動画が再生できない場合はこちら

ウマ娘 プリティーダービー Season 2

80

0

0

0

0

16

キミと夢をかけるよ

これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ“ウマ娘”が遠い昔から人類と共存してきた世界の物語。シンボリルドルフに憧れ、無敗の三冠ウマ娘を目指すトウカイテイオーと、名家の誇りにかけて、天皇賞連覇に挑むメジロマックイーン。二人はライバルとして、親友として、お互いの夢をかけて<トゥインクル・シリーズ>を走り続ける!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C) 2021 アニメ「ウマ娘 プリティーダービー Season 2」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

うまびょいうまぴょい

自分もターボのとことラストのテイオーのところで泣いちゃいました
シーズン3は、キタちゃんかな?
絶対見ます!

ネタバレあり

うま娘感想

現実世界だと、シンボリルドルフの子供がトウカイテイオーなので、シンボリルドルフを敬愛してるって設定は、現実に近いですね。
中央競馬史上、シンボリルドルフは7冠の名馬。当時、7冠はシンボリルドルフ1頭だけでした。今となっては、ディープインパクトも含めた2頭のみですが。
それはさておき、2冠達成後の怪我は、トウカイテイオーにとっては残念な事でしたが、そこから這い上がっていくストーリーは、史実でもあるので、とても楽しめます。
もしも3期があるとしたら、オグリキャップですかね。芦毛の名馬。
芦毛はビワハヤヒデにメジロマックイーンもですけども。
しかし、制作陣にここまで競馬好きがいるとは(笑)
今後も楽しみにしています。

泣いたー!

当時のレースを見ていたから余計に泣けた。
たった一度のマックイーンとの直接対決、日本馬初の国際G1勝利、1年越しの有馬記念での復活劇と、テイオーのドラマチックさは他に並ぶモノがないと今でも思います。
素晴らしかった!

次はオグリが見たいな〜。

ネタバレあり

前が見えない

とても良かった、ただそれだけ!

とにかく見てください。
3期がある事を来たいしたい!

10~13話周回中

何回でも見れる。何回でも泣ける。神アニメキタね。

これがフィクションなら

ご都合主義の勢い優先の物語に見えるかもしれない。
だけどテイオーがすごいのはこれが史実どおりだということ。

競走馬愛に溢れた良いアニメだったと思う

ご都合主義の大勝利かと思いきや

トウカイテイオーに実際あった話です。
当時テイオーは日本中に感動を与えたんだなと思うと、涙でレースが見れないよ。

ネタバレあり

熱い内容だった

よくある萌えの擬人化作品かと思っていたら、まさかこんなにスポ根している熱い作品とは、、泣いた

Race and Live

時折古い記憶を呼び覚ます事のあるRaceの場面は、1期と同様に見応えがあります。
そして、主人公が替わるこの2期ですが、まだ1話を見た限りですが、Winning Liveにも更に力が込められる様です。

さて、展開結末は如何なりますか。
最終的な感想は、最終話を視聴した後に、、、

ーーーーー
只今、2期の視聴を完走。

唯々、走る事を描いてゆくだけなのですが、
作品世界の中に否応なく引き込まれて行ってしまいます。
ああ、良かったです。

スタンディングオベーション(泣)

競馬は昔ゲームでやった程度で詳しくない。「2期も出るんだから面白いのかな?」程度の暇つぶしに1期を見てハマり、ちょうどその頃ゲームが出て睡眠を削るほどハマり、youtubeの公式チャンネル(パカチューブ)で爆笑し、史実のウマのことを知り感動し、2期で何度も泣かされた。
見終わった後の爽快感も素晴らしい。
いま最終回を見終わり、この作品に携わった全ての方に伝えたい。ありがとう。
Congratulations

奇跡は起きる!信じてる!

トウカイテイオーとメジロマックイーンが、ライバルで恋人同士の様に引き合う姿が好き。

どちらにも頑張ってほしい。

涙で前が見えないよ・・・。・゜・(≧◯≦)・゜・。

ネタバレあり

ハンカチはどこだ!!

前作はスポコンで、対して今作はヒューマン(?)ドラマか。
結果を知っているが、あの感動をさらに盛り上げるためにこのような展開になるとは。
最終話はハンカチを10枚くらい用意してまっているぞ!!

ネタバレあり

涙腺が・・。

やばい。目から水が止まらない。

競走馬を知ってるとなお泣きそうになる

完結もしていない作品に感想を残すのも気が引けて今までしてなかったけど、あまりにもライスシャワーが刺さりすぎてだめだった
腰に下げた短剣は「ヒットマン」と呼ばれた主戦騎手の象徴でしょうが、何よりも青いバラ。
競走馬ライスシャワーの時代には青いバラは自然界に存在していなかったのです。当時の花言葉は「決して叶わない夢」そしてライスシャワーはヒールとして扱われ、ようやっとヒーローになれる、ファン投票一位で挑んだ得意のコースでのレースでその命を散らしました。
ウマ娘ライスシャワーは「しあわせの青いバラ」という絵本が好きという設定がありますが、そう。現代では青いバラは存在しています。そして花言葉も「夢叶う」
7話でライバル、いえ本人からすると格上の存在から言われた言葉は。
一期でのサイレンススズカのように。彼女も報われてほしいものです。
まずは主人公トウカイテイオーの”奇跡”が先になりますが。

ネタバレあり

トウカイテイオーの本当の凄さはここから始まった

史実でもトウカイテイオーはダービー後に骨折をしてしまい菊花賞は絶望的になってしまい父ルドルフと同じで無敗を期待されていたがその夢が断たれてしまったが、その後の復帰戦での現在の大阪杯(1989年時には産経大阪杯と呼ばれていた)で見事勝利したが次走の天皇賞春ではチームメイトでもあるメジロマックイーンに敗れて又も骨折してしまうとい悲運が重なってしまう、骨折の原因は色々とありますが、元々母馬でもあるトウカイナチュラルも足の筋肉の柔らかさが特に目立ちまた、テイオー自身も柔らかさを受け継いでいたので負担がかかりやすい体質だとも言われていたとも言われていたのである。
しかし、トウカイテイオーが奇跡の復活を遂げたのが有馬記念で当時のビワハヤヒデに1年越しの勝利をもたらした復活劇を遂げたからこれからのトウカイテイオーの物語がとても気になる。

ネタバレあり

今回もアツい

まだ2話の段階のコメントですが…
めっちゃアツいです。
ちなみに、前回主役のスペシャルウィークは思いっきり脇役で、今回はトウカイテイオーのお話のようです。

無敗の三冠・菊花賞に対するテイオーの心情、各ウマ娘のレース中のテイオーへの「渾身のセリフ・競り合い」がものっすごくアツいです。

今後も「奇跡の名馬」のお話をもっともっと魅せてくれることを期待せずにはいられません。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:及川 啓 / 音楽:UTAMARO movement / 助監督:成田 巧 / シリーズ構成:Cygames / キャラクターデザイン/総作画監督:椛島洋介 / キャラクターデザイン:辻 智子 / 総作画監督:藤本 悟 /

キャスト
トウカイテイオー:Machico / メジロマックイーン:大西沙織 / スペシャルウィーク:和氣あず未 / サイレンススズカ :高野麻里佳 / ウオッカ:大橋彩香 / ダイワスカーレット:木村千咲 / ゴールドシップ:上田 瞳 / シンボリルドルフ:田所あずさ / ナイスネイチャ:前田佳織里 / ツインターボ:花井美春 / イクノディクタス:田澤茉純 / マチカネタンホイザ:遠野ひかる / キタサンブラック:矢野妃菜喜 / サトノダイヤモンド:立花日菜 / トレーナー:沖野晃司 / 東条ハナ:豊口めぐみ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}