動画が再生できない場合はこちら

幕末機関説 いろはにほへと

85

0

0

3

4

12

龍馬を守れなかったその男は
龍馬の意志を継ぐ

男が武士(おとこ)として生き、その生命と信念を一振りの刀に懸けて戦った最後の時代——幕末。黒船来航に端を発し、泰平の世に翳りが差し始めた徳川最後の時代。若者たちが新時代を望んだ動乱の陰に、人知れず、世に騒乱と混沌を巻き起こす「覇者の首」とよばれる存在があった。歴史の変革期に目覚めたその「首」には、手にした者に「天下」を約束する強大な魔力があるという。そして、野望を導くその首の力を封じることを宿命づけられ、古来より戦い続けてきた影の存在「永遠の刺客」。歴史の裏で繰り広げられてきた両者の戦いは、その力を手にせんとする者たちを巻き込みながら、歴史の変革に大きく作用してきた。ある者は、己のため。ある者は、復讐のため。そして、ある者は、理想のため…。「覇者の首」を巡り、それぞれの思いが交錯する。その思いは、まるで複雑な歯車のように噛み合い、やがて時代を動かし始める! あたかもそれは、未来にむかって動くひとつの「機関」を形成するかのように…。今、動乱の幕末を舞台に、「機関説」の幕があがろうとしていた——!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(19件)

感動できる。

最終回まで見て、坂本竜馬の心が、覇者の首を制圧することが出来たのがわかって感動した。
寡黙な主人公が、大変良かった。
五稜郭編になってからもイギリス人やフランス人がからんで来て、見ていてハラハラした。
主人公が最後報告に行くと田植えをしていた女性が見覚えのある女性だったのも良かった。
何度も見返していると歌も覚えて荒野流転をカラオケで歌えるようになった。良い歌です。

ネタバレあり

惜しい作品

途中までは非常に面白いです

13話の盛り上がりなど鳥肌もの

それだけに終盤のアレな展開が残念でなりません

本当に残念です

変にひねらなければ名作になりえたと思うんですが・・・

史実に沿っていて良かった

wikiで調べたところインターネット配信だったとのこと。やはりTVを通さない方が視聴率などの影響で打切りのような影響を受けず良い作品が望めるのではないかと感じました。男性キャラクターが特に良くて歴史に弱い女子も楽しめると思います。個人的に思い入れがあり可哀想だと思ったのが母親と引き離され混血故に英国でも日本でも不遇の子供時代を抱えて成長し最後死んでしまう所や、包帯姿の恵比須くんが死んでしまうことも嫌でした。耀次郎を追って行く辺りから、それまで何とも思わなかった赫乃丈がウザくて仕方なく、その後カルト教団の傀儡まがいの演説をするなど操られていたとしても殺してしまえと思いましたが生き残ったので恵比寿くんや神無が増々可哀想に感じました。幕末のお話を実在の登場人物を絡めながら「佐幕派がもし勝つなら」という設定の物語も見てみたい私です。提供してくれたバンダイさんありがとうございました。

ネタバレあり

いろはにほへと

薄桜鬼と時代が似ているが、とてもよかった、みちろん薄桜鬼も^^

好感が持てます

アクションシーンや恋愛描写はわりと淡々としてるのに、歴史的事象の絡ませ方とか、芝居の口上とかお座敷芸とかはやたら本格的という、ツウ好みな本作。
どこか地味な印象はぬぐえませんが、キャラもストーリーも誠実に作られており、好感が持てます。
個人的に、男性キャラのデザインが好みです。

さすが高橋監督

整合性のとれた、見事な物語であり、硬派な作品です。
最近ではこういった作品がめったにお目にかかれません。
まったく、眼福です。

何故ひねった?

 薄桜鬼と陸奥圓明流をで見ていたので、これ以上の幕末ものは…

と思い今まで、敬遠していました。

 坂本竜馬を舞台に登場させず、強く匂いを残しての展開は良かった。

一気に観れましたが、終盤で違和感が…広げた風呂敷のたたみ方は難しいです。

(茨城蒼鉄のお話で纏めてしまうのは、如何かと思います。

其れは、勧善懲悪+自己犠牲の予定調和。)

ネタバレあり

大河ドラマのようでした

総体的には面白かったです。BGMも良かった。
史実にフィクションをうまく絡ませていてそれは違和感は感じませんでした。
殺陣も華々しくないけど、余計な演出がない分、緊迫感があって、良かったです。

ただし最後に近づくほどアヤカシ一色になってしまって、特に要塞が妖力で一瞬にしてできてしまったところは一気にテンションが下がりました。

最後、「永遠の刺客」であり、人を斬り、多くの人の死に際に接した人間が使命を果たしたとは言え、あんなすっきりした笑顔で未来をみることができるのだろうか、それがその時代、当たり前だとしたら、と怖くもなりました。
いろいろと感慨深い作品でした。

ネタバレあり

OP良いですね。

OPすごくいいと思います。
主人公、寡黙ですがすごくかっこいい。
それなりに、話も面白いのですが、歴史上の人物を多数登場させた割には、なんかスケールが小さいような気がします。
旅の一座に焦点をあてすぎでは?

今の時代にほしい

幕末の時代と平成の今に相通ずるのものを感じさせるアニメです。いつの時代にも、自分の生き様を探している若者に共感するテーマを見出すことができました。私の中でベスト3に入るアニメです。

派手な幕末物とは一味違う、歴史エンターテインメント!

何より設定が秀逸!

幕末を舞台に、龍馬、西郷、勝、榎本、土方らが織り成す、史実に(ある程度)沿った部分と、
覇者の首をめぐる、赫之上、蒼鉄らのフィクションの部分が、エンターテイメント性を盛り上げる。

特に、戊辰戦争最後の地、函館と蝦夷共和国に焦点を当てた点は、
これまでの幕末物とは一味違う設定なのがいい。

本当の史実を知っていると、このアニメはいっそう面白いはず。

こういう企画、ストーリーが描ける日本のアニメって、本当にすごいって感じる。

ネタバレあり

期待していなかったが良かった

話は往年の時代劇ファンにもいろん
な作品のエッセンスが見受けられ
意外と面白かったのですが、「覇者
の首」が取り付く相手小物すぎ。

また、おりょうは良い人すぎるし、
沖田総司は実際イケメンじゃない、
極めつけ、徐福の時代にあの様式
の太刀や小太刀は・・・。

このあたりを含めもう少し考証が
しっかりしていれば☆5だった。

ネタバレあり

シッカリとした良作品

時代考証をしっかりとした上で、とても良い作品だと思います。オカルトちっくな部分が上手く歴史にはまっていて、行過ぎてない(最後の五稜郭の部分以外は…)。とても楽しめました。今あの髑髏が開放されたら、誰に取り憑くのだろう?なんて考えてしまいました。

ネタバレあり

歴史好きには面白いかもしれない

歴史の道を辿りながら物語が展開するので、歴史好きには楽しめるかもです。

しかしアクションや爽快感は皆無に等しい。

主人公が寡黙なので、熱い展開は期待できないと思います。
主人公がやたら強いので、もっとアクションに力を入れると楽しかったかなとも思いました。

歴史好きには面白い趣向かもですね。
ただ、最後はファンタジーっぽくなったのが、勿体ないかな。

ネタバレあり

鬼才!

戊辰戦争の話だが、榎本武明をこうPick Upするのか!ほっほぉ~!と私自身思わず唸った作品です。
主軸がぶれない分サイドがうまい事相乗効果を引き立てています!
これも、正直嵌って、DVDを衝動買いへと走らせた恐ろしい作品…また所々お勉強出来ちゃう点も重宝!

ネタバレあり

実写(映画)にもできそうな感じ

内容は幕末の史実に沿って展開していく「SF歴史もの」みたいな感じ。

キャラはカッコいい、剣の「構え」もカッコいい…が、剣技「殺陣」となるとあまり工夫はされてはいない。まぁソコが売りの作品ではないので仕方ないけど…。毎回のように斬り合いや戦闘があるんだから、少しは殺陣に力を入れてもらっても良かったと思う。

アクションに興味がない人・歴史(幕末)マニアならこの史実に沿った展開だけでも満足するでしょうが、最初からアクションに期待すると…ちと大人しい感じを受ける。

最高です

当時、こんな素晴らしい作品がネットのみで配信されてた事に驚き。
歴史が苦手な人にも見て欲しい作品です。

歴史ものって

史実と同じところが良かったり、逆に良くなかったり。コレはいい感じにまとめられていると思います。ま、最後の方はすごいことになってますが。
でも一番印象に残っているのは、某レンタルショップで銀○とコレが同じ棚の両端に並べられていたことかな。かたやアクション、かたやギャグ。ほぼ同時代のはずなのに全然違うという・・・
OPも一見の価値ありです。ぜひ。

歴史通りの内容Good

歴史通りで良かったです。竜馬の素晴らしさが伝わる内容、オススメです。

見どころ

『装甲騎兵ボトムズ』の高橋良輔監督とサンライズによる時代劇アクション。幕末は日本が鎖国から近代化へ大きく動く中、多くの傑物たちを輩出した動乱の時代だ。史上有名な偉人たちの思惑が入り乱れる中、霊刀に導かれた「永遠の刺客」と敵討ちを目的とした旅一座が絡み、「覇者の首」をめぐって大きな時のうねりが浮かびあがる。みどころはストイックな主人公・耀次郎の華麗なる太刀さばき。一座のケレン味あふれる台詞回しと芝居と激しい剣戟が一体となったりする独特の殺陣は、次の展開がまったく読めず緊張感にあふれて目が離せない。考証が行き届いているからこそ架空の部分がより楽しめる、魅力満載のアニメ時代劇だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

秋月耀次郎

あきづき ようじろう。解き放たれた「覇者の首」封印の使命を負った「永遠の刺客」。霊剣「月涙刀」を操り、「首」の行方を追う。京の都で坂本龍馬の護衛役を勤めていたが、彼の暗殺を阻止できなかったことが、今も心の奥底に重く蟠っている。

遊山赫乃丈

ゆやま かくのじょう。旅一座「遊山赫乃丈一座」を率いる座長。女であることを隠し、普段は男装している。舞台では、人気女形役者として活躍。裕福な商家の娘であったが、悪人たちにより両親と財産を失う。復讐にすべてを捧げ、仇敵を追っている。

茨木蒼鉄

いばらぎ そうてつ。一座の座付き戯作者。復讐劇の真実を巧みに織り交ぜながら、一座の新作芝居を手掛ける。沈着冷静で一座の頭脳的存在。剣の腕も確かで座員からの信頼も厚い。だが、その瞳の奥には、不穏な野心が見え隠れする。

不知火小僧

しらぬいこぞう。女好きでお調子者だが、どこか憎めない二枚目半。だが、舞台に立てば、花形役者として迫真の演技をみせる。凶状持ちの濡れ衣を着せられかけたところを、蒼鉄の芝居で救われた経緯から、一座と行動を共にしている。

恵比須の頭巾

えびすのずきん。赫乃丈の生家であった廻船問屋で、丁稚として奉公していた。炎上した屋敷の中で、幼い赫乃丈をかばい、全身を焼かれる。今も残る火傷の跡に復讐を誓い、一座の中でも仇に対し、並々ならぬ執念を燃やしている。

案山子の恵信

かかしのけいしん。無口であまり感情を表に出さないが、心根の優しい大男。回り舞台をひとりで回すほどの怪力の持ち主で、琉球空手の使い手でもある。蒼鉄の芝居によって無実を晴らしてもらった経緯から、一座と行動を共にしている。

座頭

ざがしら。10年前の襲撃事件の際に、番頭として赫乃丈一家に仕えていた。事件後は、両親を亡くした赫乃丈の親代わりとなりながら、旅一座に身をやつす。役者業もこなしながら、一座の運営をとり仕切っている。

紅丸

べにまる。一座、最年少のやんちゃな男の子。孤児であったが、こばこ同様、赫乃丈一座に拾われた。耀次郎に助けてもらった経緯から、彼になついている。

こばこ

一座の子役を務める、しっかり者の女の子。孤児であったが、赫乃丈一座に拾われた。耀次郎に助けてもらった経緯から、彼になついている。

中居屋重兵衛

なかいやじゅうべえ。横浜裏社会を牛耳る、武器商人。井伊直弼暗殺にも加担したとされ、死んだと思われていたのだが、横浜の裏社会で行われた閤のオークションを主催。「覇者の首」を出品した。

勝 海舟

かつ かいしゅう。江戸軍事取扱。大政奉還後の幕府側の代表者。江戸攻撃を中止するよう、山岡鉄舟に書状を託し西郷隆盛の元に送る。徳川存続のため東征軍との交渉だけでなく、イギリスとも水面下で交渉を行っている。

神無左京之介

かんな さきょうのすけ。英国人を父に持ち、日本人の母を持つ隻眼の拳銃使い。腰に下げた二丁の拳銃を愛用している。パークスの命により、勝海舟の護衛に就くが、その行動には謎が多い。「覇者の首」を追いかける耀次郎と対立する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・総監督:高橋良輔 / チーフディレクター:大橋誉志光 / チーフライター:宮下隼一 / 殺陣:牧 秀彦 / キャラクターデザイン:コザキユースケ / デザインワークス:岩永悦宜+柳瀬敬之 / 美術監督:河野次郎 / 色彩設計:すずきたかこ / 撮影監督:野村達哉 / 編集:野尻由紀子 / 音響監督:藤野貞義 / 音楽:深澤秀行 / 企画・製作:サンライズ+バンダイビジュアル /

キャスト
秋月耀次郎:浪川大輔 / 遊山赫乃丈:佐藤利奈 / 茨木蒼鉄:井上和彦 / 不知火小僧:諏訪部順一 / 恵比須の頭巾:矢部雅史 / 案山子の恵信:乃村健次 / 座頭:長嶝高士 / 紅丸:小桜エツ子 / こばこ:松岡由貴 / 中居屋重兵衛:小村哲生 / 勝 海舟:樫井笙人 / 神無左京之介:鳥海浩輔 / ナレーション:津嘉山正種 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}