動画が再生できない場合はこちら

86―エイティシックス―

少女は“涙”と共に。少年は“死”と共に。

ギアーデ帝国が開発した完全自律無人戦闘機械〈レギオン〉の侵攻に対応すべく、その隣国であるサンマグノリア共和国が開発した無人戦闘機械〈ジャガーノート〉。だが、無人機とは名ばかりであり、そこには“人”として認められていない者たち――エイティシックス――が搭乗し、道具のように扱われていたのである。エイティシックスで編成された部隊〈スピアヘッド〉の隊長である少年・シンは、ただ死を待つような絶望的な戦場の中で、ある目的のために戦いを続けていた。そこに新たな指揮管制官〈ハンドラー〉として、共和国軍人のエリート・レーナが着任する。彼女はエイティシックスたちの犠牲の元に成り立つ共和国の体制を嫌悪しており、“人型の豚”として蔑まれていた彼らに人間として接しようとしていた。死と隣り合わせに最前線に立ち続けるエイティシックスの少年と、将来を嘱望されるエリートの才女。決して交わることがなかったはずのふたりが、激しい戦いの中で未来を見る――。

(C)2020 安里アサト/KADOKAWA/Project-86

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

すごくいいです

最近見た中ですごく良いと思います
具体的気にと言われてもインスピレーション的なあれなので表現できませんが

人を選ぶけど個人的には最高

とにかく作画とアニメーションの動きがめちゃくちゃいい!!
そして、1つの人種を除いての人種差別、差別された人達へのあからさまな見下し(豚発言)、欠陥機での(性能面で)常に劣勢状態での戦闘と、まあ暗い要素はてんこ盛りだけど、それをなんとか乗り越えたり、乗り越えられず死んでいくキャラクター達の命の輝きが個人的には大好き……!
そういうのが好きな人にはオススメです!!
あとは多くのキャラクターが(場合によってはエグく)死亡するので、そういう描写が平気な人の方がいいかもです

動作

そう言えば、ハンニバルが率いたのも、
カルタゴの市民ではなく、イスパニアの傭兵でしたかしら?

人であろうが豚であろうが、繁殖の為の費用が馬鹿にならないので、大事に扱う方が良いのですが。
いつかローマに更地にされて、塩を撒かれてしまいそう。

第1話での他の感想としては、
・サンライズの作品と同じく、文字言語、英語なんですね。
・バチカンと作品の舞台、どちらが天国に一番近いのかな?
・(OPの)国境線、何とかならなかったのでしょうか? それとも、これも何かの伏線?

ーーー
物語は兎も角、節足動物を模した兵器機械類の動作の描写は大変良くて見続けていたのですが、
第11話、
私好みの人型が、敵兵に群がり殺到して斃す場面が琴線に触れたので、再評価です。

ーーー
第12話、
人型があれだけの活躍を見せたのに、何故全員生きているのか?!
こんなに残念に思うことは中々ありません! 再々評価です。

ブラック・ブレット思い出すくらい救いがない

漫画版でチョロっと見てたけど、ようやくお兄ちゃんとの確執がハッキリしたわ

神アニメ

もちろん原作を読んでいるので、1クールで原作1巻のみを丁寧に作ってくれたことに感謝したい。
原作を読んでいないアニメ初見の視聴者は、バッドエンドだと思ったかもしれないが。
次回の特別編の最後に分割2クール目のティーザーがあったが、あえて原作1巻のエピローグを飛ばしたのは良い演出だろう。
11話の最後の戦闘で、フレデリカが出ているし、Cパートの意味深な演出も2クール目になればはっきりする。
10月が待ち遠しいな。

ネタバレあり

映像化して大丈夫か?

原作は面白く、かなり好きな作品なので、期待度込めて5。
原作1巻分を乗り切れば、幾分マイルドになる(耐性が付く)が、それまで視聴を続けられるかが問題。
「亡国のアキト」に似ている部分は確かにある。
が、片や映像ありきで作られた作品、片や文字を主体とした作品。
そして”完全自立無人戦闘機械”、”人型の豚”と言うパワーワード。
賢明な方なら、これだけでもヤバイのが判るだろう。

恐らく、1話~6話ぐらいまで視聴を続けられるかどうかが、評価の分かれ目になるのではないだろうか…。

原作は現在までの分、読了していますが。。。

原作はメチャ面白いです=コレ作者が女性だと知った時は正直、驚きました。かなりヘビーでミリタリ色が強いマニアックな作品なので。作者ペンネームも旧ドイツ88ミリ砲から取っているとか、マニアック過ぎる話です。原作が面白いので、期待度がかなり高めでした。1話時点ではまだ、何とも言えないですが、今後に期待します。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:安里アサト (「電撃文庫」刊) / 原作イラスト:しらび / メカニックデザイン:Ⅰ-Ⅳ / 監督:石井俊匡 / シリーズ構成:大野敏哉 / キャラクターデザイン・総作画監:川上哲也 / 美術監督:野村正信・堀越由美 / 背景:美峰 / 色彩設計:安部なぎさ / CG監督:吉田裕行 / CG制作:白組 / 撮影監督:岡﨑正春 / 編集:三嶋章紀 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:澤野弘之・KOHTA YAMAMOTO / 制作:A-1 Pictures /

キャスト
シンエイ・ノウゼン:千葉翔也 / ヴラディレーナ・ミリーゼ:長谷川育美 / ライデン・シュガ:山下誠一郎 / セオト・リッカ:藤原夏海 / アンジュ・エマ:早見沙織 / クレナ・ククミラ:鈴代紗弓 / カイエ・タニヤ:白石晴香 / ダイヤ・イルマ:石谷春貴 / ハルト・キーツ:山下大輝 / クジョー・ニコ:村田太志 / ルイ・キノ:植木慎英 / チセ・オーセン:小野将夢 / トーマ・ソービ:福原かつみ / トウザン・サシャ:坂 泰斗 / レッカ・リン:石上静香 / ミクリ・カイロゥ:貫井柚佳 / マイナ・ヤトミカ:風間万裕子 / アンリエッタ・ペンローズ:杉山里穂 / ジェローム・カールシュタール:三上 哲 / レフ・アルドレヒト:楠 大典 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}