動画が再生できない場合はこちら

ウィッチブレイド

154

1

0

3

11

20

護りたい ― この身が滅びても。

近未来、東京。そこには「最強の武器」を求める二つの巨大組織があった。最強兵器の開発を目論む導示重工。遺伝子操作により優秀な人間を造り出そうとするNSWF。彼らが欲するのは、最強の威力を持ち、選ばれた女(モノ)だけが手にすることが出来るという「ウィッチブレイド」と、それを自在に扱うための力。震災から6年経った東京に、一組の親子の姿があった。天羽雅音、そして梨穂子である。二人での暮らしを夢みて児童福祉庁の施設を抜け出してきた二人。しかし、彼女達を待っていたのは、ウィッチブレイドを取り巻く闇の力と、過酷な運命であった…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2006 Top Cow Productions,Inc./GONZO・CBC・SPJSAT All rights reserved.

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(35件)

ヾ(のωの')

5年ぶりに視聴したわけだけど、全く覚えてなかった…今回、何度泣かされたことか…覚えてなかったのはそのせいなんだろうけど、次に視聴するのはいつなんだろう、また覚えてないんだろうな。

戦う女性は美しい

梨穂子ちゃん…よく出来た出来過ぎな娘ですね。
雅音さん…ケシカランおっ〇い、グラマー美人?変身するとスーパーレディ。
エロく無くて美しいです。

血縁とか関係なく母娘の絆っていいですね。
でも真面目に見てみるとかなりダメ母。
あれだけの良い関係をどの様にして築いたのか、母娘で頑張っている描写がもっとあれば良かったと思います。

絵柄も物語も割と良いです。
泣きたくなる場面もあります。
原作は知らないけれど、アニメを作った人はおっ〇いフェチとみた。
気持ちは解ります。(笑)

スプンオフ

まさに本編は雅音、梨穂子の感動母娘物語だけど、その影でワリを喰ったのが、玲奈、まりあ以外のネオ・ジーン逹…特に都築栞なんて、僅か四話(活躍した話数からしたら三話だけど)ながらあれ程キャラ立ちしたのに、呆気なく退場には納得出来ん💢そこで物語から数百年後に彼女がクローン蘇生した栞が玲奈似の百合女性や彼女特に百合関係にある女性達と百合家族成就なスプンオフOVA希望!

ネタバレあり

良いお話です

現実で問題な話も絡んで興味深く見れました。

涙なしでは見れない

オッパイの大きいお姉ちゃんが暴れるだけのエロバカアニメかと思ったら、最後まで泣かされてしまった
本当に面白かった
それしかない

重すぎず軽すぎずGONZO

ダークファンタジーでありながらいつものGONZOのアニメ作品っぽい重すぎず軽すぎずのバランスが良い
社会の不条理や超パワーの不条理に振り回される人間のろくでもなさといったアメコミのメインストリームが近年やってきた要素も感じさせる脚本&キャラクターはわりと好きです

物語は・・・

やっぱりハッピーエンドが好きです。
あまりにも悲しすぎて・・・

おかえり

歳をとり隣人愛、家族愛系の話に弱くなった自分は後半はもう涙無しには観られませんでした。
特に次回予告が秀逸です。
次回予告で泣けるとは思いませんでした。

EDについてはもう満足です。
ちょっと急ぎ足すぎた気がしますが…

ちゃんとリコの元へ帰ってこれた…これだけでこの物語は救われました。

ネタバレあり

2回目

作品に関係ないけど、バンダイチャンネルが今のシステムになる遙か前、全話購入して見たのに、その頃視聴履歴のシステムが無かったから全話未視聴になってた。

見放題で見つけて懐かしくて見直し。
以前見た時は、すごく楽しんでみていたんだけど、仕事がむちゃくちゃ忙しい中、現実逃避の要素もあって、細かい所を覚えていないから新鮮。

1回見ているのに思い出せない最終回を「どうなるんだろう」と想像しながら楽しんでます。
ちなみに1回目に見た時は、腕に付いてることもあって「ウオッチブレイド」だと勘違いしてました。
仕事で疲れていたんだなぁ。

アメコミとアニメ融合!?

アメコミのとのコラボは数あれどこれほど巧く癒合出来た作品は少ない。
うのまこと氏の魅惑的なキャラとアメコミのウィッチブレイドとのタッグで見始めた作品だった。
合わない人も居るだろうが、アメコミウィッチブレイド装着者も同様に魅惑的な女性たち多く
うのまこと氏は、しっかりとその辺りを日本的に消化してくれたと思う。
そのビジュアルを更に、引き出すような物語にグイグイと引き込まれていく。
マサムネの母性がキーとなりキャラは、敵も見方も魅力的になっていく中盤からは物語は更に加速していく。
そして最後は、もの悲しくもどこか幸せにを祈るような結末に心がじんわりとくる。
個人的には、最後にもう1話のエピローグが見たかった。

良い話でわあるんだが…

最終話が寂しすぎるよね…
出来ることならハッピーエンドでほしかった・・・

ネタバレあり

いい話

ナイスバディと露出が売りの男性向けかと思いきや、女性の内面描写がしっかりしててむしろ女子が共感を得られる作品じゃないかと思います。ラストもいい終わり方で充実感ありました。たまにふっとリピートしたくなる作品。

ダイナマイトばでぃ

雅音さんのナイスボディを見るだけでも楽しい。
内容もアクションですが親子愛がベースになっていて感慨深いです。

いろいろ微妙かな。

まず、主人公の心情描写がうすっぺらい。母性を描いているわけだけれど、これほどの悲劇に遭遇した人間なら、もっとあれこれ考え、悩み、苦しみ、哀しみ、楽しみ、喜び・・・するだろう。脚本の問題かな。なので感情移入が出来ない。それと、敵キャラ。ガジェットコピーじゃない方ね。人間兵器っていってもねえ。見た目人間と区別出来ないものがいきなり戦車みたいな兵器に変身するわけだが、いくらSFがフィクションの世界で何でもありっていってもねえ。それをもっともらしく見せるのがSFの面白いところなわけで。いくらなんでもあれはないんじゃないの。これもまったく入り込めない要素になっている。全体のテーマ設定やストーリー構成はいいんだから、キャラの造形設定と脚本見直せばもっとよくなったはず。残念。

おもしろかったねー

おもしろかったねー
母の愛って感じの作品だった。
作画は乱れることも多いけどストーリーはとてもよかった。
こういうのが後味がいいってことなのかもしれない

悲しく切ない愛の物語

アクションと思って見てはいけません。
物語全体を通して貫かれている親子愛。
親子ってなんだろう。血のつながり?それだけじゃないってことをこの作品は教えてくれます。
もし、子供さんをお持ちの方がいたら是非見て欲しい。
ご両親がいらっしゃる方にも見てほしい。
そんな作品です。

アニメ版小林ライダー

原作はアメコミ。
但しウィッチブレイドというガジェット以外はほぼ完全なオリジナル。

主人公があまりにも考え無し過ぎるのを除けばまずまず面白い。
が、成人女性でしかも母親としてはあまりにも非現実的な水準であり感情移入できない。
ましてや明るく軽いノリの物語ならいざ知らず、重い話でこれは致命的である。

従って主人公を中心に据えていないエピソードには秀逸な物が多い。
詳しくはネタバレになるため控えるが、
井上敏樹による一本など実に素晴らしい話だと思う。
井上は単発で参加させると本当に良い仕事をしてくれる。

「銭金、欲望、社会的にも大きな影響力を持つ組織、強大な力に対する反発、無鉄砲な主人公、不幸体質」
といういつもの小林ライダー要素てんこ盛りのこの作品。
龍騎や電王、オーズあたりが好きなクチにはツボに入ることだろう。

能登麻美子さんが・・

 透き通るような声で数多くの美少女を演じてきた能登麻美子さんがまさかの狂戦士役!!荒々しく叫んでます。
 味わいのあるおじさん・おばさんたちが活躍し、見応えのある作品で一気見してしまい寝不足になりました。後半のOPと敵キャラの扱いがちょっと・・・

みました

親子愛を出しすぎて他のとこが物足りなくあっさり片付けられている感じがしました。

ネタバレあり

感動

いろいろ言いたいことはあるけど、それがどうでもよくなるくらい良かったと感じたのです

Better than expected

Not as completely horrible as I expected. I could do without the little girl in the story, and the original WitchBlade character from the US comic is no airhead like the anime version, but so far, so good.

ビジュアルで隠れている丁寧な作品

一見すると、最強の武器を巡る組織の戦いといった印象ですが、
根本には「欲望」「崩壊」「母性」があると感じました。
OP曲やED曲は物語りに沿って受ける印象が変わりました。
また、次回予告では、雅音から梨穂子、梨穂子から雅音に宛てた手紙
といった形式で、物語中で表しにくい心情を描いていて印象的でした。

「ブレイド」の装着者がどんな欲望に突き動かされているか
という見方をするとより一層楽しめると思います。

男性にはもちろん、女性にもお薦めできる良い作品です。

客観的に見て良くない

作品から何を伝えたいのかわからない。理不尽な成り行きのまま終わる作品でわ悲しいだけ
何かを学ばせてくれないと良い作品とわ言えない。

一言

心優しいにも程がある。

泣けた…

母の愛強し!

ウィッチブレイドを観終えて・・・

ウィッチブレイドを観終えて・・・

感動しました。

ストーリーは母子の愛情物語ですが、
現実のドラマとは違った迫力があり、
引き込まれました。

バッドエンドは嫌いですが、何故か
こころ温まる気持ちになり、不思議
な感覚でいます。

子育てに疲れ、現実に嫌気がさした
人にこそ、ぜひ一度観てほしいです。

ネタバレあり

おっぱい

おっぱいで釣る中身のないドタバタタイプのアニメかと思ったら中身は母娘の話で面白かった。

おっぱいも魅力的なのですがコノ大きなおっぱいは母親の印みたいなものなのでしょうか?とても良いおっぱいの暖まる話でした。

一話から気に入りました。

一話見て、次が見たくなったo(^▽^)o

最後まで母の愛

グロさ程よく抑えられていて
自分的には逆に良かったと思う
雅音さんが素敵すぎ!!
願うは、りほこちゃんの幸せのみ

丁寧に作られたアニメ

何とも切ないエンディングです。

ウィッチブレイド適合者は、どうしたって不幸にしかなれないと思います
まさむねちゃんの全部ここで終わらせる作戦が成功している事を
そして、りほこちゃんの幸せな成長を願います。
あの貝殻が実は…なんて事がありませんように

ネタバレあり

どデカいおっぱいは母性の象徴

主人公の人外な胸の大きさに当初はお色気先行の紳士(笑)向けアニメか…と思いましたが
内容は親子の絆を描いた至って真面目?なストーリーです。
ドジな主人公としっかりした娘のやりとりも微笑ましく和みます。
欲を言えば最強武器・ウィッチブレイドを巡る攻防や他の登場人物の設定を
もう少し深く描いて欲しかったかな。
でも十分楽しめました。

最強の母であって欲しかった!

「母性」にある意味翻弄される母達、そして娘達。
切り口が斬新で骨太なドラマ、そして陰鬱な欲望の権化である「ブレイド」を
携えてのアクション。見応えアリでした。

でもなぜか感じる物足りなさ・・・。欲を言えば、キリが無いのだろうけど、
主人公がもっと「母は強し!」的な「成長」が欲しかった。
「最強の母」+「ウィッチブレイド」これがあればスッキリするのになぁ。

あと、実写化ってのはいかが?観たいわぁ。


大人の視聴に耐える名作

定番すぎて食傷するような「エロ女性変身&バイオレンス物」かと思ったら、中身は『親子(母子)の絆』の物語でした。むしろアクションシーンは少なめで、ドラマパートがメイン。そのドラマがしっかりした脚本なので、ほんとうに大人の視聴に耐えるアニメになっています。絵柄は低予算に苦しんでる様子がうかがえますけど、主人公が「「子持ちの二十代女性」という設定で、微妙にくずれた経産婦のナイスバディを表現できている。そして大人なラブロマンスもあるし、多層構造の母子関係も物語りを構築するうえで、ちゃんと活かされている。こういう骨太の脚本に投資するべきだと思う。蛇足ながら、鷹山が雅音にプロポーズして、結婚して、三人で家族になってもらいたかったなぁ。すてきな作品でした。

不思議な組み合わせ

コンセプトと軽快なテンポに好感を持ちました。ただ、梨穂子の実の母親のあっけない死と各キャラクターの過去など、掘り下げてくれるともっと濃い内容になったと思いますが、難しいか。また、もう少しグロテスクでも良かったのかなと。全体的に良い作品です!
最後に…戸沢ちゃん、最後に写真撮ってよ笑"

ネタバレあり

アクション物で親子愛を描いた作品

ストーリーは、シリアスな面が随所にあり非常に良かったです。
やはり親子を描いた作品は、泣けます。
能登麻美子が歌うED第1話〜第12話「あしたの手」
は、イメージに合っていて好きです。

見どころ

Top Cow Productions原作のアメコミを、GONZOが日本を舞台に設定し、オリジナルストーリーでアニメ化した。最強の武器ウィッチブレイドを装備することでセクシーな姿に変身、強敵と戦う雅音のパワフルなボディアクション。変身前後の落差と、ヒロイン同士の激戦が大きなみどころだ。大橋誉志光監督とシリーズ構成の小林靖子による母子の愛情を中心にした哀しいドラマは、うのまことキャラクターデザインのふっくらした絵柄や、能登麻美子・神田朱未らの迫真の演技を得て、感動のラストへと突き進む。生物兵器クローンブレイドにまつわる企業の陰謀、近隣住民との人情の交流、母性を求める愛憎劇など、要素が盛りだくさんな娯楽アニメである【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

天羽雅音

娘の梨穂子と一緒に暮らすため、東京へやってくる。明るく天真爛漫な性格。ウィッチブレイドに「装着者」として選ばれる。6年前に起こった大震災以前の記憶を失っている。

天羽梨穂子

雅音の娘。元気で利発的な女の子。幼くして家事全般をこなすことが出来るしっかりもの。料理が得意。

鷹山澪士

導示重工特殊機局の局長で、武器製造の責任者。「最強兵器」を開発中。ウィッチブレイド装着者である雅音の「雇い主」。

蘇峰玲奈

NSWF(ナソエフ・国家科学福祉財団)に所属する、頭脳・肉体能力共に非常に優秀な女性。法医学スペシャリスト。

斗沢祐介

フリーのカメラマン。過去の経験からデジタルにかなりの不信感を抱いているため、使っているカメラはすべてアナログ。

瀬川弘樹

鷹山の秘書で、雅音の世話係を任されている。綺麗好きで几帳面な性格。無愛想な鷹山とは対照的で、一見人当たりはよい。

古水達興

NSWFの理事長で、児童福祉庁の創設者でもある。その慈善事業に対する取り組みや温厚な人柄から、人々から親しみを込め「ファーザー」と呼ばれている。

都築 栞

玲奈の秘書。玲奈に対し尊敬と憧れの念を抱き「先生」と呼び慕っている。知的で豊満なボディーの持ち主。

ノーラ

古水の秘書。無表情で知的なクール・ビューティ。古水に対し、絶対的な忠誠心を持つ。

マリ子

奈月ビルのオーナー兼バー(Marry’s Gallery)のママ。口は悪いが根は優しい。肝っ玉かあちゃん的存在。

チョーさん

奈月ビル住人。あらゆる意味で「生涯現役」の、ぶっ飛びじいさん。コンピューターに強く、ネットの世界ではカナリ有名らしい。

ナォミ

奈月ビルの住人。筮竹を使って、占い師をしている。よく当たるらしいが、人見知りが激しい性格のため、あまり商売は繁盛していない。

マイケル

奈月ビルの住人。一説によると「芸人」らしいが、一見プロレスラーのようなルックスの上、無口で会話にも参加しないため、その正体は謎だと思われている。

中田 哲

警視庁特捜5係の刑事で、所轄を超えて特殊な事件を追いかけている。ネタを求め現場に勝手に忍び込む斗沢を、いつも疎ましく思っている。

まりあ

玲奈ら「第一世代」に次ぐ、「第二世代」のネオジーンの中で、最も優秀と見なされている少女。ファーザーからの寵愛を受けている。時に凶暴な一面をみせることも。

和銅将也

導示重工バイオ局の局長。鷹山の大学時代の先輩でもある。社内的評価の高い鷹山に対し、ライバル心を燃やしている。

あおい

第二世代ネオジーンで、まりあの側近。まりあに憧れ、常にまりあのことを第一に考えて忠実に行動する。精神的に落ち着いているが、時に感情的になることも。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Top Cow Productions,Inc. / 監督:大橋誉志光 / シリーズ構成:小林靖子 / キャラクターデザイン・総作画監督:うのまこと / 設定考証・コンセプトデザイン:小倉信也 / デザインワークス:松原一之 / 色彩設計:佐藤祐子 / 美術監督:東 潤一 / 撮影監督:木下陽方 / 編集:廣瀬清志 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:宅見将典 / アニメーション制作:GONZO /

キャスト
天羽雅音:能登麻美子 / 天羽梨穂子:神田朱未 / 鷹山澪士:小山力也 / 蘇峰玲奈:園崎未恵 / 斗沢祐介:松風雅也 / 瀬川弘樹:鈴村健一 / 古水達興:小川真司 / 都築 栞:伊藤 静 / ノーラ:弓場沙織 / マリ子:伊藤舞子 / チョーさん:樫井笙人 / ナォミ:伊藤実華 / マイケル:桐井大介 / 中田 哲:三宅健太 / まりあ:水樹奈々 / 和銅将也:中多和宏 / あおい:小野涼子 / あさぎ:渡辺明乃 / 西田りえ:玉川紗己子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}