クチコミ★ファンの声

作品別コメント一覧最新のコメント≫24時間 (5件)≫1週間 (52件)

機動戦士ガンダム0080 〜ポケットの中の戦争〜」へのコメント

この作品を視聴する


1人の青年と1人の少年の話

1人の軍人とサイド6に住む青年が出会った事で起きる話です。青年がつく優しかったり見栄っ張りだったりする嘘を、素直に受け止めてしまう少年。自分も子供の時はそうだったなぁ、と感傷に浸ってしまいます。エンディング曲も子供の時を思い出さずにはいられません。もう人の嘘を疑うことをしってしまった僕でも、いやそうだからこそ感じ取れた物があります。見ようかなと思ってるのなら見て欲しいです

通報する

富野ガンダムファンがつくったガンダム

本来富野監督がやりたかったであろう人間ドラマを中心にしたガンダム。
クリスマスになると見たくなります。

通報する

このガンダムどもめがぁ

珍しく主役のガキンチョがガンダムに乗らないガンダムですが、このガキンチョ、後年リ○ィマーセナスに転生(変声?)してバン○ィに搭乗、本懐を遂げるのでした。まったく同一人物と思えない。

通報する

バーにィ・・・

クリスマスは毎回見てしまいます。

通報する

一番好きな作品

初めて観たときの衝撃が未だに記憶に焼き付いてます。
私の中では一番好きな作品です。
久々に観ましたが、やはり最高でした。

通報する

ネタバレ子供から、大人に。

 このガンダム0080のアルはまさに、「戦争を知らない子供」という難しい表現をうまく表していると思います。そのアルが最後には戦争の不条理さを知り、クリスに事実を知らせないで沈黙し、学校での話を聞いて涙を流すシーンはとても感動しました。子供ゆえの無知、無邪気さ、残酷さ、そして大人への成長をうまく描いた稀有な作品ではないでしょうか。
 内容自体は極端な話、2,3話くらいで収まるような厚みですwそもそもコロニー内に落下したザクがいつまでも放っておかれるわけないんですけどね、戦時中なのにwツッコミどころは多々有り、モビルスーツ戦闘描写や肝心のアレックスのシーンは微少とガンダム作品としては独自の路線を走っています。本当に、局地戦どころか作品名でもある「ポケットの中」で納まる戦闘ですね。
 戦争にまきこまれた子供というガンダム作品共通のネタを、他のシリーズとは違う視点から描いた独自の作品だと思います。

通報する

ネタバレ子供が見た戦い

私はポケットという意味には2つあると考えました。1つ目が1年戦争のサイドストーリー。2つ目がアルだけが知るパイロットの戦い。
前半の明るい雰囲気から一転して、後半はサイド6が戦場となったことで、戦争を身近に感じることで成長していきます。
特にラストのクリスとの会話で自らだけが知る事実を抱えながら涙をこらえて、クリスを見送ろうとするシーンはとてもつらいものがあります。
校長の朝礼で戦争が終わったという発言でみんな楽観視している中、アルだけは一人泣いてしまうという対比は戦争をモビルスーツや、第3者同士で戦うと捉えている大勢に対して身近な人が戦い亡くなる衝撃を表しているいいシーンだと思います。

わずか6話ですがとても濃いお話ですし、泣く人もいるかもしれません。素晴らしい作品ですので是非鑑賞してください。

通報する

ネタバレじーんとする…

ガンダムは戦争モノなので、どのシリーズを見ても少し複雑な、ちょっとじーんとする気持ちになって終わるのですが…これは今まで見たシリーズの中でも格別!
ガンダム好きな友人にオススメと聞いて見ました。
アルの成長、見方(価値観?)の変化、大事な友人との別れ(それも死別)…子供が戦争をどう捉えているのか。戦争を目の当たりにしてどう変化するのか。
TV版では50話くらいで長いガンダムですが、これはさくっと6話仕立て。でもとてもボリュームのある6話だと思います。
ラストの、アルの涙が心に残ります。

通報する

ネタバレ荒削りの意欲作

この「ポケットの中の戦争」は、設定上は(おそらく劇場版の)「機動戦士ガンダム」の一年戦争末期の話なのだが、製作年の影響なのか「逆襲のシャア」の一部を切り取って子供中心のドラマに仕立てたようなものになっている。このためTV版「機動戦士ガンダム」とは、流し見でも『おかしい』と気づくぐらいに辻褄が全く合っていない。ただし、製作当時はTV版「ガンダム」はソフト化されておらず、視聴が容易ではなかったという事情もある。そういうわけで外伝作品としてはかなり無理があるので、純粋に『戦争』というものをを「ガンダム」的な枠組みを使って描いている情緒劇として楽しむべきだろう。

通報する

ネタバレ鬱? いいえ感動作です。

このアニメは確かに悲劇を描いています。
だけど大人になった今見ると、悲劇でも暗澹たる気分にはならず、むしろじんわりと胸が温かくなります。

それはアルがこの経験で戦争の悲しさと恐ろしさを身をもって知り、バーニィと交流する前よりもずっと成長したからです。ラストシーンのアルの涙とクラスメートのセリフの対比でもそれが現れています。戦闘シーンの作画&演出とMSの格好よさも魅力ですが、やはりアルとバーニィの交流とアルの成長譚が何よりも感動を与えてくれます。

1stガンダムを見たら是非とも見たいアニメです。

通報する

▲TOPへ戻る

クチコミ★ファンの声コメント投稿一覧。アニメ・動画配信のバンダイチャンネル