動画が再生できない場合はこちら

機動戦士ガンダム MSイグルー −黙示録0079−

39

0

0

0

1

7

フル3DCGで描かれる1年戦争の真実。
第603技術試験隊の新たな任務とは…!?

フル3DCGで制作された「MSイグルー」シリーズの第二弾。宇宙世紀0079年。後に“1年戦争”と呼ばれるジオン独立戦争において、ジオン公国は新兵器・新型機を矢継ぎ早に戦場へと投入。その新兵器等を実用試験する部隊が存在した。その部隊の名は、「第603技術試験隊」。ジオン軍の敗色が濃厚となっていく中、ア・バオア・クーで第603技術試験隊の最後の戦いが始まる…!!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

初代ガンダム

本編よりも
こちらの方が 高揚しながらの 視聴と相成なりました。

非常に面白かったです。
しかしその様な書き表し方は、本来すべきことではないのかも知れません。

ジーク・ジオン!

とにかく燃える展開だった!これは見て欲しい!

暑苦しいけど重みがある

最初はCGを敬遠していたが慣れればほとんど問題なし。
登場人物が生き生きしている。
セリフや展開にいちいち疑問を感じてつまずくような事は少ないかも。
雇われ社会人ならなおのことグッと感情移入もし易いのでは。

CGで動くガンプラ達

どうみてもガンプラ大好きアニメーターの作品である。
プラモデルを作りながら、ガンダムの世界を空想して楽しんでいたからこそ出来上がった作品。
ファーストガンダムのサイドストーリーとしても秀作で、見ごたえがあります。
こういった作品こそ、世に送り出して欲しいのだが、今のところ、出てこないようです。
監督は、今を時めく今西監督であります。良い作品を送り出してるなぁ・・・と感謝感謝。
イグルーシリーズは、たまに見たくなります。マニアック過ぎず、子供向けにもなっていない所が好きです。ガンダムの深い世界を、どっぷりと浸かって堪能できますし。
ぜひとも、また作ってほしいシリーズです。

意外と

史実でジオンが敗戦したため、これらの兵器は陽の目をみませんでしたが、ゲームではけっこう活躍しています。
ヅダ、オッゴ、ヒルドルフは絆でも使う人が多い機体です。
ヅダは低コストながら、高機動。
オッゴは低コストで豊富な武装と高いジャンプ性能。
ヒルドルフは変形と豊富な武装と角度固定など。
作品での無念を、ゲームで晴らしましょうw

萌系はおなかいっぱい

な人向け。CGがちょっとキモいがなれるから。仕事してる人なら「ジ~~ン。」と、きます。

負け犬讃歌 その2

一年戦争をジオン側の観点から観た作品です。

相変わらずジオンの衰退ぶりを示すパイロット
・兵器揃いです。

しかし、最終話ではビグ・ラングがラスボス
よろしく大活躍します。

この一連の作品群観て宇宙世紀に、
もうガンダムは要らない。手かせ足かせが取れ
自由な作品が創れると痛感した。

漫画ではあと何作品かあったような気が…。
(注)重力戦線ではない。あれはオカルトっぽい。

ネタバレあり

迫力がすごい

とにかく戦闘シーンの迫力がすごいです。何度見てもため息が出てしまいます。

見どころ

監督:今西隆志。「1年戦争秘録」に続くジオン公国の試作兵器をめぐる男たちの物語、その第2期シリーズ。イグルーとは「武器庫」を意味する。第603技術試験隊は過酷な任務を通じ、新兵器に賭ける魂の輝きを見つめる。いよいよ戦いは宇宙へ。南米から宇宙へ射出された連邦軍艦艇を迎撃する《モビルダイバーシステム》、宇宙要塞ア・バオア・クーを守備する年少兵たちの駆逐モビルポッド《オッゴ》、その補給母体となるモビルアーマー《ビグ・ラング》など、1年戦争も末期に近づき、戦いはいよいよ苛烈となっていく。ファーストガンダムとは攻防戦のカメラ視点を変え、濃密なるフルCG映像を駆使して描き出す必見のガンダム映像である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

オリヴァー・マイ技術中尉

純粋さを持つ青年技術者。大学卒業後、技術情報科の技術士官として1年戦争の開戦3ヶ月前に任官。第603技術試験隊に配属された試作兵器の技術評価試験を行うと共に、試作兵器にまつわる人間たちと関わっていく。

モニク・キャディラック特務大尉

ギレン総帥直属の総帥府に属するエリート女性士官。第603技術試験隊には新兵器の実験成果を見届ける「お目付役」として派遣された。そのために艦内で自分が嫌われていることを理解しつつ、任務を遂行していく。

マルティン・プロホノウ艦長

第603技術試験隊の艦長。ヨーツンヘイムが民間連絡貨客船だった頃から船長を務め、船が軍に徴用されたことで艦長となった。軍人ではなく軍属で、階級は中佐相当官。艦の安全を第一に考え、状況に応じた冷静な判断を下す。

メカ・ロボット

試験支援艦 ヨーツンヘイム

第603技術試験隊が座乗するジオン軍の試験支援艦。元々は、サイド間を運行する連絡貨客船であったが、1年戦争開戦半年前に徴用され、最低限の改修を施されて就役した。

ゼーゴック

水中用モビルスーツ「ズゴック」を改装したもの。L.W.C.(大量兵器輸送用コンテナ)をコントロールするために使われる。L.W.C.と合わせてモビルダイバーシステムという。

MP-02A 駆逐モビルポッド オッゴ

ジオン軍の戦況の悪化に伴い開発した機体。ザク・マシンガンなど既成の武装を利用し緊急量産された。ア・バオア・クーの最終決戦で、ヨーツンヘイムに配備され実戦に投入された。

MA-05Ad ビグ・ラング

中核ユニットに「MA-05ビグロ(MIP社製)」を採用し構成された巨大モビルアーマー。型式番号の「Ad」は「Ammunition Depot」(弾装補給廠)を意味する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇+富野由悠季 / (『機動戦士ガンダム』より): / 監督:今西隆志 / 脚本:大熊朝秀+大野木 寛 / 演出:松田剛吏 / ベースメカニカルデザイン:大河原邦男 / スーパーバイザー:出渕 裕 / デザインワークス:出渕 裕+カトキ ハジメ+荒牧伸志 /         :山根公利+藤岡建機 / 設定考証:永瀬 唯 / CGスーパーバイザー:小畑正好 / 音響監督:藤野良義 / 音楽プロデューサー:野崎圭一+真野 昇 / 音楽:大橋 恵 / プロデューサー:井上幸一+今西隆志+久保 聡 / 製作協力:バンダイビジュアル / 企画・製作:サンライズ /

キャスト
オリヴァー・マイ技術中尉:石川英郎 / モニク・キャディラック特務大尉:長沢美樹 / マルティン・プロホノウ艦長:飯塚昭三 / アルベルト・シャハト少将:大木民夫 / エーリッヒ・クリューガー副長:松本 大 / ヒデト・ワシヤ中尉:福山 潤 / ジーン・ザビエル2等航海士:高橋美佳子 / ドメニコ・マルケス2等航海士:志賀克也 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}