動画が再生できない場合はこちら

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man

8

0

0

1

0

1

いま蘇る、封印された告発「笑い男事件」!

TV第1シリーズの“笑い男事件”を再構築した特別編。2024年におきた“セラノ・ゲノミクス社”社長アーネスト・瀬良野氏の誘拐に端を発するマイクロマシンメーカー社長誘拐身代金要求企業テロ事件、通称“笑い男事件”。未解決のまま6年が過ぎていたある日、公安9課トグサの元に“笑い男事件”を追っている刑事山口から「すぐに会いたい」との連絡が入る。が、その連絡後すぐに肝心の山口は事故死してしまう。数日後、インターセプター不正疑惑に関する警察の会見中継中に“笑い男”からの犯行予告が入る…。再び姿なきハッカー“笑い男”が動き出す。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

まあまあかな

まあまあだね

26話版の視聴者も十分に楽しめます

 26話版を視聴し終えたばかりですが、単なる切り貼りではなく、一本の娯楽作品として、しっかりと構成されているため、本作も存分に楽しめました。 本作の方は、休日などに、一気に視聴することが勧められます。
 作中、「村井ワクチン」を巡るやり取りは、私には、むしろ、旧陸軍の脚気問題が想起され、それが、かえって、「笑い男」氏の義憤への理解に資したように思えました。

ネタバレあり
見どころ

『精霊の守り人』で注目される神山健治監督の代表作『攻殻SAC』。その第1作の縦軸《笑い男事件》を158分に濃密凝縮した。姿なき特A級ハッカー《笑い男》の企業テロに関連した怪事件は、現実世界で過去にあった事例と地続きになりつつ、恐るべきリアリティを放つ。TVシリーズ時は各話随所に絡みつき、パズルの断片が集まって大きな全貌を現すとき産まれた興奮を、1本の物語で楽しめるよう再構成している。高密度な映像も新作カットを大幅追加し、劇場版クラスの仕上がりである。みどころはサイバー的な世界観と、難事件に立ち向かう公安9課の若々しい正義感。少佐こと草薙素子の見事な肢体とタチコマの可愛らしさも魅力だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

草薙素子

肉体をほぼ完全に義体化したサイボーグ。9課において隊長間の上下関係は存在しないが、義体戦だけでなく、電脳戦も得意とし9課No.1の実力を持つために、リーダー的な存在。メンバーからは少佐と呼ばれている。

荒巻大輔

公安9課、課長。明晰な推理と判断力により、9課を指揮する。元陸上自衛隊調査部に所属し、諜報活動のイロハを身につけた。常に冷静沈着ではあるが、犯罪除去のためなら熱くなる一面も見せる、熱血漢である。

バトー

9課内では素子に続く実力の持ち主で、両目の義眼が特徴の大柄な男。かつては、レンジャー部隊に所属し、数々の特殊任務に従事してきたこともあり、肉弾戦を得意とする。身体の半分以上を義体化したサイボーグである。

トグサ

素子により警視庁捜査一課特務班から引き抜かれた新米隊員。電脳化以外はほとんどが生身、そして唯一の所帯持ちという9課の中では異色の存在。刑事時代の経験を活かした推理で、事件の核心を捕える。

イシカワ

主にネットへ侵入するなどの情報収集を得意とし、諜報戦のバックアップを担当する。派手な立ち回りはないが、9課を影で支える実力者。素子にとっては軍時代を通じて一番長い付き合いでもある。

サイトー

主に狙撃手として作戦に従事する。義体化しているのは狙撃に必要な左目と左腕だけで、トグサの次に生身の人間に近い。左目のアイパッチの下に「鷹の目」と呼ばれる特殊な義眼を装備し、狙撃能力は非常に高い。

パズ

常に冷静な愛煙家。聞き込みや内偵調査を得意とし、ある意味9課の中では最も公安らしい男。チンピラ風のいかがわしい風貌ではあるが、課内での礼儀はきちんとわきまえる男である。

ボーマ

身長は2メートルを超える大男で、バトーにも負けない巨漢である。その外見とは対照的に、イシカワと同様に電脳戦を得意とする。主に後方支援的な任務に就き、パズと共に行動することが多い。

タチコマ

9課に配備されている思考戦車。高度なAIを搭載し操縦者なしでも単独行動ができる。右腕内にチェーンガン、口部内にグレネードランチャーを装備し、さらに光学迷彩を使用できるため、あらゆる場面で任務に関わる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・協力:士郎正宗 / 企画:石川光久+渡辺 繁 / 監督:神山健治 / 演出:河野利幸 / 作画監督:後藤隆幸 / キャラクターデザイン:下村 一 / メカニカルデザイン:寺岡賢司+常木志伸 / 美術監督:竹田悠介 / 美術設定:加藤 浩 / 色彩設定:片山由美子 / 特殊効果:村上正博 / 編集:植松淳一 / 撮影監督:田中宏侍 / 3D監督:遠藤 誠 / 音響監督:若林和弘 / 音楽:菅野よう子 / 制作:Production I.G / 製作:攻殻機動隊製作委員会 /

キャスト
草薙素子:田中敦子 / 荒巻大輔:阪 脩 / バトー:大塚明夫 / トグサ:山寺宏一 / イシカワ:仲野 裕 / サイトー:大川 透 / パズ:小野塚貴志 / ボーマ:山口太郎 / タチコマ:玉川紗己子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}