映えている。
主人公だけではなく各キャラクター達にも出番が多々あり見ていて飽きない。
個人的にイオラオスNo.1。

ストーリーの流れが心地良く、いつの間にか見ハマってた自分がいた。
挿入歌(ED)はヒロインのために作られた曲?と思うくらい歌い手の気持ちが伝わった。

今までこの作品を知らなかった自分が恥ずかしい。
最終話では感動で涙腺が崩壊しかけた。歳を取るといかんね…。

平和

平和と愛を感じた。
自分の存在、存在意義そして感情ホントにちっぽけに感じた。
地球破壊はいけない。その素晴らしさが感じるアニメだと思う。
大絶賛です。

ヒロイック・エイジ

広大な宇宙をベースに繰り広げられるている物語です。

展開される話には、戦闘的な要素や、恋物語的な要素もあり楽しみ方は色々です。

ちょっと、最後はロマンチックなラブストーリーでの終わり方ですが、

その後の続きをそれぞれが想像して楽しむことの出来るお話しです。

ネタバレあり
見どころ

遙かな未来、他種族との遭遇により滅亡の危機に瀕した人類が見つけ出した最後の希望は超絶的な力を宿したひとりの少年だった。なんといっても宇宙創生にまでさかのぼる壮大にして緻密な世界観が圧巻。全編を通じてSFとしてのこだわりを感じさせる描写があり、それだけでも充分に楽しむことが出来る。SF的な仕掛けを凝らした宇宙戦艦や機動兵器が飛び交うリアルな戦闘と同時に展開する、荒唐無稽な力を見せるノドスの戦闘シーンはこれまでにない映像体験だ。また、圧倒的な存在であるノドスを味方にすることで、とまどうサブキャラたちの心情や、敵の種族の様子なども丁寧に描かれており、群像劇としても完成度は高い。(アニメライター 川田鉄男)

キャラクター

エイジ

未知の惑星オロンで発見された少年。純粋な心を持つ。

ディアネイラ

惑星国家の王女。人類存続のため、宇宙船「アルゴノート」で宇宙に出る。

イオラオス

ディアネイラ配下の騎士団長。

アネーシャ

ディアネイラに仕える侍女。

モビード

アルゴノートの艦長。

テイル

ディアネイラに仕える侍女。メイルと双子。

メイル

ディアネイラに仕える侍女。テイルと双子。

パエトー・オー

「銀の種族」の男。

メカ・ロボット

アルゴノート

ディアネイラたちが乗船している超大型の宇宙戦闘母艦。絶滅の危機に瀕した人類を救うという伝説の救世主を探し出し、連れ帰るという旅を続けている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:XEBEC / 企画:大月俊倫+下地志直 / プロデューサー:中西 豪+千野孝敏 / ストーリー原案・シリーズ構成:冲方 丁 / キャラクターデザイン:平井久司 / メカニックコンセプトデザイン:久我嘉輝 / メカニックデザイン:大塚 健+鷲尾直広 / 美術監督:小濱俊裕 / 3DCGディレクター:八木寛文 / 撮影監督:青木 隆 / 編集:関 一彦 / 音楽:佐藤直紀 / 音響監督:たなかかずや / 音楽制作:スターチャイルドレコード / 音楽協力:テレビ東京ミュージック / ビジュアルワークス:羽原信義+前田明寿 / 総監督:能戸 隆 / 監督:鈴木利正 / アニメーション制作:XEBEC / 製作委員会:アルゴノートクルー /

キャスト
エイジ:矢崎 広 / ディアネイラ:石川由依 / イオラオス:近藤 隆 / アネーシャ:清水香里 / モビード:松山タカシ / テイル:田村ゆかり / メイル:釘宮理恵 / ビー:新井里美 / パエトー・オー:藤田圭宣 / ロム・ロー:千葉進歩 / プロメ・オー:佐藤利奈 / ユティ・ラー:小清水亜美 / カルキノス・ルーカン:加藤将之 / メヒタカ・ポレ:鈴木千尋 / レクティ・レクゥ:沢城みゆき / ニルバール:ゆかな / メレアグロス:岸尾だいすけ / アタランテス:吉野裕行 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}