動画が再生できない場合はこちら

【懺・】さよなら絶望先生

19

0

0

0

1

3

絶望した!この腐った社会に絶望した!!

TVアニメの第3シリーズ。糸色望は、どのようなこともネガティブにしかとれない青年である。横に繋げて書くと、とてもせつなくなるような名前を持つ彼は、ことあるごとに「絶望した」と死にたがり、でも本当には死ねないような、困った人間だ。望が赴任した学校の2年へ組は、彼以上に厄介な人間が数多く在籍するような学級だった。どこまでも後ろ向きな考えの望の教えは、そんな生徒たちの人生にどのような波紋を投げかけるのだろうか。また逆に、望は生徒たちからどのような影響を受けるのだろうか。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

すごくヒロインがいっぱい

ヒロイン達が皆個性的で例外なく可愛い
なのになぜか例外なくどのヒロインとも
お付き合いは御免だ。

癖になる作品。

本屋に行くたび、その存在は知っていても、タイミングを逃すと、好みではあるのに、手を延ばせなくななってしまう作品というのは結構存在する。
「さよなら絶望先生」も、正にそういう存在であったのだが、とある「切っ掛け」で、見放題を見始めたらまあ、止まらない。ついつい、DVDの注文出しちゃいました。

アニメなんだけど、通してみたら、その後、一時停止を繰り返したり、画、そのものを眺めたり、
登場人物の台詞回しに酔いしれたり、一度見ればそれでお仕舞いという訳にはいかない、凄い作品でした。
まあ一筋縄ではいかない作品ですし、好みも分かれるとは思いますが、
全く見ないで過ごすのは、勿体無いかな。
とりあえず、試しに一回は観てみて欲しいなあ。

「人として軸がぶれている」人の聖典(粛、見放題!)

原作漫画からのファンです。テレビアニメは全部見ましたし、ウェブラジオを聞くようになったのもこの作品がきっかけです。見る人を選ぶ作品ですが、ハマる人はハマると思います。見放題になったので、あらためて1期から通しでみました。やっぱり面白い。1期1話から「希望をいだいていいのは中学生までです!」とか、心に刺さる言葉がいっぱい(^^;。文字ネタ(例:祝日→粛日)が多くて本来はアニメむけでないはずなのに、「化物語」「まどか☆マギカ」へと続く、スタイリッシュな演出法でちゃんと成立しています。あと、音楽もいい! 実言うと、アニメはあまり期待せずに見たんです。が、いきなり「人として軸がぶれている」(1期OP)を聞き、衝撃を受けました。初めてアニメ主題歌を購入しました。この取り合わせを考えた人は、すごい!(他の曲も素晴らしいです)。単なる「漫画のアニメ化」を超えていると思います。

さすがの一言

ギャグのセンスそして絶妙な言葉遊び。シャフトだからと言う訳ではないがOpからEdまで楽しませてくれると期待して…期待を裏切らない。シャフトは本当に作品に対する愛情とユーモアが感じられる。3期共にOpが大槻ケンヂが◎(あくまで個人的な感想で良かったのが、アニソンでハードコアのリフが聴けてのがとても嬉しいです。)3期に渡って 各話、必ず1回は笑えます。是非にお勧めします。4期は…期待しすぎかな?

キャラクター

糸色 望

通称「絶望先生」。2年へ組を担任する超ネガティブ教師。すべての出来事を後ろ向きに考える超迷惑人物。

風浦可符香

2年へ組在籍の超ポジティブ少女。すべての出来事を前向きに考える電波系女生徒。この名前はペンネーム。

木津千里

2年へ組在籍の超几帳面少女。きちんとしてない物事に対して口出しせずにはいられない粘着質な委員長的性格。茶道部の部長を務める。

小森 霧

2年へ組在籍のひきこもり少女。糸色先生の活躍で登校したが、その後、学校にひきこもって帰宅しない「不下校少女」となった。

常月まとい

2年へ組在籍のストーカー少女。別れた相手につきまとっていたが、糸色先生の活躍に魅了され、今はいつも先生の後にくっついている。

木村カエレ

2年へ組在籍の海外帰りの人格バイリンガル少女。すぐ人を訴える海外的人格と、極端に慎み深い日本的人格の2つを持つ。

関内・マリア・太郎

2年へ組在籍の不法入校少女。アジアからコンテナに乗って来日し、他人の出席番号を買って、入学した。なぜか守ってあげたくなる少女。

小節あびる

2年へ組在籍の包帯少女。生傷が絶えないので、父親はDVの疑惑を噂されている。真相は無類の動物好きで、動物とじゃれた時のケガ。

日塔奈美

2年へ組在籍の普通少女。他人に特別扱いされたがるクセがあり、人の気を引くために色々と画策するが、たいしたことはできない。

藤吉晴美

2年へ組在籍のやおい同人少女。アニメや漫画が好きで、同人誌作りやコスプレが趣味。ボーイズラブを語らせるとちょっとうるさい。

音無芽留

2年へ組在籍の毒舌メール少女。超恥ずかしがり屋で他人とメールでしか会話ができないが、メールは毒舌。電波が届かない場所は不安。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:久米田康治「さよなら絶望先生」 / 掲載:「週刊少年マガジン」 / 発行:講談社 / 監督:新房昭之 / アニメーションプロデューサー:久保田光俊 / シリーズ構成:東 富耶子 / キャラクターデザイン・総作画監督:守岡英行 / 副監督:龍輪直征 / チーフ演出:宮本幸裕 / 総作画監督:山村洋貴 / 色彩設計:滝沢いづみ / 美術監督:飯島寿治 / 撮影監督:内村祥平 / 編集:関 一彦 / 音響監督:亀山俊樹 / 音響製作:オムニバスプロモーション / 音楽:長谷川智樹 / 音楽制作:スターチャイルドレコード / アニメーション制作:シャフト / 製作:懺・さよなら絶望先生製作委員会 /

キャスト
糸色 望:神谷浩史 / 風浦可符香:野中 藍 / 木津千里:井上麻里奈 / 小森 霧:谷井あすか / 常月まとい:真田アサミ / 木村カエレ:小林ゆう / 関内・マリア・太郎:沢城みゆき / 小節あびる:後藤邑子 / 日塔奈美:新谷良子 / 藤吉晴美:松来未祐 / 臼井影郎:上田陽司 / 久藤 准:水島大宙 / 新井智恵:矢島晶子 / 糸色 倫:矢島晶子 / 一旧さん:杉田智和 / 加賀 愛:後藤沙緒里 / 木野国也:寺島拓篤 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}