動画が再生できない場合はこちら

さよなら絶望先生

37

0

1

2

6

1

絶望した!この腐った社会に絶望した!!

TVアニメの第1シリーズ。糸色望は、どのようなこともネガティブにしかとれない青年である。横に繋げて書くと、とてもせつなくなるような名前を持つ彼は、ことあるごとに「絶望した」と死にたがり、でも本当には死ねないような、困った人間だ。そんな彼が、風浦可符香たちの通う学校の、2年へ組に、担任教師として赴任することとなった。どこまでも後ろ向きな考えの望の教えは、そんな生徒たちの人生にどのような波紋を投げかけるのだろうか。また逆に、望は生徒たちからどのような影響を受けるのだらうか。絶望先生との、絶望的な学校生活が始ろうとしている。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

始めて観た時は衝撃的だったが・・・

・・・改めて見返してみると、第1期は原作の持つ毒気が少なく、アニメオリジナルの要素が目立つ事に気付いた。第2期からの雰囲気の方が好きかな。

そう このしつこさがダメなんだ

南国アイスホッケー部も最初のころは読めたんだよね。でも、中半から改蔵その後すべてこの感じ。
どうしても受け付けないです。
絵は嫌いじゃないので、本当に残念。

でも、一般的にはこれがいいんだよなw
これはどうしてもダメですw

ヒロインがいっぱい

皆個性的で見目麗しい乙女たち
だが、
誰一人として付き合いたいとは思えない
絶望した

アニメとして良作ではないと思います。

内容は面白いです。ただ一瞬での情報量が多すぎてとても一時停止なしには消化できません。
いちいち止めようとも思いませんが・・・
そもそもアニメ化に向いていない作品なのかもしれませんがそれにあえて挑戦したことは評価したいと思います。
主人公の糸色望のキャラクターは大好きです。

アニメ界に傷痕を残した作品

絶望した、はいろんな作品に使われてます。
原作のほうが、いいと思う方も多いでしょう。
1作目と2作目は、いろいろと実験的なところが多いです。
特に、最後の別の作家さんたちの描く1枚絵は、最近では当たり前ですが、この作品が初ですね。
この作品の1つの成功例です。

自虐とディス

強烈な自虐やディスから禁断の発想にたどり着いてしまう展開が面白い
ある意味、文系デスメタルとか文系パンクみたいな作品かもしれない
 
ただねー、昨今の現実世界が悲惨すぎるのはネックだよね
体罰、虐待、イジメなどなど学園系のブラックニュースが後を絶たない現実世界の荒廃っぷりを知ってて面白がれる作品なのかと問われると難しいから相対的におすすめ度も下げざるを得ないのが残念

逆説的シニカルギャグ

映像美とシニカルなギャグのギャップが楽しい.
毎話一度は吹きます.
脇役が濃すぎて絶望先生が普通に見えるのも狙い通り?

久米田先生×新房監督×シャフト

原作は「じょしらく」の原作者である、久米田康治先生。
監督は「まどか☆マギカ」等、斬新で実験的なアニメーションに定評のある、新房昭之監督。
そして、それを支えるスタッフはシャフトという豪華メンバーによる、シニカルコメディアニメ。

酒井基さんの美術、尾石達也さんのテロップワークはスタイリッシュでありながら、ストーリーの世界観と調和していて嫌味が無い。

随所に散りばめられた様々なジャンルのパロディや風刺は秀逸で、特に本作放映当時の時事ネタや近代文学等に精通している方ならば、この作品をより一層楽しめるはずだ。

テンポと間が良く、くどさがなくて自然な演出

首吊りシーンがPTSD的にきつかったが、話のテンポや間が良くて面白かったです。フォントも作画も楽曲も演出もよくこなれていると思います。
登場人物の多くが美少女で乳揺れやツンデレばかりのオタク消化向けアニメとは違い、くどさや不自然さがなくて好きです。

イメージ!

「化物語」と同じアニメ制作会社のシャフトが制作していることもあり、アニメ「化物語」をイメージして見ましょう。

ネタバレあり
キャラクター

糸色 望

通称「絶望先生」。2年へ組を担任する超ネガティブ教師。すべての出来事を後ろ向きに考える超迷惑人物。

風浦可符香

2年へ組在籍の超ポジティブ少女。すべての出来事を前向きに考える電波系女生徒。この名前はペンネーム。

木津千里

2年へ組在籍の超几帳面少女。きちんとしてない物事に対して口出しせずにはいられない粘着質な委員長的性格。茶道部の部長を務める。

小森 霧

2年へ組在籍のひきこもり少女。糸色先生の活躍で登校したが、その後、学校にひきこもって帰宅しない「不下校少女」となった。

常月まとい

2年へ組在籍のストーカー少女。別れた相手につきまとっていたが、糸色先生の活躍に魅了され、今はいつも先生の後にくっついている。

木村カエレ

2年へ組在籍の海外帰りの人格バイリンガル少女。すぐ人を訴える海外的人格と、極端に慎み深い日本的人格の2つを持つ。

関内・マリア・太郎

2年へ組在籍の不法入校少女。アジアからコンテナに乗って来日し、他人の出席番号を買って、入学した。なぜか守ってあげたくなる少女。

小節あびる

2年へ組在籍の包帯少女。生傷が絶えないので、父親はDVの疑惑を噂されている。真相は無類の動物好きで、動物とじゃれた時のケガ。

日塔奈美

2年へ組在籍の普通少女。他人に特別扱いされたがるクセがあり、人の気を引くために色々と画策するが、たいしたことはできない。

藤吉晴美

2年へ組在籍のやおい同人少女。アニメや漫画が好きで、同人誌作りやコスプレが趣味。ボーイズラブを語らせるとちょっとうるさい。

音無芽留

2年へ組在籍の毒舌メール少女。超恥ずかしがり屋で他人とメールでしか会話ができないが、メールは毒舌。電波が届かない場所は不安。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:久米田康治 / 掲載:「週刊少年マガジン」 / 発行:講談社 / 監督:新房昭之 / プロデューサー:森山 敦 / アニメーションプロデューサー:久保田光俊 / シリーズ構成:金巻兼一 / キャラクターデザイン・総作画監督:守岡英行 / 副監督:龍輪直征 / 総作画監督:山村洋貴 / 色彩監督 ? 日比野仁: / 色彩設計:滝沢いづみ / 美術監督:加藤 浩 / 撮影監督:江上 怜 / 編集:関 一彦 / 音響監督:亀山俊樹 / 音響製作 ? オムニバスプロモーション: / 音楽:長谷川智樹 / 音楽制作:スターチャイルドレコード / アニメーション制作:シャフト / 製作:さよなら絶望先生製作委員会 /

キャスト
糸色 望:神谷浩史 / 風浦可符香:野中 藍 / 木津千里:井上麻里奈 / 小森 霧:谷井あすか / 常月まとい:真田アサミ / 木村カエレ:小林ゆう / 関内・マリア・太郎:沢城みゆき / 小節あびる:後藤邑子 / 日塔奈美:新谷良子 / 藤吉晴美:松来未祐 / 臼井影郎:上田陽司 / 久藤 准:水島大宙 / 新井智恵:矢島晶子 / 糸色 倫:矢島晶子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}