動画が再生できない場合はこちら

鴉 -KARAS-

137

0

1

2

6

21

黒い光、帝都を舞う――

夕闇が迫り、夜が訪れると、人々は明かりを灯し闇を退ける。そこに、何か恐ろしいものが潜んでいることを知っているから。若者は夢と希望を胸に上京し、ある者は夢破れこの街を去り、またある者は故郷を捨て、永住の地とする。国家機能の中枢であり、全ての情報の源たる東京。また利便性を追求するあまり、悪しき住環境を生み、快楽を追求するあまり、犯罪を生みつづける巨大都市。これは果たしてその主たる人間の望んだ姿なのだろうか? 国家・企業・家庭…、<個>としての意思は悪徳。少子化問題は、生物の最大目的<種の保存>を放棄したことを意味する。では生物としての人間の存在理由とは何か? 人間が歩む人生とは、様々な分岐を経た結果、<選ばれた未来>である。その選択に直面した時に、人間は如何に進むべき道を決定するのか? 人間は本当に、自らの意思で<選択>を行うことができているのだろうか?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(30件)

タツノコプロの唯一無二の作品

元祖ガッチャマンやヤッターマンで有名なタツノコプロの作品
タツノコプロの得意な、メカ系ヒーローものがフルに活かされている作品。
2016年に見ましたが、アニメ枠の少ない2005年にこのような良作が製作されて
いたことに驚きです。
さすが、タツノコプロ!
ヒーロー+アクション系のアニメが好きな方にはオススメです。

抜群のかっこよさ!

 さすがのタツノコプロ、ダークヒーロー物を製作させたら天下一品です!
 最初の方が実に取っつきにくく(笑)、よく分からん展開だな~と感じたんですけど、中盤からは怒涛の勢いで話が進みます。最後まで見てもう一回最初から見ると、話も内容もより分かるんじゃないでしょうか。
 人間と街と妖怪、三者三様の共依存関係が実に業の深い話で繰り広げられていて、深いな~と感じました。リアル現実でも神社を蔑ろに扱うようになったら、人類は精神的に終わりなんじゃないかと思いましたね。仏閣は・・まぁ人間が作った宗教ですしねw自然から受ける印象から出発した精霊信仰系の神とは全く異なるモノですしwそういうことも考えつつ、アクションも凄く引き付けられました。鴉が人間形態だけでなく、空中戦を繰り広げるために相応しい姿になったのは斬新でした。
 コメント冒頭の記述理由により度数は4にしましたが、ぜひ視聴をお勧めしたい作品です^^

タツノコらしさか・・・

随所にタツノコっぽさを感じました。
既稿にもありましたが、ポリマーやフレンダー的な感じや、
戦闘シーンの影の感じ、瞳の表現、劇画タッチのキャラクター。
色々楽しませて頂きました。
あと、ロゴ的なトコロもタツノコ満載でしたね。
そんなところから別コメにも『dvd特典見て』的なのがあったので
見ようと思います。
ストーリー的には短い中で上手だなと思いました。
妖怪、八百万の神、この系統はアニメーションにはとても考えさせられます。
個人的にまた良いきっかけをアニメから頂いた気持です。



いやもう最高!!

鴉と言う役どころがとても魅力的!武装モードだけでなく、ドライブ・フライトなど変形があるのも凄いワクワクするリアルでスリリングな戦闘シーンを生み出すことが出来ていて、見ていて飽きません!!
加えて、ゆりねと言え存在が猫で表現され、ひとつの土地にゆりねがひとりであり、よって鴉も一人となっていますが、これは、猫が土地につく所から来てるのかにぁと勝手に思ってます(笑)
また、オトハとエコーの戦いの時には各土地の鴉とゆりねが見物していると言うのも、なんだか、新宿という土地で長く存在していたエコーへの動向の注目度が現れているかなと。
加えて、主人公のオトハは、生まれた時から痛みを感じないという設定から腐敗した土地を蘇らせる様な底しれない力とまた深みにハマってしまいそうな危うさを持ったキャラクターでアニメの世界観を引き立てていった感じがありますね☆
これは一見の価値ありです!
個人的にはヌエ最高です!!ざんすよ。

ネタバレあり

カッコいい!

映像がとにかく綺麗。ストーリーに関して賛否があるようですが個人的には妖怪を織り交ぜた内容に満足しているし、日本ならではの神話などにも好感度大。確かにもう少し話数があっても良いような気もしますが無駄に話数だけあるツマらないアニメより惜しまれるこういった作品の方が断然素晴らしい。注文があるとすればキャラクターの中の雨降り小僧が可愛すぎて登場場面を増やして他しかったくらいでしょうか。

タツノコプロと言えば・・・

 ガッチャマン、テッカマン、キャシャーンなど、タツノコプロと言えば変身メカですよね。中でも自身が変身する破裏拳ポリマーにこの「鴉」は似ているような・・・拳と刀は違うけど。スピード感あるアクション面白かったです。

特撮ファンにもおすすめ

ダークな世界観とある種ベタな変身ヒーロー、いわゆる平成ライダーに近い流れを感じる作品です。
アクションはさすがのタツノコプロといったところ、かなりカッコイイです。

ちょっと説明不足かなってとこもありますが、そこは御愛嬌か。

牙狼のある種プロトタイプとも言えるかもしれません

高濃度の映像で確立された世界観

ダークかつスタイリッシュでありながら、神道などの日本古来の文化を取り入れたビジュアルイメージが今作の最大の特徴でしょう。
甲冑を思わせる鴉のデザインとスピード感のある戦闘シーン、ブレードランナー的な雑多さも感じられる街並みの雰囲気、アメリカ製アニメを思わせる独特のキャラデザと、総合的なイメージの確立に関しては一級品。

セル画によるアニメーション部分とCGによる鴉らとのマッチングは弱いですが、そのぶん鴉のモデリングはかなり細かく作りこまれていて、独特の質感と動きはしっかりと作品の雰囲気に合っています。

ストーリーは正直にいって尺不足が目立ちます。エコロジストのような文明批判的メッセージも全然生きてませんし、キャラも全体的に描写不足ですが、“物語”として最低限の事柄は描けているかと。
映像だよりの作品ですが、これはこれで面白い。

古い

昭和な匂いのする作品ですねぇ
画像は美麗ですがそちらに頼りすぎて構成が軽い様な…

お勧めはしません

一個人の独断と偏見ですので
楽しめる方も必ずいると思います。

懐かしい。

面白い。無くした物を思い出させる作品。

面白いと思った方は・・・

面白いと思った方は、是非DVDもご鑑賞ください。
監督や作画陣、3DCG監督など裏方のオーディオコメンタリーが聞けます。

そのうえで何度も見ると違った発見があり、
そして見た友達と話すとまた見たくなる作品だと思います。
是非友人にも紹介ください。

おもしろかったが

例えというか、なんというか
バットマンのカラス版みたいな?(笑)
パクリ要素を訴えるわけでも、けなしているわけでもありませんが
もう少し、内容を濃く見せてもらえればよかったかなと…。
6話では少し物足りなく感じましたが、映画と思えば
というか映画のようで面白く見れましたが…って感じです。

循環するもの

実は登場人物それぞれのドラマがあるが、全6話しかない作品中ではほとんど説明されない。
だが小出しにされている分、そのドラマ部分は余計に印象的だ。
善悪や救いはなく街の中で生きるものそれぞれが、それぞれの理由を持っている。
作品は人間と鴉の視点から描かれているが、妖怪と廻向の視点からでも面白かったかもしれないと思う。
妖怪、鴉、人。大掛かりなハッピーエンドではない、ささやかな日々に戻っていくすべてのものを街が生かす。

キャラクターなど詳しく知りたいと思う方は公式サイトと初回版DVDがお勧め。
前者は辞典、後者は絵コンテ集と台本で補完できる。

ネタバレあり

超ベタの塊

なんというかもう、よく見るとベタなネタだけでできている。
それにてんこ盛りのデザインが載っている。そんな感じ。

しかしベタなおかげか、ものすごく何も説明してくれないのに、一定の感動がある。
これは計算だろうか?

アクションは非常にかっこいい感じだが、フレームレートと明度の問題か、何が起きてるかいまいちわからないところが多かった。なので見る側としては想像力でカバーしながら見ていた。

ネタをつなげてるだけで、ほとんど意味不明な話だが、最終2話の人間の頑張りがちょっと胸を熱くさせる。
そこにいくまでが視聴者置いてけぼりで盛り上がらず、ちょっと退屈だったのが残念。

まあ、なかなかよろしいんですが、実質3時間の急ぎすぎの作品。もうすこし長く作れなかったものか?

根幹にあるものを知るとさらに面白いかも?

TIGER&BUNNYのさとうけいいち監督の作品という縁で、観ました。

1話目は、正直「ワケワカラン」!!
お話が実際に動き出すのは、2話以降という印象です。
なので、1話で挫けた方は、2〜3話まで観てみてくださいませ。
(ただし、グロテスクなシーンや虫などが苦手な方には不向き)
物語が進むに連れ、1話の意味が理解出来るようになってきます。
ラストは、それなりに救いのあるものだと、個人的には感じました。

ちなみに、この作品には、様々なモチーフが登場します。
独特の世界観は、こちら(公式)で補完されてます→ 鴉辞典 http://bit.ly/12AM7e1
私は、作品を観ている最中は、ゆりねの祝詞くらいしか気づかなかったです^^;
作品を身終えた方も、一読すると新しい発見があるかも?
(わからない単語が出て来たら、「Google検索」!
ヒントとしては、陰陽道、神道といったところでしょうか)

ネタバレあり

GAROに似てる

皆が大絶賛するほどの面白さではなかったかなぁ・・・。戦闘シーンがかっこいいって言ってる人がいるけど、早すぎて正直訳わかんなかったし。あとキャラクターが人物の名前を言わなくて誰が誰だかわかりにくかった。でも特撮の影響を受けてるのかな。そのへんの王道は貫いてますね。(主人公の力が途中失われ、最後に覚醒するとか)最近のつまらない特撮よりかは充分楽しめます。

ネタバレあり

CGと2Dの落差が気になる

2Dアニメと、3DCGを合わせるという手法は昨今、めずらしくもありませんが
自分的には、その手の映像は好みです

ですが、この鴉を見て、
〝CGのクオリティーによる〟と痛感させられました

戦闘シーンは基本的にキャラクターがCG化するのですが
静止画としては格好よくとも、動きが異様にぎこちないです
雑なCGバトルを見せられてる印象しかありません

背景がCG、人物が2Dアニメといった場面でも
キャラクターの動きと、背景の動きにすごい和感があります

攻殻機動隊の続編、イノセンスが2004年に公開され、この作品は翌年の作品
ということはこの作風。技術的には可能なのに、制作費の関係でがっかりCGになってしまったのだと推測できます

問題はこのクオリティーのCGならば、全編2Dアニメで描けばよかったんじゃないの?
という点。

とにかく2Dと3Dが一体化とは程遠いレベルで、集中できません

戦闘すごい

戦闘シーンがかっこいいです。
シナリオも面白くて、文句なしです。
完成された作品ではありますが、別の鴉の話とかでアナザー作品作っても面白いなと思える作品です。
孤高のHEROモノが好きな人はお勧めです。

魔界都市新宿

タイバニの監督と作画監督が組んでいる作品だったのね、主人公がたまに虎徹さんに見えて困った。

タイバニが観客を選ばない作品だとすると、こちらは陰鬱な話でグロいシーンも多い、かなり観客を選ぶ
作品。

だが、映像は凄く美しいし、戦闘シーンが格好良くて見入ってしまう。
ラスボスがデビルガンダム化するのはどうかと思うが。

ダークな話やグロいシーンが平気な人なら映像が凄いのでオススメします。

ネタバレあり

かっこいい!

久々こんなの見ました。
かっこいいですね。

さすがTIGER & BUNNYのさとうけいいち監督

さすが、TIGER & BUNNYのさとうけいいち監督の作品で、スタイリッシュで
格好いいです。
前から好きなアニメですが、何回見てもいいアニメです。

美しい

何年ぶりに見ただろう

ただ、ただ、一部の隙もない美しさ!!

好みにもよるだろうけど、自分にとってはやはりこの作品が
今までに見た中での日本アニメの最高峰です

凄惨な暗鬱な場面が続くのになんでこんなにも美しいのか

見終わって残るのは美しさへの陶酔感

多くの人がもう見ているだろうけど、
まだ見ていない人はこの美しさに陶酔して下さい

たんに視覚的に美しいだけではなく主人公の乙羽の
哀しみがもたらす美しさなのだろうとは思うけど、
とにかくこの美しさに酔いしれてもらいたい



あにきぃーーっ!!!

「ありがとう!カラスの先生!」

これは、すごい!

何だこれ!戦闘シーンかっこ良すぎだろう~
仮面ライダーっぽいけど、とにかくカッコイイと思う

とは言え、ストーリーは好き嫌いが分かれるかも?

10年近く前の作品みたいですが、今でも十分通用すると思います!

内容は全く知らない状態で見ました

というか、サムネも見ていなかったので、ホンネ寺沢武一氏の鴉天狗カブトなのかと勘違いをしていました。

とはいえ、すごいねw
新しい作品とはいえないのに、CGの使い方もうまい!
そしてのっけから始まるスピード感あふれるバトルシーン。
スピード感の表現方法っていくつもいくつもあるわけです。
その中でストーリーにあった表現方法をバシッと選んだというのがその印象です。

観ろ。とにかく観ろ。

DVDにてすでに数回観ているが…これ、10年くらい前の作品なのだが…信じられないレベルですょ。

アクション物、特撮物、あと若干ギャング的な要素が苦手じゃない方もそうでない方も、もう黙って観るべし。
語る必要が無い。
まぎれもなくアクション系最高傑作の一本。

鳥肌モノの格好よさ!

「格好いい・・・」その一言につきます。
特に冒頭は映像とBGMの絡みに釘づけになる、
とにかく、凄い。こんなの作ってみたい、と思わせる逸品。

内容はそんなに複雑でも斬新でもないので、内容だけみるなら度数3つ。
だけど、それを差し引いても総合的には5つ以上!!何度でも観たくなります。

妖と人の狭間

以前ネットで見た後BD買いました。戦闘シーンの躍動感、細部まで美しい闇も見ごたえがあります。

すごすぎる!!!!

タツノコプロがこんなアニメを制作していたなんて知らなかった....オンタイムで見なかったのが残念でたまらない。芸術的とも言える戦闘シーン。近未来とも過去とも言えない新宿の街の模様。昨日できた作品と言っても、全く判らないと思う。一つ難を言えばもう少し人間と妖怪の繋がりに深みを出してくれれば良かったと思う。でも美しい映像でした。ごちそうさまです!!

ネタバレあり

気合い入ってるなぁ

戦闘は全てスピーディ、ド〇ゴン〇ールの近接戦闘よりも速いと感じるくらいである。
さらに戦闘中は暗闇・夜のシーンが多く、視点の切り替わり方も速いから、余計にキャラの動きを目で追えない。
殺陣と敵を倒した後の残身がとにかくカッコイイ。

見どころ

タツノコプロ40周年を記念するダークヒーロー物語。冒頭、空中で銃撃を交えつつ高速で飛翔する物体が、人型に変化して日本刀で斬り結ぶ。それが鴉(からす)である。さとうけいいち監督のビジュアルパワーでぐいぐいと引っぱっていく作品で、現実とは異なる妖気に充ちた新宿の世界観が美しい。妖怪とそれを機械化した怪物、怪事件を追う刑事に謎の存在・鵺(ぬえ)が絡み、漆黒のヒーロー《鴉》の戦いが始まる。言葉の手がかりが少ないまま突き進む展開に、最初は戸惑いを覚えても大丈夫。やがて《鴉》と《街》の関係、そして敵対する者の正体も見えてくる。手描きと3Dの混然とした中から立ち上がる最先端映像の可能性を目撃しよう!【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

乙羽

新たに鴉に選ばれた青年。<街の意思を代行するもの>であるゆりねに目覚めさせられた。その素性は不明。

ヒナル

芸能界で成功するために上京した少女。謎の連続殺人事件にまつわるレポーターとして新宿駅にやってくる。

ゆりね

<街の意思を代行するもの>であり、乙羽を目覚めさせた。鴉を使役し、街に仇名す者を狩る。

謎の風来坊。廻向らを倒すために新宿に舞い戻ってきたようなのだが、その目的は不明。

鳳春院廻向

かつて鴉に選ばれた男。今は、自分の“名”を取り戻している。現在の新宿を造った人物の一人。

呉 鳴海

新宿署・干渉事件対策課へ配属されることとなった超リアリストの警部。赴任早々、新宿駅で事件に遭遇。

鷺坂 実

新宿署・干渉事件対策課刑事。妖怪を見た娘の真実を証明するため、妖怪を実証しようと奔走する。

鷺坂よし子

ある猟奇事件で唯一生き残った少女。「妖怪が見える」ということで、病院に入院している。

少女の姿をした、ある地方の鴉。東京の混乱を視察するために、鴉の共同体から派遣された調査官。

メカ・ロボット

人でも妖怪でもない<街を守るもの>。一切の“個”を捨て、街の下僕となることを求められる。

廻向鴉

廻向が鴉に変身した姿。江戸の昔より、街を守護していたはずなのだが…。

御座衆

弱体化し街を支えきれなくなった同族に変わるため、その身を機械化した妖怪たち。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画原案・監督:さとうけいいち / キャラクターデザイン:羽山賢二 / 美術デザイン:佐藤 肇 / 妖怪デザイン:安藤賢司 / 脚本:吉田 伸 / 音楽:池 頼広 / オーケストラ演奏:プラハ交響楽団 / 演奏指揮:マリオ・クレメンス / 音響監督:明田川 仁 / 音響効果:今野康之 / 編集:奥田浩史 / 制作:タツノコプロ /

キャスト
乙羽:和田聡宏 / 鴉:和田聡宏 / ヒナル:渋谷飛鳥 / ゆりね:鈴木かすみ / 鵺:藤原啓治 / 鳳春院廻向:櫻井孝宏 / 呉 鳴海:鳥畑洋人 / 鷺坂 実:後藤哲夫 / 鷺坂よし子:千葉紗子 / 炎:生天目仁美 / 新宿署・署長:納谷六郎 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}