動画が再生できない場合はこちら

ひぐらしのなく頃に解

128

0

0

3

6

19

閉ざされた山村に、
再び狂気の囃子が木霊する――。

原作にはない新作「厄醒し編」に加え、アニメ化されていない「皆殺し編」と「祭囃し編」も映像化した第2シリーズ。昭和58年初夏。都会から遠く離れた山奥の寒村・雛見沢。昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音。今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。それは毎年6月に行なわれる祭「綿流し」が近づいていたからであった。過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。今年も惨劇は起こる。梨花は全てを知っていた。ハジマリも、オワリも…。繰り返される惨劇の連鎖は断ち切れるのか?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2007竜騎士07/雛見沢御三家

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(28件)

壮絶な過去を変えるのは

過酷な運命の黒幕だった三四(美代子)の過去に起こった悲劇に同情的になると、そらもう最後で「お父さんとお母さんの愛に包まれる人生を送れるようになったこと」はとてもいいことだと思う反面、つまりジローさんとはそういう関係にはならないわけで(出会う機会がなくなるじゃないですか?)三四を最後に救ったジローさんかっこよかったし…そこはつっこんじゃいけないとこなのかな。
幸せな運命を導くために分岐点を操作するっていうのはある意味王道ですけど、この作品ではなくてもよかった気がします、のでマイナス1💛

個人的に三四のCVの伊藤さんが某作品で大好きなキャラのお声なので、なんていうか高笑いとか怖いこと言ってるときはすごく切なくなりました…
皆さん言ってますけど、前作は怖くてぐろいけどぜひ見てからの視聴をお勧めします。

ネタバレあり

神アニメ

1期と合わせて必ず見たほうがいいです。こんな素晴らしいアニメを見ない手はない。見終わるとひぐらしロスになりまたループで見たくなります。

前作と共に

前作といっしょに見てほしいです。自分としては皆殺し編がかなり面白いと思いました。前作ありきの今作だと思う。見て損はないです。

絶対に見たほうがいい。

キャラは萌系でとっつきにくいけど見るとものすごくいいです。
ストーリー自体は解まで見ないとわかりません。

前作に続き一気に視聴

前作のグロさで見るの止めた人は非常に勿体無いです。

本作品の本編はグロさ、ギャグパート少なめですが、徐々に謎が解けていく快感が楽しめます。

感動