動画が再生できない場合はこちら

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG Individual Eleven

39

0

0

0

1

7

標的は国家!
滅亡へのシナリオに、終止符を打て!

TV第2シリーズの「個別の11人事件」を再構築した特別編。2030年。“笑い男事件”が解決して半年…。公安9課が完全な再建に向けて活動をしていた。ある夜、中国大使館で「個別の11人」と名乗るテロ組織による人質立て籠もり事件が勃発する。彼らの要求は、アジア招慰難民受け入れの即時撤廃と招慰難民居住区の完全閉鎖だった…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)士郎正宗・Production I.G/講談社・攻殻機動隊製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

桜の24時間監視

手が加えられているようですがやはり攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIGを見たほうがしっくりきます
ただこちらの作品のほうが最終盤ヘリに乗っているときのクゼの顔が美しい

これは史上最高のラブストーリーである。

特に『個別の11人』のエピソードは見逃さずにじっくり観賞しましょう。
緻密に計算され、張り巡らされた1つ1つのピースが繋がる時、
最終話の、このシリーズの"凄さ"に、震えます。

見ごたえがある!

作画、ストーリー(脚本)、演出、テーマ(主題)、世界観・・・・、どれをとっても超1級品! これほどの作品にはそうそうお目にかかれません。攻殻ファンならずとも必見です。極上のエンターテインメント作品ですね。

絶品

擬似体験をしてしまった・・・
それほど完成度は高いと思いました。
曲の入れ方や場面の切り替えなど絶妙。

いろいろ考えさせられるシーンが多くて
疲れましたが、気持ちのいい疲労感でした。

最後は、哀しい。マジ泣きしました

「僕らはみんな生きている・・・
みんな、みんな生きているんだ・・・!!」

ネタバレあり

うなるばかり。。

攻殻機動隊はどの作品も考えさせられる内容ですが、堅苦しいだけでなく、エンターテーメントとして見事に描かれているなと感じます。
音楽やアクションシーンも魅力の一つですね。
そして、毎回どこか犯人(とはちょっと違う表現かもしれませんが)が物悲しく、すべてが間違った考えではないというのが、深いですね。ただのサイコとは違いますよね。
犯人の思想が毎回、世間へのアンチテーゼになっているのが考えさせられます。
ニュースはもちろんですが、こういった作品から政治や軍事について考えてみるのもいいのではないかなと思います。

ネタバレあり

これは凄い・・・!

自分は攻殻機動隊のシリーズは他に映画2本しか知らないのですが、攻殻機動隊シリーズで中核的なキーワードとして出てくる『ゴースト』について一番明確に理解(?)出来たのはこのストーリーでした。
ストーリーそのものも緻密且つ圧巻のスケールですが、そこに関わる面々の心情の描き方や演出が、もうですね…。TVシリーズの再構成の事でしたが、全く事前知識なしに見始めて最後の方はひたすら泣いてました。
正直、攻殻のイメージはハードSFだったのでこんなに泣かされるとは思ってもいなかったです。
あと、タチコマかわいよタチコマ。タチコマこそ真のヒロインですね!!!

ネタバレあり

元気が出るアニメ

 本日より見放題とのことで、仕事を早めに切り上げ(自営業主の、ささやかな役得w)、視聴。大満足の160余分でした。巧みな構成と調整により、26話版の視聴直後でも、独立の作品として、十分に楽しめます。
 話中、登場人物達の類い希なる才能の発露や、その連携が奏功し、終盤に向けて結実していくわけですが、置かれた状況下、なし得る最良の行動を同人らが、とり続ける姿には、視聴後に、充足感と共に、活力が得られます。あの様なことは当然に無理としても、それでも、今、自分が置かれている状況下、自分に、なし得る最良の行動を心がけてみようかと。その意味で、元気が出るアニメと思います。
 あと、中盤以降の少佐が、妙に、しおらしくて、愛らしい。まぁ、幼少時に義体を余儀なくされてから今日までの想いが重なるのですから、無理もないのですが。この辺りを、折り鶴で綴っていく表現は、見事と言う他、ありません。

ネタバレあり

泣ける!

展開の良さは、圧巻。最後の方は涙が止まらないなぁ・・。

見どころ

神山健治監督(『精霊の守り人』)の代表作『攻殻SAC』第2作で描かれた《個別の11人事件》を161分に濃密凝縮。第1作目とは方針を変え、事件を追う公安9課の視点を重視して再構成し、事件に違った角度でスポットを当てている。《個別の11人事件》とは、アジア招慰難民受け入れに絡んだ人質立て籠もりによるテロ活動のこと。政治的な思惑や個人の感情などが複雑に絡みあい、混迷を究めた難事件の全容が、緊迫感とともに明らかになる。みどころは、ハイテンポで刺激的に編集・追加された濃密なアクションシーン。単なる総集編の枠を超え、驚くべき緊迫感と衝撃が迫る。これはまさにサイバー時代の現実感とリンクした作品なのだ!【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

草薙素子

肉体をほぼ完全に義体化したサイボーグ。9課において隊長間の上下関係は存在しないが、義体戦だけでなく、電脳戦も得意とし9課No.1の実力を持つために、リーダー的な存在。メンバーからは少佐と呼ばれている。

荒巻大輔

公安9課、課長。明晰な推理と判断力により、9課を指揮する。元陸上自衛隊調査部に所属し、諜報活動のイロハを身につけた。常に冷静沈着ではあるが、犯罪除去のためなら熱くなる一面も見せる、熱血漢である。

バトー

9課内では素子に続く実力の持ち主で、両目の義眼が特徴の大柄な男。かつては、レンジャー部隊に所属し、数々の特殊任務に従事してきたこともあり、肉弾戦を得意とする。身体の半分以上を義体化したサイボーグである。

トグサ

素子により警視庁捜査一課特務班から引き抜かれた新米隊員。電脳化以外はほとんどが生身、そして唯一の所帯持ちという9課の中では異色の存在。刑事時代の経験を活かした推理で、事件の核心を捕える。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:士郎正宗 / 企画:石川光久+渡辺 繁 / オリジナルキャラクターデザイン:下村 一 / キャラクターデザイン:後藤隆幸+西尾鉄也 / レイアウト:古川尚哉 / メカニカルデザイン:寺岡賢司+常木志伸 / 演出:吉原正行 / 作画監督:中村 悟 / 3D監督:遠藤 誠 / 美術設定:加藤 浩 / 美術監督:竹田悠介+東地和生 / 編集:植松淳一 / 撮影監督:田中宏侍 / 色彩設定:片山由美子 / 特殊効果:村上正博 / 編集:植松淳一 / 音楽:菅野よう子 / 音響監督:若林和弘 / ストーリーコンセプト:押井 守 / 監督・演出:神山健治 /

キャスト
草薙素子:田中敦子 / 荒巻大輔:阪 脩 / バトー:大塚明夫 / トグサ:山寺宏一 / イシカワ:仲野 裕 / サイトー:大川 透 / パズ:小野塚貴志 / ボーマ:山口太郎 / タチコマ:玉川紗己子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}