動画が再生できない場合はこちら

人狼 JIN-ROH

93

1

1

1

3

15

獣としての宿命を背負った男と、
愛を夢見た女の物語

首都・東京。その強引な経済政策は、失業者と凶悪犯罪を急増させた。政府は反政府勢力掌握のため、首都圏に限り治安部隊を設置した。通称「首都警」と呼ばれる治安部隊は、加速拡大した。ところが、反政府勢力は、立法措置により非合法化し地下組織の道を辿った。そして地下組織は首都警との市街戦を繰り返した。世論は強大な武力で対抗する「首都警」を非難の的とし、結果、「首都警」は孤立を一層深めていった…。青年・伏一貴は、反政府鎮圧部隊「首都警」の一員である。伏はこれまで、闘争本能のみで生きる一匹の“狼”の様に人間としての一切の感情を切り捨て、自分を律してきた。しかし、ある時、伏は潜伏する地下組織の追跡で、衝撃的な事件に遭遇してしまう。そして、この事件がきっかけで、彼は、彼自身の“内なる世界”に変化が芽生え始めた。更にその後、一人の女・雨宮圭との出逢いが、彼を思わぬ方向に導いてしまう。運命のように惹かれあい、そして…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(21件)

恐ろしく人を選ぶ

アクションシーンよりも、背景に注目してください

見方を変えると…

一見カッコつけたハード路線に見えるけど、見方を変えるとただ単に30ぐらいのオッサンが少女が好きだということに気づいて身内と称する少女を殺害命令から守ろうとするアニメです。最後の地下で同僚が「あの女とオレの何処に違いがあるんだ!」と絶叫しますが、当然。「俺は少女が好きで男は嫌いなんだよぉぉぉん!」という心の叫びと共にババババババとマシンガンで撃ち殺します。

さすが押井、神山コンビというところか・・・

数々の秀作を生み出してきた、押井、神山、そしてProductionIGスタッフの力作。
海外へ出せる一本の映画としてなんら問題はない。
内容はかなりハードであり、R15として指定しても良いと思う。
また、今見ても、昨今のアニメ作品を凌駕しており、やすやすと時代を超える作品であると言える。
「攻殻機動隊SAC」と良く似たシーン、設定があり、そのルーツとなっている部分も面白い。
大人の鑑賞に堪えうる本格アニメをお探しの方へお勧めです。

最近は、娯楽要素の濃いアニメ作品が多いのですが、再びこのような作品が作られる事を期待しています。

自分の期待とは反した結末。

攻殻機動隊を初めて見てから前から気になった監督の作品。
世界観が存分に感じられた。
伏が阿川に「なんで…」言いと撃てなかった物語の最初は『何故あなたみたいな少女がこんな行動をしているのか』という心情と察する。
物語の最後に雨宮を撃てなかったのは愛してしまいすでに雄の狼から男の人になったためと察する。
もしかしたら二人とも死を覚悟して『このままどこか遠く』へその場から逃げ出すことを期待してみたが2人の夢も儚く悲しい結末に…。

ネタバレあり

しばらくぶりに

見て見たけど、イイと思うな。ストーリーも、映像も。
あの装甲にガドリング銃は、実写版より迫力があります。
ストーリーは、時代背景から少し難しい話も出てくるけど、好きな人は好きだとおもいます。

強化装甲服のデザイン素晴らしい!!

最近はこういった作品が少ない

残らず観るのが惜しくて…

『初見』を消費するのが惜しくて途中で視聴をやめて、間に数週間挟んだ。
それくらい、全部を観てしまうのが惜しかった。
今のアニメも、萌え系も好きだけど、この作品はアニメの持つ可能性のひとつの高み。

やっぱり

何度みても良いですね音楽も最高です

この世界感ってハンパない!!

途中から実写見てるような錯覚にとらわれて…
いいですね〜古き時代の日活映画を思い出します。
でも切ないストーリーですね。

カラー映画の黒沢作品みたいだ

★なんせ、美術が凄いアニメ。黒澤明の初期作品をカラーにしたら、きっとこんな感じだろう。見事に昭和中期の世界が空気が、絵の中に再現されている。シリアスで暗いタッチの作画もいい感じ。顔がリアルなのは、リアリズムを求めている作品だからだ。そんな事もわからないで絵がキライ、とかほざく輩は見なくていい。狼を凶暴で邪悪な生き物、と解釈している論点は、動物好きとしては一言いいたいが、作品とは何の関係もない事なので黙っておく。ストーリーもいいけど、やっぱり、この作品は、作品世界の雰囲気や空気、を重視して、作られていたんだと思うね。暗い世相の世界に浸れ、そして吸い込まれろ。見ているだけで貴重な体験を得られる映像だ。NHKドキュメントの世界。

論ずるに術がござらん(ニッコリ

沈黙は愚者の機知という格言もありますし
私はこの作品にこれ以上のコメントしないことにします

間を置いて2度見る

近未来や旧世界と違い、戦後の日本背景が物語りに引き込まれやすいのかも知れません。
派手なドンパチアニメでも無く、美少女萌え系でもないこの作品は、見る人に対して別の問いかけをしているように思えます。

その問いかけが何なのかを、2回目を通して感じることができる。そんな感じがします。

ふ~む

この作品の良さが判る人が羨ましい。
なんとなく悔しい気がします。

ハードボイルド系が苦手なわけではないけど、
恐らく人物の絵が生理的に苦手なせいかも。
リアルというよりマネキンに見える。

声優さんの中に素人以下の人もいたし、
淡々と進んでいく感じも性に合わないかな。

なんなんだこれは!!

厳しさ、刹那さ、虚しさ、現実、何とも言葉に出来ない様々な感情が
怒涛の様に溢れ出すラストシーンに驚愕!

ネタバレあり

1級のハードボイルド作品

男と女の関係は、熱いようでいて、実は冷たい計算の上に成り立っていると言っていい。

渋いですね

童話「赤ずきん」をモチーフに
戦後の殺伐とした時代背景の中で出会った男女の物語
淡々と進むストーリーが二人が選ぶことになった運命を逆に際立たせます
一見の価値あり

凄い!

人は、帰る家を見つけてしまうと・・・・
憧れはすれど、やはり自分の家路についてしまう・・・
なんか、本当にアニメで、自分という生き物を再度考えさせられた映画でした・・・

好きですねー

もう一つの日本の姿、ハードボイルド、おとぎ話
これらがキーファクター

絵本と曲の雰囲気大好き

登場人物たちとかぶる童話のような物語の読み語りの挿入と静かだけどそっと入ってくる挿入曲が印象的でgoodでした。曲は菅野よう子さんとテロップにあり、さすがだな・・・と。

何かのシリーズのようですが私はこれしか見ていませんが胸がぎゅっとして楽しめました。

ケルベロスよりも絵的に重視!

ムックが出版した「ケルベロス」の押井守インタビュー通りに、実写と漫画、小説、そしてアニメという流れで片をついたわけですが、実写の魅力に強すぎた私から見れば装甲が薄く感じちゃうかな?『犬狼伝説』を少し変えた感じだけど、最終的に何をどう楽しめるかが訴えが無いと思う。
海外のアニメショーで『人狼』のギアを着用したグループを見て衝撃だった。(TT)

『腹腹時計の少女』がまだハッピーで良かった・・・。

うぅ・・せつないっ

伏がかっこよすぎてシビれます

見どころ

監督:沖浦啓之。押井守作「ケルベロス・サーガ」の1作。日本がドイツに占領された架空の昭和30年代で、装甲服プロテクトギアを着た「特機隊」が遭遇する事件を描く。日本の名だたるアニメーターたちが結集、その結果描き出されたリアル極まりない人間芝居と銃器アクションはみごたえ充分だ。沖浦啓之の演出は非常にストイックに押さえ気味に、かつて現実にもあった政府権力とデモ隊の衝突や内紛劇を追っていく。その中心にあるのは対立を越境して危険な恋に落ちる主人公の内的な葛藤。この秘めた情熱が静かにホットに画面からにじみ出てくるとき生じる緊迫感には、絶妙なものがある。リアル系アニメーションのひとつの到達点がここにある【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

伏 一貴

雨宮 圭

阿川七生

メカ・ロボット

プロテクトギア

ドイツ軍様式の特殊強化服。<地獄の番犬=ケルベロス>の俗称で呼ばれる「首都警」の者たちが使用する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・脚本:押井 守 / 監督:沖浦啓之 / 演出:神山健治 / キャラクターデザイン:沖浦啓之+西尾鉄也 / 副作画監督:井上俊之 / 美術監督:小倉宏昌 / 美術設定:渡部 隆 / 銃器設定:黄瀬和哉 / 車輌設定:平松禎史 / 色彩設定:片山由美子 / 撮影監督:白石久男 / 編集:掛須秀一 / 音楽:溝口 肇 / 音響監督:若林和弘 / 制作担当:堀川憲司 / プロデューサー:杉田 敦+寺川英和 / エグゼクティブプロデューサー:渡辺 繁+石川光久 / 製作:バンダイビジュアル+ProductionI.G /

キャスト
伏 一貴:藤木義勝 / 雨宮 圭:武藤寿美 / 辺見 敦:木下浩之 / 室戸文明:廣田行生 / 半田 元:吉田幸絋 / 巽 志郎:堀部隆一 / 阿川七生:仙台エリ / 安仁屋 勲:中川謙二 / 自治警幹部:大木民夫 / 塔部八郎:坂口芳貞 / ナレーション:坂口芳貞 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}