動画が再生できない場合はこちら

ようこそ実力至上主義の教室へ

45

1

1

3

2

5

本当の実力、平等とは何なのか。

進学率・就職率100%と言われる進学校・東京都高度育成高等学校に入学した綾小路清隆。しかし彼が所属する1年Dクラスは、進学校とは思えないような問題児ばかりだった。さらに学校は、生徒に現金と同価値のポイントを月10万円分も与え、授業に関しては私語・居眠り・サボタージュをも黙認する放任主義。自堕落な生活を送る生徒たちだったが、違和感を抱く者もいた??他人との交流を徹底的に避け、孤独を貫く美少女・堀北鈴音だ。彼女は、生徒に大金が与えられているはずなのに、校内に『お金を持たない者への救済』が多く用意されていることに気づく。やがて1ヶ月後、綾小路、堀北、Dクラスの面々は学校のシステムの真実を知る……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

おススメ

個人的には現代版アカギかな

良作見落としてた

タイトルすらも知らないで拝聴。
ダークホースが頭角を現していくのが痛快でした。
面白かったので続編希望します。

策士とは

目立たず機転を利かす。
思考、分析を怠らない。
出来ない事はせず出来る方法を探す。
「おお、イイ感じだ」と思っていたのですが、だんだんと切り返しが…
描写を誤ると実力至上主義が単なる後出しジャンケン御都合主義になるので頑張ってほしいです。
二期目あるかな?

面白い

綾小路カッコいいな

様々な矛盾と設定の甘さに目を瞑れば面白い

授業料無料、成績に応じて学校内の売店で購入できるポイントまでもらえる、
卒業すれば有名企業、大学への進学に便宜を図ってもらえる学校のおはなし。
生徒達は入学時に成績順にA,B,C,Dのクラスに分けられる。
Dクラスはクズと蔑まされ、開校依頼DクラスがCクラス以上に上がった事がない。
主人公は所謂クールで悟った系主人公。
どこぞの研究機関で訓練された?特殊な子供らしい。
何かの目的、多分その研究機関から逃れる為?この学校に入学した様子。
目立たないようにしたいらしい。

①絶対にCクラスに上がれない生徒を何故入学させる
②A,B,Cクラスの為にわざと優秀すぎない生徒を入学させるとして、それなりの成績の生徒のはずだから そういった生徒の進路を学校関係者、保護者が気にしないはずがなく学校の噂が入ってこないはずもなく同校を薦めるはずがない。
③主人公、目立ちたくないならそのキャラ設定おかしい。

ネタバレあり

教育の敗北

ラノベ原作の本作品。実力至上主義を標榜する進学校を舞台にして、色々と個性的なキャラクターたちがクラスという名のチームで様々な問題を乗り越えてく姿がエンタメ性もあってとても面白かった。

この作品の最大の特徴は魅力的なキャラクターと、なんだか世界から隔絶されたような学校を舞台にしたドラマだと思う。色々な策を使いながら戦っていくのはバトルものをみているような感じすらする。

ただそもそも実力とは何なのかと思わされる作品だったと思う。
作品で問題にされているのはクラスとしての実力ばかりで、個人としての実力をこんな制度で試すことが出来るのかはすごく疑問だった。

それに原作の販促のためか話にまったく絡まないキャラクターが出るのは、必要だったのかなと思う。

なかなか異色の学園物で、主人公のキャラも面白いので舞台設定など深く考えずに見るのが一番いい作品の楽しみ方だと思う。

なまじ。

なまじ、設定や登場人物が多い分、
物語が動き出すまでに至らず、紹介だけで終わってしまった印象です。

知りたいことが分からない……
痒いところに手が届かない……
視聴後、そんなもどかしさを感じてしまいました。

ただし、キャラクターの魅力は充分に伝わった気がします。
特に……山田アルベルト君。
彼の存在感は(笑)

ひさびさに・・・・!

夢中になる作品になりそうです!

佐藤利奈さん。

茶柱先生役の佐藤利奈さん。今期はアホガールでも教師を演じられています。両作品視聴をおススメします。

さてさて

原作が好きで視聴し始めましたがどうなりますかね。

だいぶ先に登場するであろうキャラまで出て来てますが、駆け足でそこまで進めてしまうと薄っぺらくなってしまう恐れが…。

原作のどこまでをアニメにする編成なのかわかりませんが、ちょっとした不安を感じた1話目でした。

ネタバレあり

旧制の

中学や高校。
年配の方達から聞いて、想像していたもの。
それが、近い様に思います。

早い話が、
自分で勝手に学べ!
実際、面白いですし。

今でも、
進学校の幾つか、地方の旧一中等、
この様な感じなのではないかしら?


そう言う意味では、本作品、
至って普通の物語なのですが、
今の処、気になる点が2つ。

1、入学者選抜方法
曲がりなりにも選抜を受けた者ならば、
端末等を通じ、行動性向がほぼ全て把握されている事、
現実の国立附属の如く、実験材料にされている可能性、
それらに、直ぐに思い至りそうなもの。
さて、どんな方法なのでしょう?

2、クラス分けの基準
何かの成績+別の何か

気になって、、、
どうしても、続きが見たくなります。

もう1つ
Another も1クラスを描いて行った作品でしたが、
本作品も、25名を描ききって行くのでしょうか?
原作未読の故、大変興味の有る所です。

ネタバレあり

案外わるくない主人公

無気力でものごとを斜に見てる感じの主人公ってキツイんだけど、十分くらい見ていたら案外わるいやつでもなくって、絶妙なバランスだなーと思った。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:衣笠彰梧 (MF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ」/KADOKAWA刊) / キャラクター原案:トモセシュンサク / 監督:岸 誠二+橋本裕之 / 助監督:木野目 優 / シリーズ構成:朱白あおい(ミームミーム) / キャラクターデザイン:森田和明 / サブキャラクターデザイン:前川 舞+近 響子 / 総作画監督:市川美帆+藤田亜耶乃 / プロップデザイン:廣瀬智仁+小柏奈弓 / 美術監督:羽根広舟 / 美術設定:九重勝雄 / 色彩設計:加口大朗 / 3DCGI:ラークスエンタテインメント / CGディレクター:内山正文 / 撮影監督:平川竜嗣 / 編集:坂本雅紀(森田編集室) / 音楽:高橋 諒 / 音楽制作:ランティス / 音響監督:飯田里樹 / 音響効果:奥田維城 / 音響制作:ダックスプロダクション / アニメーション制作:Lerche / 製作:ようこそ実力至上主義の教室へ製作委員会 /

キャスト
綾小路清隆:千葉翔也 / 堀北鈴音:鬼頭明里 / 櫛田桔梗:久保ユリカ / 佐倉愛里:M・A・O / 軽井沢恵:竹達彩奈 / 平田洋介:逢坂良太 / 高円寺六助:岩澤俊樹 / 須藤 健:竹内栄治 / 池寛 治:阿部大樹 / 山内春樹:岩中睦樹 / 幸村輝彦:郷田 翼 / 坂柳有栖:日高里菜 / 葛城康平:日野 聡 / 一之瀬帆波:東山奈央 / 神崎隆二:若山晃久 / 龍園 翔:水中雅章 / 伊吹 澪:小松未可子 / 堀北 学:梅原裕一郎 / 橘 茜:小原好美 / 茶柱佐枝:佐藤利奈 / 星之宮知恵:金元寿子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}