動画が再生できない場合はこちら

ガンパレード・マーチ 新たなる行軍歌

125

1

1

3

12

13

未来と希望、それが僕たちの選択

50年前に突如現れた謎の敵「幻獣」。虚空より出現して人間を刈る「幻獣」との長期に渡る戦いにより、人類は絶滅の危機に瀕していた。窮地に立たされた日本政府はついに年端もゆかぬ少年少女たちを戦場へと送り込むことを決定した。速水厚志もその一人として「5121部隊」に所属し、対「幻獣」戦の切り札である人型戦車HWTに乗り込んで前線に立つことになる。はたして、彼と仲間たちの運命やいかに!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(30件)

いいでした

いつの間に、
人類の全滅はどんでもいいになってしまいましたか。
あの二人だけ良くなれば。
予想以外な流れだから面白い!

ネタバレあり

監督の判断が素晴らしい。

評判はそこそこ良いと聞いていたので、遅ればせながら視聴しました。
ゲーム発売当時はドンピシャ世代ということもあってどハマりし、PSは僕にとってガンパレ専用機とすら化していました。もう数え切れないくらい周回してのめり込んでいた日々が懐かしいです。

そうしたゲームファン目線から見ても、この作品は良くできたアニメだと思います。ゲームやその他メディアミックスとは全く毛色の違った方向で、ガンパレの世界観を再構成していると感じました。
全12話のアニメで説明しきれないことは最初からばっさり見えないことにして描いていません。そこが良かったと思います。
ゲームはゲーム、このアニメはこのアニメでまた違ったガンパレを見せてくれますね。

ただ、ゲームを知っている人にはちゃっかりサービスも満点で、実際にプレイした人にしかわからないネタも盛大にぶっ込んできます。(笑)
当時のファンにはそこが本当に嬉しかったです。

イラモヤw

心温まる往年のアニメって感じですねwこの感じ、エヴァンゲリオンとかファフナーとかに繋がる残酷さや、パトレイバーに共感するリアルなメカメカしさとか色んな要素が見てとれますw見て損はないと思いますので、大事にこの作品を味わって下さいw

いい話

皆さんがすでにおっしゃっていますが、後半の戦闘パートはかなりあっさりで前半ほどの命のやり取りといったような緊張感はほとんどありません。
純粋なロボットアニメを求めている方には合わないと思います。
しかし速水柴村は原作メインシナリオを進めれば形はどうあれくっつきますし、壬生屋さんの死にやすさもある意味原作通りなど割と原作準拠ではあると思います。

何を求めるかによって評価は大きく変わる作品だと思いますが、個人的には戦闘よりも人間関係に重きを置いたこの作品はとても素晴らしい作品だと思います。何より柴村さんがかわいい

原作と違う調理法だけど、これはこれで良し!!

原作のゲームが周回前提なのでボリュームが凄いんです。
それをアニメにするから、どうしても一部だけしか紹介出来なくなるんです。

だから、ゲームの魅力を一見さんにわかりやすく伝えるように王道な話の展開になっています。
私の好きなキャラの心理描写は全編を通して丁寧に描写されており、特に「ここぞっ」という場面の表情の描写が凄く良いです。
ひとまず、メインのキャラは今見ても個性的で魅力的です。
もう10年位前の作品ですが、その彼ら・彼女らの表情の変化は今でも十分見応えがあります。

ぜひ、8話までみて、このヤキモキの楽しさを感じてほしいです♪

これは良かった

20世紀の香りがする良い作品でした。世界観や舞台設定を見れば、今の時代では珍しくないものです。しかし、変な迷いや毒が無い。本当に楽しませてくれます。制作が2003年と言う事ですから、もう10年前の作品です。アニメを見ると幸せに成れる。こんなことを疑いもしなかった時代を思い出します。それが何故かショックでした。いったい今の時代は何が変わったんでしょうね。いつの間にか見る人を不安にさせて、何かしら印象に残そうとする作品が増えてしまいました。そして、嫌な思いをしないように、事前に他の人のレビューを見るのが当たり前になってしまった。そして本作の楽曲。いいですねえ。例えアニメでも本物の音楽を使ってくれる。お酒を飲んで、道端で寝転がっているオジサンが沢山いた時代です。世界に遠慮せず、自分達を磨いて、お互いにサービスする。だから明るい未来をイメージできる。改めて思い出し、晴れやかな気分になりました。

小説版とは違ったおもしろさ

ガンパレのゲームの一つのエンディングだと思いました。
小説版の榊原さんの世界観も好きですがコレはコレで面白っかったです

1クールだけとはもったいなかったね

プレイステーションでゲームやったときの思い出しました。
できれば「エッチな雰囲気」が見たかったですねw
ヨーコや石津萌ちゃんがいないのが残念でしたが(最期のシーンで瀬戸口とデートしてたかも)、戦争の悲愴さとその中で育まれる青春と友情がいい作品でした。
あと、ののみはやっぱり天使でした。

短いせいか幻獣との戦争の行く末などはバッサリ切っちゃってるのは致し方なしですね

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)

ゲームやっていると、ちょいネタがいい感じ~

せめて、もう1クールあったらもっとよかったのに~

2013年未だ小説が続刊中の不朽の名作

メディアミックスの醍醐味は、異なる展開がみられることではないでしょうか。
GPMはゲーム、小説、アニメで設定を共有した別物です。
原作をトレースするだけのアニメなんてつまらない!
それぞれの色を楽しみましょう!

オーケストラは残念でしたね。。。
いまだソニーが版権を持ってるのかな?
マーチはそのせいで2が作れなかったらしい。

ゲーム知らないとキツイかも

世界観が他の作品と共有していたりして知ってれば面白いけど知らないとわからない。全12話ではしょうがないかな?
ヒロインがどんどん可愛くなるのが見所かと。
学生に戻って恋愛したいねって思える
原作ゲームのキャラクターが絢爛舞踏祭 ザ・マーズ・デイブレイクにも出ています。こちらも良作です。

原作とはちがうけれど

アニメはアニメでとても良かった♪
こんなガンパレの世界があっても良いなぁと思える作品です

話数少ない気が

話が短い!
たぶん原作のゲームとかをプレイしていないとわからない描写がありますね(たぶん戦闘シーンがほとんど)
だから人間描写が多くなっているのかなと思いました。
ただストーリー自体は面白かったし短いなりに面白かったかな。

ネタバレあり

がっかり

ゲームが原作なのを知らずに見たうえでの感想です。

「幻獣」とよばれる正体不明の敵と50年間戦い続けているという世界観。
インパクトのある設定です。

緊張感のある展開を期待し,序盤はその通りにすすんでいくわけです。
第7話までは。

第8話からは単なる学園恋愛物語に変化。
インパクトのある舞台設定はどこかにいっちゃいました。

正直がっかりです。

恋愛要素は必要だけどそれだけじゃダメでしょ。
「第08MS小隊」も後半は恋愛比重が高くなりますが,それと平行して別のお話が進んでいきます。
いくつかのお話が同時進行するからこそ深みが出てくるわけで,恋愛だけだと薄っぺらです。

第5話でメンバーが一人脱落するけどその意味も不明。
安易な演出はただただ不快。

全12話なので最後まで見ましたが,2クールだったら途中で投げ出したでしょう。

ネタバレあり

それはないんじゃない

ゲーム版の世界観を上手くまとめた感じはしますが、速水と舞の単なる恋愛ものになってしまっているのが非常に残念です。
扱われるキャラクターに関しても制作陣の好みが全面に出ているようで、物語の開始前に亡くなった設定になっていたり、劇中であっさり戦死してしまったりでいくらなんでもそれは酷すぎないかと思うことばかりでした。
また、倒された幻獣がさながら紙風船のように消えることにも違和感を感じました。
原作の熊本城攻防戦のような山場もなく、どこまでが幻獣の支配地域でどこからが人類に残された土地かもイマイチ掴めず、毎回戦闘はしているけれども優勢なのか劣勢なのかさえも正直よくわかりません。
明日死ぬかも知れないという緊張感もなく、悲壮感がまったく欠落しているのはどうなのだろうとも思います。

ネタバレあり

のめり込みます。

TV放送→ODA→小説→現在と言う流れで私は来ています。ストーリーはシリアスな中に少しラブコメも入った
内容ですが、題材が戦争なだけに当然暗い部分もあります。ただその辺を上手くまとめてあるので、安心して視聴してください。またこの作品は小説でも展開されています。こちらも違った切り口で書かれていますので、視聴し終わったあとに興味があれば読んでみるの良いかも知れんません。お勧めしますよ!

ネタバレあり

引き込まれる作品でした。

何気なく観た作品でしたが、秀作でした。脚本、登場人物、メカそれぞれに魅力があり、観る度に引き込まれます。この作品の正当な続編があると面白かったかも、です。ガンパレード・オーケストラはちょっと・・・。

すごくよかった・・

つくった方々の愛情が感じられる作品でした。
せつなくて、かなしいこともあるけど、さいごはうれし涙でした・・・。

一度見て下さい。

なかなかいいですよ、是非見て下さい。続きあるといいな!

良作

かなりアクの強い原作のゲームをストーリー性のあるアニメに仕上げた点で非常に良い

ゲームの中の設定や展開含め多様性が良さではあるが
不要な部分を排除してキャラ設定と世界観をわかりやすくした上で
友人の死とか恋愛とか感情的な部分を表現豊かにしている

原作もそうだが幻獣という若干抽象的な敵を想定してる時点で
ロボットの戦闘がメインのアニメにならないのは当然
学園モノと戦闘モノをバランス良く成立させていると思う

ネタバレあり

ロボットアニメの皮を被ったラブコメ

ロボットアニメというよりはラブコメと言った方がしっくりくる作品です。ゲーム版のファンとしては、登場人物の性格と作画がほぼゲーム版のままなのと、ゲーム版のダークな、悪く言えば厨二病的要素を廃しているところに好感が持てます。とはいえゲーム版のファンとしては、2クールで5121のメンバー全員登場させて欲しかったですね。

ネタバレあり

こんなのガンパレじゃない、でも面白い

ゲーム原作のアニメは成功しないと言われていますが、その中でも数少ない成功作だと思います。ゲームでは事細かく裏の設定が作られていますが、アニメ版では潔いくらいにノータッチです。それらをカットし全く別のラブストーリーへと昇華させた製作には頭が下がります。あくまで例えですがインドの方が日本のカレーを食べて「こんなのカレーじゃない、でもすごくおいしい」っていうのはきっとこんな気持ちなんだろうと思います。

注意:字数制限一杯に書いてます;

ガンパレはゲームやった上でこのアニメを見ました。ゲームをやっている自分からしたらキャラクターの設定や声優さんが違っていたり、こちらでは登場しないキャラクターがいたりと気になる点は幾らかありましたが、それでも十分に楽しめました。

大まかな構成としては前半は幻獣との戦いに重点を置いたシリアスパートに対し後半からはうって変わって厚志と舞の関係を温かく見守るラブコメ(?)パートと急な変化に少し戸惑いもしましたが、二人のなかなか進まない関係に他の5121小隊員同様やきもきしつつ応援してしまう。そして最後の告白とEDを見る頃には様々な違和感なんて何処かにいって純粋に作品を楽しんでいました。

注意点としてはこれはロボット戦闘モノでは無く、人と人との関わりを描いた作品である、という事ですかね。ゲームや小説を知っている方もそうでない方も、きっと楽しんで頂けるかと思います。

ネタバレあり

戦闘ものを見たい!と思って

一話を見てまったく面白さが伝わってこなくがっかりしたんですが、話を進めてくうちにどんどん続きが見たくなってくる作品でした。1クールでは物足りなかった感がありますが、とても楽しめました。確かに戦闘ものを期待するとまったくっていいほど拍子抜けしまくります。
戦闘シーンをもっと作品に出てくる登場人物の表情と同じぐらいに丁寧に作ってくれればもっと良かったと思います。
他の方もコメント書いていましたが、最終話いいですね。とくに告白のシーンは泣けます。舞さんの表情がぐっときます。
音楽(BGM)も爽やかなテイストで纏めていて私は好きでした。EDの歌は切なく素敵です。

ネタバレあり

やはり似てる

xbox360版が出たのでマブラヴの2作をプレイした流れで視聴しました。
恋愛原子核が存在しなかった場合の”こっちに近い世界”の話なのかな~?
とか色々なパターンが考えられますが永遠の謎ですね。
 
んー、謎のままロマンであり続けるのがガンパレの絶対運命だと思います。

う~ん

学園+ロボ+ハーレムという最近のハーレムアニメのさきがけ的アニメなのかな?
誰に需要があるのかこんなアニメばかりになってしまってとても残念
オカマみたいな男主人公が最後までナヨナヨして気持ち悪くてイライラしました。

2クールあれば・・

人類の存亡をかけて戦う前半の緊張感。
ときメモ的ラブコメに徹する後半のニヤニヤ感。
その落差がハンパねっす。まるで別の作品。

個人的には前半のテンションで最後までいってほしかった
ですが・・・後半も嫌いではない。2クールくらいあれば
それこれの要素が相まみれながら超良作になったかも。

とても大好き!!

もうこのアニメが放映されていたのが、懐かしく思えるほどの月日が経っているが、色あせない良さがある。
ゲームから入り、デザインの違うHWT(ゲーム版では士魂号)に若干の違和感があるが、ガンオケのピョコタンピョコタンという足音とまるでおもちゃのような3Dとは比べ物にならない重厚感とデザイン性は一見の価値あり。
残念ながらレンタルでもなかなかお目にかかれず、インターネットでその場かぎりの割高な料金を払ってまで見ようとは思っていなかったが、月額で見放題のプランに入っている方にはぜひ見てほしい。

評論にあるように「学園」「戦闘」の場面展開がすばらしい。
あとキャラクターの表情に、これでもか!!というくらい感情が乗りまくっている。

舞タンかわいいよ(´Д`;)ハァハァ

最終話では悶える。

ゲームじゃないアニメだ!

戦闘アニメを目的として見ようとするとがっかりするかも。
ゲームをしてないとわからない人が(デンパな人等)チョイ役で出ていてニヤニヤしてしまった。
後半に近づくと戦闘はおまけみたいな感じになり、学園モノ色が強くなる。
私は楽しめました。

あっちゃん、まいちゃん

ゲームのことは全然しりませんが、主人公二人のキャラとエンディングテーマにやられてしまい、TV放映時から何度もみてしまいます。

見どころ

物語は1945年、現実では第二次世界大戦終結の年に人類が史上最悪の生物「幻獣」からの侵攻を受け、長い消耗戦に入るところから幕を開ける。当初、作品全体を覆うトーンは敗色濃い人類の黄昏であり、リアルな軍事メカ描写が硬質感に拍車をかける。しかし、そうした劣悪な状況に青春まっただ中の高校生たちを置くことで、軍事行動と学園生活の両方を絶妙なバランスで接合。ほのかな恋愛感情も、一歩間違えば即刻死につながる戦場に置けば、相乗効果でこの作品だけの緊張感が生まれる。ロボット対モンスターの戦闘中でも、主人公たちの感情は等身大でユーモアを忘れない。本作は普遍的で真実の感情を描出する青春ストーリーなのだ。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

速水厚志

本作品の主人公。HWT『士魂』3番機パイロット。のんびりとした性格で、周りの意見に流されやすい傾向のある少年。パイロットとしての腕は平均的なレベルながら、仲間は決して見捨てないというポリシーを持ち、いざという時の行動力は皆に一目置かれている。

芝村 舞

本作品のヒロイン。芝村一族のお嬢様。戦闘に関しては天才的な資質を持つ少女。複雑な家庭環境の影響か、とっつきにくい雰囲気もあるのだが、猫や子供の前では本来の女の子らしさを覗かせる。優柔不断な速水にいらつくことも少なくない……?

滝川陽平

HWT2番機パイロット。ロボット大好きな熱血少年で、単純と言うか判りやすい性格。速水とは妙にウマが合い、瀬戸口ともあわせて「三馬鹿」と女子からは呼ばれている。

壬生屋未央

HWT1番機パイロット。古武術を修めており、剣の腕前においては達人並み。ただ、重火器の扱いは苦手である。滝川にはその辺をよくからかわれ、口喧嘩をしている。

瀬戸口隆之

HWT4番機パイロット。女の子が大好きで趣味はナンパな優男。ちなみに守備範囲も少女から主婦までと幅広い。また一方で、現在の徴兵制に批判的な一面も持つ。

東原ののみ

部隊のマスコット的存在。性格は純真にして無邪気。対幻獣戦の切り札を起動させる鍵であり、その事情により外見、精神年齢ともに8歳ながら部隊へ配属されている。

善行忠孝

5121部隊司令。冷静沈着に部隊を勝利に導く司令塔である。情に流され判断を誤らぬよう他のメンバーに対して一線を引いて接しているが、人情に厚い面もある。

原 素子

5121部隊整備班長。美貌と才能を兼ね備えたお姉さま的存在。その実力は、人数が少ない整備班を切り盛りしてHWTを前線へと送り出すことからも伺い知れる。

森 精華

5121部隊整備班所属の整備士。才色兼備な原を尊敬し、師匠と仰いでいる。性格的に不器用な所もあるが、努力家。また加藤や田辺とはよく一緒に騒いでいる。

加藤 祭

5121部隊経理担当。だが、雑用まで含めて裏方で何役もこなす働き者である。怪しい関西弁で話すが、性格は明るく面倒見も良い。なかなかの商売上手でもある。

田辺真紀

5121部隊整備班所属。慢性的な貧乏に加えて絶望的な程に運が悪い少女。そのため「不幸」の代名詞のようにも言われるが、本人は全くめげず常に前向きである。

遠坂圭吾

5121部隊指令補佐。実家が富豪だということもあり、徴兵を断ることも出来たはずが、思う所あってか現在に至る。性格は紳士的で、実務においてもかなり有能。

来須銀河

5121部隊所属のスカウト。その戦闘能力は非常に高く、HWTを補佐すべく自ら銃器を手に取って戦線に立つ。そのため無口ながら部隊メンバーからの信頼は厚い。

若宮康光

5121部隊所属のスカウト。来須とコンビを組むマッチョマン。だが、最も兵士らしい兵士でもあり、HWTパイロットたちの肉体教練は教官でなく彼が担当している。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ソニー・コンピュータエンタテインメント / 監督:桜美かつし / 監修・構成:高山文彦 / キャラクターデザイン:入江泰浩 / メインメカデザイン:岩倉和憲 / ビジュアルデザイン:阿部邦博 / 総作画監督:和田 崇 / 美術:イースターさくら組 / 色彩設計:店橋真弓 / 撮影監督:大河内喜夫 / 編集:西山 茂 / 音響監督:三間雅文 / 音響制作:テクノサウンド / 音楽:川井憲次 / 制作:d-rights / アニメーション制作:J.C.STAFF / 製作:Project GPM /

キャスト
速水厚志:石田 彰 / 芝村 舞:岡村明美 / 滝川陽平:陶山章央 / 壬生屋未央:佐久間純子 / 瀬戸口隆之:梅津秀行 / 東原ののみ:吉田真弓 / 善行忠孝:樫井笙人 / 原 素子:篠原恵美 / 森 精華:半場友恵 / 加藤 祭:野田順子 / 田辺真紀:前田千亜紀 / 遠坂圭吾:栗山浩一 / 来須銀河:志村知幸 / 若宮康光:川原慶久 / 芳野春香:井上美紀 / 坂上久臣:園部啓一 / ウイチタ更紗:鈴木麻里子 / 茜 大介:下野 紘 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}